« 花火 | トップページ | ゆるキャラ »

2011年8月 2日 (火)

栄誉賞

政府はなでしこジャパンに、多くの国民に感動と希望を与えたという理由で国民栄誉賞を授与するらしい。まさに落ち目の政府によるスポーツの政治利用だ。本塁打の世界記録を樹立した王貞治と今回の女子サッカーは根本的に違う。本来個人を対象にした賞であるはずだ。団体受賞には違和感がある。しかも歴史は浅く層の薄い女子サッカーで1回優勝したくらいでなぜ受賞?女子ソフトボールやワールドベースボールで日本が優勝したのと同じレベルだ。国民栄誉賞は北島康介もイチローも辞退したほど重い賞である。女子サッカー優勝はそれ自体立派なことだが、国民栄誉賞にはそぐわない。マスコミの対応は豹変する。もしオリンピックで予選敗退てなことになったら、国民から総攻撃を受け、マスコミも煽るはずだ。国民栄誉賞を返せ!というブーイングも起こるだろう。今からでも遅くない。受賞したら後で絶対後悔するに違いない。なでしこジャパンは落ち目の政権に手を貸すようなことはやめて、受賞を辞退したら、もっと評価は高まる。それがカッコイイのだ。

« 花火 | トップページ | ゆるキャラ »

コメント

やっと我が意を得たりのコメントにあたりました。
すぐに闇雲にフィーバーして゛それ行けやれ行け”と引導するマスコミとそれに迎合する国民に閉口するばかりです。
五輪予選敗退の予感がします。

8月18日が授賞式だそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 花火 | トップページ | ゆるキャラ »