« 未曾有の想定外 | トップページ | 移動販売 »

2011年9月 7日 (水)

京都マラソン

今朝は寒さで目が覚めた。秋である。しかし昼は久々に太陽が照りつけた。どれくらいの温度差があったのだろうか?★私はスポーツ観戦が好きだ。プロ野球、ゴルフ、サッカー、やや落ち目の相撲など、よく見る。マラソンも好きだ。ただ2時間あまり走るだけだが、いろんなドラマがあって時には感動もする。来年2012年3月11日に京都市内で市民マラソンが開催される予定だ。しかしその交通対策で行き詰まっている。日曜日の春の京都と言えば、人気の観光地や世界遺産を見るため日本はおろか世界中から観光客が集まる。大混乱は目に見えている。しかも当初から2012年3月の第2日曜日に開催が設定されていたが、東日本大震災と偶然同じ日になったので「復興支援」という後付のわざとらしいコンセプトで開催されるのが気に食わない。穏やかな春の京都でゆっくり歴史的建築物をめぐりたい観光客を尻目にスポーツ集団がなぜ走らなければならないのか。健康増進のマラソンであればもっと静かな郊外か地方都市で走ればよい。経済効果という美名で、企業に加担する愚行だ。私はマラソンは嫌いではない。スポーツとして面白く感動的である。それは一流のアスリートが走るからであって、市民ランナーが半ば観光気分で江戸末期の「ええじゃないか」のように通りを練り歩くイベントは願い下げだ。マラソンはTPOを考えよと言いたい。

« 未曾有の想定外 | トップページ | 移動販売 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 未曾有の想定外 | トップページ | 移動販売 »