« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月30日 (金)

電気料金

今日は「鬼平犯科帳」スペシャルを見るぞ!・・・東京電力の電気料金算定のもとになる見積もりが、実際にかかった費用よりも、 過去10年間で計約6千億円高いことがばれた。電気代が必要以上に高く設定されていた可能性が判明した。ほぼ東電が独占的な家庭用の電気料金を、自分たちの取り分を高めに設定して、儲けていたわけだ。さらに東京電力が来年度から3年間の電気料金の値上げを行い、半減中の一般社員の賞与水準を元に戻そうと画策しているのもばれた。原発事故は自然災害で、東電が100%悪いとは決め付けるつもりはないが、ほぼ独占企業で、競争のない、役人もびっくりの企業体質が明るみに出たわけだ。

2011年9月29日 (木)

宇宙太陽光

今、日本国中、原発推進か、脱原発か、議論が白熱している。いったん事故が起こると収拾がつかず地球的規模の環境破壊が起こるので誰だって反対する。でも電力がなければ日本企業が成り立たないしこくみんせいかつも不自由を来たす。代替エネルギーと言っても今日明日すぐ対応できない。そんな中、京都大学が宇治市にあるキャンパスで、とんでもない施設を作り一般公開した。マイクロ波によるエネルギー伝送実験施設だが、私には何のことかさっぱりわからないが、宇宙空間で人工衛星に取り付けた大型の太陽電池パネルで太陽光発電し地上に送電する「宇宙太陽光発電所」であるらしい。これが実用化できたら、世界のエネルギー問題が一気に解決するかもしれない。

2011年9月28日 (水)

万里一空

琴奨菊の大関昇進が決まった。魁皇引退以来久々の日本人大関だ。恒例?口上での四文字熟語は「万里一空」であった。宮本武蔵の「五輪書」の中にある「山水三千世界を万里一空に入れ、満天地とも攬る」という一節から取ったもので、平たく言えば一つの目標に向かって冷静に精進し続けていくという意味だそうだ。過去の大関横綱昇進時の熟語・・・千代の富士「一生懸命」、貴乃花「不撓不屈」「不惜身命」、若乃花「一意専心」「堅忍不抜」、武双山「正々堂々」、琴光喜「力戦奮闘」、白鵬「全身全霊」「精神一到」、結局は若貴を擁したパーフォーマンス好きのニ子山部屋の名残なのか?野田総理の所信表明の「せいしんせいい」は「誠心誠意」ではなく勝海舟の「氷川清話」言葉「正心誠意」なのだ。ややこしいのだ。

2011年9月27日 (火)

香川照之

ややこしい話。3代目市川段四郎と女優高杉早苗との間に生まれた男子が市川猿之助と4代目市川段四郎。市川段四郎と延子夫妻の間で生まれたのが市川亀治郎。市川猿之助と女優浜木綿子の間で生まれたのが俳優香川照之。ところが市川猿之助と女優浜木綿子が離婚してから、母に引き取られた香川照之は歌舞伎の世界から離れてしまった。その後イロイロあって、俳優の香川照之が来年歌舞伎界にデビューし、九代目市川中車(ちゅうしゃ)を襲名。ついでに香川の長男の政明君も四代目市川團子(だんこ)を名乗り歌舞伎界デビューする。そしていとこにあたる二代目市川亀治郎が四代目市川猿之助を襲名する。ああややこしい世界だ。要するに大河ドラマ龍馬伝で岩崎弥太郎を演じていた香川照之は、来年夏には「市川ちゅうしゃ」を名乗り、市川亀治郎は「市川えんのすけ」を名乗るのだ。この世界、骨肉の争いと言うのがよくある話だが、二人は龍馬伝最終回で共演しているし、いとこ同士で二人は仲良しなのだ。

2011年9月26日 (月)

円高メリット

日経平均株価が8400円割れし、為替は1ドル76円台、1ユーロも一時101円台。燃費効率でマツダデミオが1Lあたり30kmを達成したと思えばダイハツミライースはそれを越える32kmと言う。日本のものづくりはすばらしく進歩しているが、これだけ円高になると国内ではアホらしくて製造していられない。部品メーカーともども海外移転して、日本は空洞化で閑古鳥が飛び交いそうだ。しかし、円高のデメリットばかりが報道されるがメリットもある。輸入などを含む海外品の買い物が割安、と言うことは海外旅行で土産がたくさん買えるし、スーパーや百貨店などの円高還元セールもある。原材料を輸入に頼る原紙メーカーや食品メーカーなどは原材料を割安で買うから値下げできるはずだ。燃料輸入価格の下落によりガソリン代や電力・ガス料金が引き下げられるはずだ。日本国内の企業が海外企業の買収などを行なう場合には、買収競争力を高めることになり企業が海外展開をするには、絶好の機会だし、安いうちに海外資産を買うチャンスだ。円高だ、株安だと騒いでいるドサクサで頭のいい人はガッポリ儲けるに違いない。

2011年9月25日 (日)

指揮者

今年のブザンソン国際指揮者コンクールで垣内悠希と言う日本人が優勝した。あの小沢征爾もかつて優勝したことのある国際コンクールだそうだ。調べてみると何名かの日本人が優勝している。小沢征爾1959、松尾葉子1982、沼尻竜典1990、阪哲朗1995、下野竜也2001、山田和樹2009、垣内悠希2011・・・音楽の素人には指揮者の評価ほど良くわからないものはない。スポーツの世界ではプレイヤーではなく監督の評価のようなものである。指揮棒や腕の振り方で評価するのか、オーケストラとの呼吸や信頼関係で評価するのか、少々あいまいなコンクールのように思う。審査員に背を向けて、背中で評価されるちょっと珍しい種目である。

2011年9月24日 (土)

明日がない

2011年、この先何が起こるかわからないが、歴史に残る自然災害の年であることは間違いない。年末になればおそらくは来年こそ良い年でありますようにと言うのが決まり文句だが、それもどうだか?2012年は定年延長していた団塊の世代がいよいよごっそり退職するので企業の労働環境が激変する。選挙結果がどうなるかは不明だが、世界でオバマ、胡錦涛、李明博、サルコジ、メドヴェージェフ、金正日などが政権交代する可能性が高く、世の中が動揺する。マイナス要素ばかりではないが円高がますます加速し、1ドル50円台を予想する経済学者もいる。マヤ文明の暦が2012年12月22日で終わっているのも不気味だ。来年は太陽系の惑星が一直線になることによって、その瞬間、地表が大きくずれ、地表の生命体は滅亡するとか、氷河期に突入するとか、ノストラダムス以来、いろんな風評が世の中を混乱させることになりそうだ。想定外のことはやはり想像できないから、想定外なのだ。まあ暗いことばっかりでもあるまいし、何とかなるか?

2011年9月23日 (金)

爽秋の候

台風一過の爽やかな秋の空であった。田畑の畦道に今年も忘れず真っ赤な彼岸花が咲いている。休日の今日、蚊取線香を準備して、草茫々の畑の草引きを徹底的に行い、畑に苦土石灰などを撒いてリセットしてすっきりした。白菜の苗も植えた。昨年は害虫野鳥にズタズタにされたので、今年は十分対策をして植えてみた。夕刻は半袖では寒いくらいだ。天気図は西高東低で、北から風が吹き込んだからだろう。3連休の初日、パナオープン石川遼は2日目まで通算1アンダーで16位タイ、イチローは200本安打まであと21本とは言え残り6試合なのでほぼ絶望、ソフトバンクリーグ優勝までマジック10、お尻に火がついたヤクルトスワローズが連敗し中日と2.5ゲーム差に接近、大関を目指す琴奨菊が横綱白鵬を破った。・・・ああスポーツの秋。テレビばかり見てたらあかん。

2011年9月22日 (木)

ゴルフ

私自身ゴルフは20年以上プレーしたことがないのでそれほど興味はないが、今日から開催されたパナソニックオープンの会場が職場から車で10分以内の地元で開催されるので、興味もわく。半径1km圏内に石川遼ら有名人がいると思うとミーハーオヤジは、ますます気持ちが高ぶる。ギャラリー、関係者、来賓ごとにそれぞれ近くの臨時駐車場が設けられ日ごろ見たことのない夥しい車が駐車している。明日から3連休の人も多いので車の渋滞が予想される。休日は各地で競馬も盛り上がるだろう。馬のトレーニングセンターもすぐそばにあり、早朝馬を乗せた大型の馬匹車も多数行き交うので明日はとりあえず会社付近に行くと混雑に巻き込まれそうなので休日出勤はやめておこう。

2011年9月21日 (水)

台風の名前

浜松市に上陸した台風15号は東京のど真ん中を通過し、大都市はパニックだ。このまま被災地東日本を通過するとますます大変な事態になる。無事を祈りたい。戦後被害の甚大だった8つの台風に名前がついている。洞爺丸(1954年)、狩野川(1958年)、宮古島(1959年)、伊勢湾(1959年)、第2室戸(1961年)、第2宮古島(1966年)、第3宮古島(1968年)、沖永良部(1977年)、さらにもっと昔はキャサリン台風(1947年)、キティ台風(1949年)、ジェーン台風(1950年)、などアメリカ人女性の名前がついていた。現在は台風何号と言うがそれぞれに別名がある。日本、アメリカ他アジア各国15カ国ほどが加盟している台風委員会が2000年から北西太平洋または南シナ海の領域で発生する台風に加盟国などが提案した名前をつけることになり、2000年の台風第1号にカンボジアで「象」を意味する「ダムレイ」の名前が付けられ、以後、発生順にあらかじめ用意された140個の名前を順番に命名している。2011年の動きの遅かった台風12号はタラス(鋭い)、今日の台風15号はロウキー(男性の名前)、16号はソンカー(さえずる鳥)、以降発生する台風にはネサット(漁師)、ハイタン(野生リンゴ)、ナルエガ(つばさ)、バンヤン(木の名前)、ワシ(わし座)、パカー(淡水魚の名前)、サンヴー(珊瑚)、マーワー(バラ)、グチョル(ウコン)、タリム(刃先)、ドクスリ(鷲)、カーヌン(果物の名前)、ヴェセンティ(男性の名前)、サオラ(ベトナムの牛)、と名づけられ、またダムレイ(象)に戻るのだ。台風は男なのか女なのか、いずれにしても恐ろしいものだ。

2011年9月20日 (火)

台風15号

またやってきた。台風15号は記録的な雨を降らせ、宮崎県兵庫県南部で避難勧告、そして現在愛知県を中心に大雨を降らせ、名古屋市を流れる川が溢れそうで何と100万人以上の避難勧告が出た。前回の動きの鈍い台風12号よりスピードが速そうなのである程度の予想と心の準備が出来るが恐ろしい災害だ。この先何が起こるかわからないが、2011年は日本全土大災害の年として後年の歴史に残りそうだ。そして日本の一番素晴らしい風情であるところの四季の移ろいも、見られそうにない。確か今年は春があったと言う印象があまりない。桜がぱっと咲いて、花粉症で苦しんでいるうちにいつの間にか猛暑。十五夜の月の前後に記録的台風被害で、稲穂やススキがたなびく爽秋もそこそこに西高東低で雪でも降るのではないかと思う。ああ!想定外の異常気象。台風襲来に備えて今日は雨戸をしっかり閉めよう。

2011年9月19日 (月)

SMAP

SMAPの中国公演が大成功で盛り上がっている。日中が国民レベルで友好的になるのは素晴らしいことだ。でもちょっとおかしい。SMAPは中国共産党に利用されているだけと違うのか。中国は日本を仮想敵国に仕立て上げ、中国政府に対する国民の怒りのエネルギーを日本に向けることに必死だが、中国各地での政府に対する不満による暴動を抑えきれず、さらに中国は日本の領土である尖閣諸島を侵犯し、日中関係が修復しがたい関係になった今、SMAPを国賓扱いし、政治利用してその矛先を変えようとしている意図が見え隠れする。ここで素朴な疑問が起こる。中国で海外アーチストのCDなどは発売を禁止しているはずなのに、なぜSMAPが大人気なのか?結局はそれほどまでに海賊版CDが蔓延していると言うことを中国自ら証明したわけである。盗人大国中国共産党に明日はない。政治外交は政治家がするもの。日本政府はもっとしっかりせねば。

2011年9月18日 (日)

梨だ

九州の知人から新鮮で立派な梨を送っていただいた。まさに旬の食材だ。豊水、幸水、二十世紀、新高、新興など品種はさまざまだが甘くてみずみずしい。梨といえば日本ハムの梨田監督がやめる理由がわからないし、なぜ優勝を争っているこんな時期に発表するのかも疑問だ。来年はパリーグを代表するダルビッシュ、岩隈、和田らがアメリカのメジャーを目指すようだが、日本の野球に嫌気がさしたのだろうか、いっそ采配と人望に問題のありそうな阪神の真弓監督と交代してもらったらいいのでは?

2011年9月17日 (土)

ゴミ

アメリカの人工衛星が燃え尽きてその破片が9月23日ごろゴミとなって落下して来るそうだ。地球上のだれかにに当たる確率が3200分の1だと言う。宝くじ2億円が当たる確率が1000万分の1だから、それを思えばちょっと不安だ。ゴミと言えばわが町のゴミ処分のルールが10月から変わる。従来の普通ゴミを焼却ゴミと古紙に分類して区分が11種類になる。しかも袋の無償配布数が146枚から135枚に減らされ、必要な種類の袋を町内から配布された無料券を持って地元スーパーで交換しなければならず面倒だ。足らなければ1枚110円で袋を買えと言う。将来的にはゴミ廃棄を有料化するための伏線だと思うし、ゴミ減量は必要だが、出費が痛い。世の中善良な市民ばかりではない。今後ますます、ゴミの不法投棄やコンビニなどへの家庭ゴミ持込をするヤカラが増えそうだ。

2011年9月16日 (金)

加藤茶

堺正章65歳が22歳の差、寺田農68歳が35歳差、山本文郎73歳が30歳差、三田村邦彦56歳が26歳差、石田純一55歳が21歳差。徹子の部屋に出演した加藤茶の録画を見た。68歳の加藤茶は45歳差婚で今マスコミで大きな話題になっているが、孫のような相手と結婚しても、話を聞いているとそんなに違和感はないのが不思議だ。加藤茶は2006年に大動脈解離で、成功率20%と言う約10時間に及ぶ大手術をし、生死をさまよったが、その際三途の川でいかりや長介に出会ったと言う。波乱万丈の人生である。「加トちゃんペッ!」「ちょっとだけよ、あんたも好きねえ~」「どうもすんずれい(失礼)しました~」 とか言うギャグをリアルタイムで見たことのない奥さんとどんな生活をするのか興味深い。

2011年9月15日 (木)

鬼平犯科帳

水戸の市民ボランティア団体「水戸黄門愛好会」が、年内で番組が終了予定のテレビドラマ「水戸黄門」の放映存続を求める全国署名活動を始めた。TBSとパナソニックの社長宛に署名を提出するそうだ。どうなることやら?時代劇と言えば9月30日(金)午後9時から鬼平犯科帳スペシャル「盗賊婚礼」が楽しみだ。中村吉右衛門・松平健・ 市川染五郎・ 多岐川裕美・梶芽衣子・蟹江敬三・布施博など豪華キャストも見所だが、実は私が住むご町内の某俳優さんが出演されるとの事でそれが楽しみなのである。今回はセリフもあるとの事で永久保存版録画しようと思う。

2011年9月14日 (水)

頑張れ 

今日も真夏日。大阪京都でも35度前後の猛暑である。今落ち込んでいる人、しょうむない発言で大臣首になった鉢呂議員、早くも2敗で横綱昇進絶望的な日馬富士、再び借金生活の阪神ファン、普通落ち込んでいる人を見たら「頑張って」と声をかけるがこれは必ずしも良いとは限らない。一般的に落ち込む原因は2つあるといわれる。一つ目は恋人に振られた、友達をなくした、財布をなくしたなど「存在がなくなったとき」、二つ目は、試験に落ちた、試合に負けたなど「能力のなさを悟ったとき」である。原因も理解せず「頑張れ」と言ったらかえって逆効果になる。私も長い人生何度か落ち込んだが、今から思えば大半は他愛もない事が原因であったと思う。頑張れで思い出したが、震災の後あちこちで「がんばろう日本」と言う表記を見たり聞いたりしたが、冷静に考えてみるとこれには主語も目的語もない。誰がどう頑張ればいいのか、実にいい加減な励まし言葉であると思う。

2011年9月13日 (火)

アンパンマン

私は日曜日の朝6時過ぎ、一人でテレビアニメ「アンパンマン」を見ている。他愛もないアニメだが、見方によっては奥が深い。正義とは何か、悪とは何かを考えさせられる。アンパンマンは世の中に困った人がいないか、空腹な人はいないか、空を飛んでパトロールに出かける。それを邪魔するのがばいきんまんである。ここに善悪の対比があるが、ばいきんまんは、嫌がらせをして、最後はアンパンチと言う技でばいきんまんがやっつけられる。敵を説得するのではなく、いきなりパンチという暴力で物事を解決するのは善と言えるのか?一方のばいきんまんはいろんな兵器を開発する資金力技術力を持っている。これらの資金源はどこから来るのだろうか?ばいきんまんと一緒に暮らすドキンちゃんはわがままで自己中心的で考えようによってはばいきんまんより悪だ。しかししょくぱんまんに好意を持ちやさしさもある。ホラーマンはドキンちゃんに好意を持ち、三角関係だ。と言った調子でいろいろ思いが広がる楽しい大人のアニメだ。アンパンマンに登場するキャラクターは全部で1768体あって、ギネスにも掲載されているそうだ。アンパンマンは偉いのだ。ちなみに、私はアンパンマンと賃貸住宅のアパマンショップをよく読み違える。紛らわしい。

2011年9月12日 (月)

十五夜

今日は十五夜ではあるが 30度を越える真夏日でもあった。昨日は市議会議員選挙。定員24名に対して30名が立候補。当選した24名、落選した6名悲喜こもごもであろう。それにしてもこんな小さな地方都市でなんで24名も市議会議員のセンセイが必要なのか?常識的に考えて、10名もいれば十分だし、絶対多すぎる。選挙運動で名前を連呼してお騒がせし、当選したら挨拶もなく知らんん顔。税金が彼らの高給に化ける。国会議員も多すぎる。定数削減など夢のまた夢。税金は議員を養うために払うものなのか。鉢呂バカ大臣の辞任で枝野新大臣の認証式。9月5日に認証式をしたばかりなのに、軽率発言のバカ議員、発言の揚げ足を取るバカマスコミのために、公務で旅行中の天皇陛下にどこまでご負担をかけたら気がすむのだ。大臣は浮ついた気持ちを捨て、命がけで仕事をしろ!命がけとは365日国民の幸せを考え、職務に専念することだ。テレビのワイドショーに出演することではない。

2011年9月11日 (日)

運動会

今日は先週台風のため順延となった町民運動会に参加した。と言っても綱引きに参加した程度でお茶を濁したが、弁当並びに飲み物つきの楽しい親睦行事であった。運動会の定番、玉入れと綱引きは、勝っても自慢にならないが、負けても特定の個人が責任を問われるものではないので安心だ。高齢化社会といわれるが、わが町内は世代交代も順調に進み、子供も増え、町内の年齢別バランスもそんなに悪くはない。ただ、私自身30年前は若手と呼ばれていたが、今は年齢的に前期高齢者よりちょっと前の「中の上」グループに入ってきた。

2011年9月10日 (土)

ト長調

ト長調の曲と言えばバッハのブランデンブルク協奏曲第3番・第4番・無伴奏チェロ組曲第1番、モーツアルトのアイネクライネナハトムジーク、ドボルザークの交響曲第8番、サンサーンスの白鳥、ラヴェルの亡き王女のためのパヴァーヌなどたくさんある。ト調は五線紙にシャープがひとつついているのは言うまでもない。そのシャープは♯と言う記号を書くが、これとよく似た記号が電卓や電話機についている。テレビで知った話だが、これは実は別物なのだ。音楽のシャープは縦棒がまっすぐで横棒が右肩上がりであるのに対して電卓や電話のキーについているものは横棒がまっすぐで縦棒が少し右に傾いている。♯と#の違いである。電話機などについているマークは正しくは「井桁」と呼ぶ。井戸の囲いから来た名前だ。電話の音声ガイダンスで「シャープを押してください」というのは間違いで本当は「井桁マークを押してください」と言うべきなのだそうだ。♯と#は似て非なるものなのだ。

2011年9月 9日 (金)

素人

NHK政治部記者で、任命された本人には罪はないが財務に関してはド素人の安住淳財務相。農業に関しては詳しいが「安全保障は素人だが、これが本当のシビリアンコントロール(文民統制)だ」と発言していた一川保夫防衛相 。臨時国会で 予算委員会を開かない理由について、「不完全な内閣で、十分な答弁ができない」などと述べた平野国対委員長。東京電力福島第1原発周辺を「死の町」と評した鉢呂吉雄経済産業相。まあ次から次へと問題多い野田内閣の前途は多難だ。被災地復興、財政再建、外交防衛、しっかりやっとくれ。大臣も頼りないが、日曜日に市議会議員選挙があるが、立候補者の経歴を見ると真っ青になる。議員定数が多すぎる。今の3分の1で十分だ。

2011年9月 8日 (木)

移動販売

ファミリーマートが、東日本大震災の被災地や買い物が不便な地域で3トントラックを改造した移動販売車両による営業を今月中旬から実施するそうだ。こんなに便利な世の中でも地域によっては「買い物弱者」と呼ばれる人たちがいる。おにぎり、弁当、アイスや日用品など約300種の商品を積むらしい。まずは宮城、福島、岩手でそれぞれ1台ずつ稼働させ、2012年度中に100台体制にするとか。移動販売と言えば、まだ日本が高度成長期に入るまえ、ロバのパン屋があった。私もリアルタイムで知っているので、かなりの年齢だ。ロバと言っても実際は馬が引いていた。「ロバのおじさん チンカラリン チンカラリンロン やってくるジャムパン ロールパンできたて やきたて いかがですチョコレートパンも アンパンもなんでもあります チンカラリン」の歌が流れると小遣いを握りしめて買いに行った覚えがある。ついでに紙芝居もあった。これは移動劇場と言うべきか?
http://www.youtube.com/watch?v=3Ck5JKVaGRM

2011年9月 7日 (水)

京都マラソン

今朝は寒さで目が覚めた。秋である。しかし昼は久々に太陽が照りつけた。どれくらいの温度差があったのだろうか?★私はスポーツ観戦が好きだ。プロ野球、ゴルフ、サッカー、やや落ち目の相撲など、よく見る。マラソンも好きだ。ただ2時間あまり走るだけだが、いろんなドラマがあって時には感動もする。来年2012年3月11日に京都市内で市民マラソンが開催される予定だ。しかしその交通対策で行き詰まっている。日曜日の春の京都と言えば、人気の観光地や世界遺産を見るため日本はおろか世界中から観光客が集まる。大混乱は目に見えている。しかも当初から2012年3月の第2日曜日に開催が設定されていたが、東日本大震災と偶然同じ日になったので「復興支援」という後付のわざとらしいコンセプトで開催されるのが気に食わない。穏やかな春の京都でゆっくり歴史的建築物をめぐりたい観光客を尻目にスポーツ集団がなぜ走らなければならないのか。健康増進のマラソンであればもっと静かな郊外か地方都市で走ればよい。経済効果という美名で、企業に加担する愚行だ。私はマラソンは嫌いではない。スポーツとして面白く感動的である。それは一流のアスリートが走るからであって、市民ランナーが半ば観光気分で江戸末期の「ええじゃないか」のように通りを練り歩くイベントは願い下げだ。マラソンはTPOを考えよと言いたい。

2011年9月 6日 (火)

未曾有の想定外

想定外と言う言葉がある。言葉の響きは良いが、要は、自分には責任はないと言う卑怯な責任逃れ用語である。現在収監中「ながのなう」の堀江貴文が流行らせた名言だが、今は空しい。東日本大震災、原発事故、アメリカのハリケーン、そして台風12号による豪雨災害。すべて想定外である。今後は想定外の災害を想定するのが必要になる。未曾有も同様である。未曾有と言う言葉も評論家各氏の好きな言葉だ。自分が都合が悪くなると世の中が悪いといい、かつてない、珍しい現象、と言う意味で未曾有を使いたがる。今後地球上では想定外かつ未曾有の災害や事件が普通に起こるものだと考えておくべきだ。そのためには常識を超えた発想力と想像力を持った人間が必要だ。

2011年9月 5日 (月)

燃費

台風12号による被害者数は昼現在でわかっている範囲で死者は29人、51人が行方不明。特に和歌山と奈良、三重で甚大な被害が出ている。しかしまだまだ被害の全容は不明だ。地震、津波、原発事故、そして台風被害。あまりにも悲しすぎる。
★車を軽に乗り換えて3ヶ月。ざっと比較してみると前の車が13km/Lで、今の車が16km/L、約20%燃費効率が向上している。ガソリン代が2割安くなった。もうちょっと劇的な改善を期待していたが、まあまあと言ったところだ。ガソリンの卸売価格は6月と比べ7月に2.2%上がり、8月に2.2%下がり、今度は大幅な円高だから、9月はどど~んと値下がりしないとおかしい。ガソリンスタンドは値上げするのは素早いが、値下げするのはスローな気がする。気前良く下げてくれ~。

2011年9月 4日 (日)

台風12号

台風12号は8月25日に発生した。発生から10日!今回ほどスピードの遅い台風を経験したことがない。被害も長時間広域にわたり、特に雨量が常識を超える凄さだ。和歌山県新宮市では4日午前4時ごろまでの1時間雨量が132.5ミリ!奈良県上北山村では4日早朝まで過去3日間の合計雨量が約1600ミリ!こんな数字を聞くのは私は初めてだ。午後ようやく風雨は治まったが長かった。亡くなったり怪我をした人、家が流されたり土砂に埋まったり、浸水したり、未だ被害の全貌は明らかになっていないが、中国四国から近畿東海関東の太平洋側を中心に悪夢の台風であった。我が家は暴風で夜中に家が揺れたが幸い被害もなく、また難を逃れた。

2011年9月 3日 (土)

球団買収

横浜ベイスターズが球団を身売りすると言う噂だ。モバゲーのDeNAや、家電量販店ノジマ、旅行会社のHISなどが名乗りを上げている。平成20年度の旅行会社の売り上げベスト10は①JTB②近畿日本ツーリスト③日本旅行④阪急交通社⑤JTB首都圏⑥HIS⑦JTBトラベランド⑧JTBワールドバケーションズ⑨ANAセールス⑩JTB西日本以下⑪クラブツーリズム⑫トップツアーと続く。やはり、昔、交通公社?JTBグループが圧勝と言う感じだが知らない会社も多い。ただ球団を買収すると言うことには3つの意味合いがある。①オリックスなどの知名度のない企業の売名②巨人、阪神、中日、ヤクルト、ロッテ、西武などの現在の企業団体のイメージアップ③広島、ソフトバンク、楽天、日本ハムなどの地域を企業とともに活性化・・・横浜はどれにも該当しない。逆にパリーグは福岡のソフトバンク、札幌の日ハム、仙台の楽天など地域の活性化による相乗効果で客数を増やしている。プロ野球ファンとしては企業の売名だけで球団を買って欲しくない。ファンとともに、地域を盛り上げる球団になって欲しい。新潟、長野、静岡、滋賀、愛媛などに拠点のある企業が球団を買って地域を活性するようなことを考えないとプロ野球、特にセリーグの灯は消えるような気がする。

2011年9月 2日 (金)

偏西風

台風12号は最近では珍しいコースを進んでいる。今晩四国、明日中国を横切って行くらしい。しかも自転車が走る程度の遅さで強い勢力を維持しながら北上している。明日も同じようなスピードで進むそうだ。原因は、日本の東の海上から高気圧が張り出し、風が周囲に吹き出すため、台風はその中を進めないうえ、台風を押し流す強い上空の偏西風が、北の方で吹いているのも原因らしい。昔から秋台風は偏西風に乗って速足で駆け抜けるのが定説だが、やはり地球の気候は変だ。今晩から明日午後まで大雨暴風だ。家が飛んでゆかないよう外出せず54kgの体重でおさえておこう。

2011年9月 1日 (木)

台風12号

台風12号がゆっくりと北上。各地で大雨を降らせているが予想進路が定まらず、とりあえず明日夜から土曜の午前が危ない。来月から、5ヶ月中断していたバイオリンのレッスンを再開する予定だが、楽譜を前にして、ちょっと絶望的な気分だ。とにかく指が動かない。指の動きと弓の動きがバラバラである。上手くなるのは時間がかかるが、下手になるのは簡単だ。会社の対外的な信用と同じで、信用を得るのは大変な努力が必要だが、信用を失うのはたやすい。何事もコツコツである。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »