« 素人 | トップページ | 運動会 »

2011年9月10日 (土)

ト長調

ト長調の曲と言えばバッハのブランデンブルク協奏曲第3番・第4番・無伴奏チェロ組曲第1番、モーツアルトのアイネクライネナハトムジーク、ドボルザークの交響曲第8番、サンサーンスの白鳥、ラヴェルの亡き王女のためのパヴァーヌなどたくさんある。ト調は五線紙にシャープがひとつついているのは言うまでもない。そのシャープは♯と言う記号を書くが、これとよく似た記号が電卓や電話機についている。テレビで知った話だが、これは実は別物なのだ。音楽のシャープは縦棒がまっすぐで横棒が右肩上がりであるのに対して電卓や電話のキーについているものは横棒がまっすぐで縦棒が少し右に傾いている。♯と#の違いである。電話機などについているマークは正しくは「井桁」と呼ぶ。井戸の囲いから来た名前だ。電話の音声ガイダンスで「シャープを押してください」というのは間違いで本当は「井桁マークを押してください」と言うべきなのだそうだ。♯と#は似て非なるものなのだ。

« 素人 | トップページ | 運動会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 素人 | トップページ | 運動会 »