« 夏休み | トップページ | 終戦記念日 »

2011年8月14日 (日)

ミラクル

ミラクルだ!高校野球近江八幡商業が強豪帝京高校相手にとんでもない奇跡的勝利を収めた。相手は強豪。エースを温存して二番手渡邉投手であったが、これまた好投手で8回まで2塁すら踏めない状況で3対0。9回1アウト。その後、右狙いのヒットが3本続き満塁のチャンスに4番坪田が内野ゴロ。併殺で万事休すかと思ったら、帝京野手エラーで1点とってまだ満塁。そして5番の遠藤のフルカウントからの一振りがライトスタンドに飛び込む高校野球史上初の9回逆転満塁ホームラン。一気に5対3。しかしこの後まだオチがある。八幡商業エースで好投した吉中のところに代打を出したので、その裏投手交代。甲子園はおろか予選大会一度も投げたことのない眞野投手。いきなり90キロ台のスローボール。こりゃだめだと思ったら、緩急付けてなんとかしのいだ。帝京を応援している人には申し訳ないが、まるで映画や野球漫画を見ているような奇跡的劇的勝利だった。

« 夏休み | トップページ | 終戦記念日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏休み | トップページ | 終戦記念日 »