« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月31日 (月)

イントロ

昨日、テレビで「題名のない音楽会」という番組を久しぶりに見た。「耳-1グランプリ」と題して、イントロ当てクイズのような形式で進行され、回答者が青島広志、大谷康子、HIROSHI、加羽沢美濃と言った日本を代表するプロの音楽家が登場するだけあって、難しいクイズに見事に答えてゆく姿がさすがプロと言う印象であった。1音だけジャン!と流れてそれが何調のなんと言う曲か言い当てる、超ハイレベルなクイズで、私のような絶対音感のない素人には全く見当のつかないクイズであった。世の中にはいろんな能力を持った人がいるものだと感心した。クラシックは絶望的だが、1960~70年代限定で昔のポップス洋楽だったら少しくらい答えられるかもしれない。

2011年10月30日 (日)

70億人

世界の人口が70億人になったそうだ。誰が調べたか知らないが、西暦1000年には3億人だった世界の人口が、1800年には10億人、1900年には20億人、1960年には30億人、1987年には50億人、1999年には60億人と近年増加率が一気に高まった。国別には中国、インド、アメリカ、インドネシア、ブラジル、パキスタン、バングラデシュ、ナイジェリア、ロシア、そして日本が10位である。世界で正確な国勢調査をしているとは思えないが、減少傾向になってきた日本とは裏腹に、近年、世界の人口は爆発的に増える。TPPで日本の農業がどうなるか侃侃諤諤と言うよりは自分の立場や利害だけで喧喧囂囂議論されているが、さらにその先を見据えて輸入ばかりに頼らず、日本の食糧問題を真剣に考えないと、食べ物がなくなる日が来るのはそう遠くない。

2011年10月29日 (土)

通天閣

大阪のシンボル通天閣が出来て来年2012年が100周年の節目になると言う。現在の二代目通天閣は1956年完成した。初代の通天閣はライオン歯磨がメインであったが、現在は日立が広告のメインである。昨晩、通天閣の新しいライトアップのお披露目があった。省エネのためネオン管の大部分をLEDに換え、50%節電を目指すそうだ。色も従来の4色から6色に増やしてライトアップされるそうだ。私がまだ小学生低学年の頃だったと思うが、親に連れられて、通天閣の食堂でチキンライスを食べたことをはっきり記憶している。今ではチキンライスという食べ物は知らない人のほうが多いかもしれない。細切れの鶏肉を混ぜたごはんにタマネギやグリーンピースとともにケチャップで炒めたものだ。これを卵で巻いたらオムライスのようになる。私の記憶の中ではなぜか今でも通天閣=チキンライスなのである。

2011年10月28日 (金)

菅野投手

連日の野球ネタであるが、プロ野球を目指す若者の人生を左右する、運命のドラフト会議が昨日開催された。巨人軍原辰徳監督の甥である菅野投手は事前の予想に反して日本ハムが一位指名し巨人との抽選で交渉権を獲得した。果敢にチャレンジした日ハムも立派だが、巨人にはショックな出来事だったと推測できる。本人は、社会人かメジャーリーグに進路を変更するかもしれないが、ただ私は、本人のためには日本ハムに入団することがベターな選択だと思う。わざわざ原一族のために巨人に入り、叔父さんの庇護の下、活躍すれば当然だと思われ、ダメだと批判され、起用方法を間違えると、親族に対してえこひいきだと批判され、そんな環境下でのびのびとした活躍は難しいと思う。くじ引きと言う手段ではあるが、これも天命であり何かの縁である。少々説教じみているが、人事を尽くして天命を待った結果なので、この天命を信じて、今後努力精進して行けば人生はひらけてゆくものだ。ついでながらヤクルトの1位指名は青森県の光星学院高の川上竜平外野手であった。大阪生まれの沖縄育ちで、甲子園で3ホームラン、しかも足が速く肩もよい。将来の4番バッターになって欲しいが・・・。

2011年10月27日 (木)

石井弘寿

25日のリーグ最終戦で広島の前田健太の快投であわやノーヒットノーランと言う試合、幸いわがヤクルト軍はサヨナラ勝ちしたが、その日、ひっそりと引退したのが石井弘寿投手であった。ファンでなければなじみのない選手で在籍期間中一度もヒーローとしてお立ち台にたったことすらないが、1996年入団後、2002年左腕で最速155キロを記録、69試合登板し大活躍、2005年までは順風の活躍だった。まだ勝利の方程式とか言う言葉がそれほど一般的ではなかった時代、リードした試合の8回に投げて、きっちり抑えて9回の高津臣吾や五十嵐亮太に引き継ぐのが仕事であった。メジャーも目指したが、叶わなかった。しかしヤクルトの黄金時代を陰で支えたすごいセットアッパーであった。2006年頃肩を痛め、数年間リハビリに専念し、結局は回復せずに引退となったのが寂しい。普通の企業で5年もケガで休んだら、体よくクビになるのが世の習いだが、球団は功労者の彼を復活を信じて最後まで見捨てなかった。エエ球団である。

2011年10月26日 (水)

4M5S4K

製造業の現場には、品質管理という面で英和混在であるがやたらと英文字が並ぶ。PDCAはPLAN-DO-CHECK-ACTION、QCDSMはQuarity(品質)・Cost(コスト)・Delivery(納期)・Safety(安全)・Moral(モラル)、4Mとは生産の4要素でMachine(機械)・Material(材料)・Man(人)・Method(方法)、5W1Hはいつ(When)・どこで(Where)・ だれが(Who)・何を(What)・何のために(Why)・どのようにして(How)、品質管理では最初に5Sということがよく言われる。5Sは整理・整頓・清潔・清掃・躾、そして5Sで標準が 決ったら4Kで実行する。K(決められたことを)K(決められたとおり)K(確実に実施し)K(結果を確認する)。整理と整頓はどう違うのか聞いたら、整理は要らないものを減らすこと、整頓はそれを決められた場所に収めることらしい。たぶんどこかの偉い先生が考えたのだろうが、こんなこといちいち気にしながら仕事をしていたら、ストレスがたまりそうだ。以前は3K職場と言えば危険、汚い、きついだったが、昨今は就職難でそんな贅沢は言っていられないそうだ。

2011年10月25日 (火)

切手収集

最近は切手収集を趣味にしている人はあまり見かけないが、昔は切手収集がひとつのブームのようになっていた。たしか1960年代にグリコのおまけで記念切手が入っていたように記憶している。そのあたりからブームになり、友人と手持ちの切手と交換したりしたものだ。「第3回アジア大会」「皇太子ご成婚」「東京オリンピック」など記念切手の発売日には郵便局の前には長蛇の列が出来ることもあった。最近JPの窓口に行くと売れ残った記念切手が所狭しと陳列してある。希少価値というよりは形の面白さ、珍しさ、可愛さ、などを狙って、ドラえもん、ハローキティ、ピーターラビット、スヌーピー、鉄腕アトムなどキャラクターものもたくさん出回っている。会社の取引先に請求書を送る時、記念切手をよく使う。先日JPで記念切手を買いに行ったら、滋賀県信楽の切手があったが、タヌキのデザインだったので、取引先をだますイメージなので買うのをやめた。年賀状もメールで済ませる最近の若者には切手収集というようなアナログな趣味は持たないのだろう。

2011年10月24日 (月)

同心円

福島第一原発事故で飛散した放射性物質の汚染マップが公表された。栃木、群馬の北部、茨城南部や千葉などで比較的、汚染度が高い地域がある。要するにコンパスで描いた同心円上に被害が広がると言うのは全く根拠のない嘘だったのだ。福井県敦賀市に関西電力の原発がある。滋賀県から遠いようだが地図で見ると原発と琵琶湖は極めて近い。しかも敦賀1・2号機は敷地内に活断層があるほか、1号機は運転開始からなんと40年を超え老朽化したポンコツである。地震で原発が壊れたら琵琶湖が放射能に汚染され、滋賀県のみならず下流域の京都大阪にも甚大な被害が出る。恐ろしい話だ。明日起こるかもしれない福井の地震に対して手遅れになる前に原発の再稼動を延期して欲しい。我が家では冬の節電ならまだまだ出来る用意がある。この冬は暖房はガスストーブと湯たんぽと厚着で賄うぞ。

2011年10月23日 (日)

満身創痍

ヤクルトスワローズは何とかセリーグ2位を維持してクライマックスシリーズは本拠地神宮で巨人を迎え撃つ・・・はずだったが、ここにきて怪我人だらけの満身創痍だ。由規、バーネット、久古、村中、が絶望。石川が体調不良、館山は指の血行障害。相川が骨折も完全に癒えず、宮本は過労気味、川島慶が肘の手術、川端が左手損傷全治6週間、川本が絶望などで投手と遊撃手が手薄だ。所詮、貧乏球団、選手層は薄く、チームワークと精神力で実力以上の結果を残してきたが、10月に入って破綻してしまった。投手赤川か増渕、捕手福川か中村、一塁畠山、二塁田中、三塁宮本、遊撃森岡か藤本、左翼飯原か福地、中堅青木、右翼バレンティン・・・これではCS勝てる気がしない。さあどうなる?

2011年10月22日 (土)

関西空港

昨晩、関西空港に行ってきた。私は自慢じゃないが、これで5回目くらいの関空訪問だが、まだ一度もここで航空機に乗り降りしたことがない。いつも見送りか出向かえばかりなのがちょいと寂しい。昨晩は出迎えであったが、待ち時間に2階3階のウィンドウショッピングをした。食事のできる店が結構たくさんあり、みやげ物店には外国人観光客を意識したものがたくさん並んでいる。今、中国人観光客に売れている炊飯器も並んでいた。有名な店もたくさんあってちょっとした街だ。思いつくままに言うと、ユニクロ、ローソン、TUTAYA、セガミ、コクミン、ダイソー、たち吉、丸善、蓬莱、ぼてぢゅう、がんこ寿司、松屋、スターバックス、たこ昌、そして昨年3月から閉店していたマクドナルドが今月末24時間営業でオープンするようだ。橋下大阪府知事は昨日任期途中で辞職した。将来ビジョンも抽象的で具体策も示さず、ただ組織を解体再編しようとする強引なこの人物の政治手法は賛同できないが、こんな立派な関西空港を活性化しないともったいない。他府県のことではあるが、良識ある候補者はいないものか?

2011年10月21日 (金)

スマートフォン

タレントの釈由美子が、iPhoneと間違えてiPod touchを購入してしまったというお茶目な失敗がネット上で話題になっているが、 私のような高齢者には難しい話だが、iPhoneとiPod touchは一見同じように見えるが実は違うものらしい。早速調べてみた。iPhoneにあってiPod touchにないものは電話機能やGPS、マイク、カメラなどで他は大差ないようだ。要するにiPhoneでは外出先で電話やメールが出来るし、性能の良いデジカメがついているが、iPod touchではそれが出来ないというわけだ。そのかわり値段が少し安い。iPhoneはアップルが発売したスマートフォンである。私の持っている旧式の携帯電話とスマートフォンの違いは、携帯電話は所詮電話が便利になったものだが、スマートフォンはパソコンをベースに進化させて電話機能も搭載したものなのだ。わかったようなわからんような話だ。

2011年10月20日 (木)

だまされた

民主党は国民をまんまと騙して政権交代を果たした。あの時民主党に投票した私も浅はかだった。あのときのマニフェストはいったい何だのか?単なる政治ごっこのお遊びに国民が嵌められたのか?①国の総予算207兆円を全面組み替え、税金のムダづかいと天下りを根絶、議員の世襲と企業団体献金は禁止し、衆院定数を80削減する。②中学卒業まで、1人当たり年312000円の「子ども手当」を支給する。③「年金通帳」で消えない年金。年金制度を一元化し、月額7万円の最低保障年金を実現し、後期高齢者医療制度は廃止し、医師の数を1.5倍にする。④「地域主権」を確立し、地方の自主財源を大幅に増やし、農業の戸別所得補償制度を創設し、高速道路の無料化、郵政事業の抜本見直しで地域を元気にする。⑤中小企業の法人税率を11%に引き下げ、月額10万円の手当つき職業訓練制度により、求職者を支援し、地球温暖化対策を強力に推進し、新産業を育てる。・・・結果、政権を取れば決着させると豪語していた年金記録問題はどうなったのか?原簿の古い手書き記録7億2000万件すべてと突き合わせる「全件照合」に着手して1年。全件照合していたら金の無駄遣いだからやめるとでも言うのか?某独裁国家で政治家がこれほどの大嘘をついたら、民主党幹部全員確実に死刑だ。責任を取らなくても良い日本の国会議員はお気楽な商売だ。

2011年10月19日 (水)

涙雨

セリーグ中日が優勝を決めた。ヤクルトファンとしては残念な結果だが勝ってナンボのプロの世界、これが実力なのだろう。パリーグも西武が土壇場でオリックスを抜き差って3位=CS出場を決めた。ヤクルト、オリックスに涙雨・・・。タイでは豪雨と満潮が重なり、国土の3分の1が浸水し、300名以上の死者と860万人が被災したと言う。タイには多くの日系企業が進出している。トヨタ、ホンダ、マツダ、ニコン、いすゞ、日産、三菱、キャノン、ソニー、パイオニア、日立、味の素など、大手企業が大きな影響を受けている。日本にとってタイは極めて友好的な国であるだけに、日本も苦しいが、出来る限りの支援をしてあげたいものだ。

2011年10月18日 (火)

84億円

大王製紙の井川意高前会長が連結子会社から個人的に総額84億円を借り入れてその使途を明らかにしないので大きなスキャンダルになってきた。ある週刊誌には ラスベガス、マカオ、銀座、六本木などでの豪遊しているとか、いずれにしても東大法学部卒業のバカな3代目御曹司というところか?大王製紙といえば先日、原材料や燃油の価格の高止まりが続き、製品価格への転嫁が避けられないとの理由で、出荷価格の値上げを発表したばかりだ。こんなスキャンダルを起すと、顧客への値上げを営業が説得に行っても、返り討ちにあうのは明らかだ。株価も一気に下がり、バカ息子の愚行があちこちに影響を与えている。

2011年10月17日 (月)

デモ

アメリカのウォール街で始まった経済格差抗議デモがニューヨークの繁華街へと拡がっている。東京でも同じようなデモが行われた。金持ちはは努力したから金持ちになったのか?貧しい人は努力を怠ったから貧しくなったのか?そういう面もあるが、必ずしもそうとは限らない。1960年代頃、日本にも当然貧富の差は歴然とあった。しかし大多数はまあまあの中流であった。しかし今は違う。データを調べたわけではないが、中流と思える人の数が減少しているように思う。経済的に苦しむ若者が明らかに増加している反面、裕福で至れり尽くせりの高齢者も多い。一流企業の社長は年収1億円は当たり前。派遣労働者は年収200万円以下が当たり前の歪んだ賃金体系はやはり不自然だ。公務員はやはり給料が高すぎるし、退職後の年金も多すぎる。経済的に結婚も出来ない若者が増え、元気や活力がないと人口も減少し、高齢者ばかりの日本は確実に衰退する。

2011年10月16日 (日)

ニンニク

今朝は雨のち晴れ。畑にニンニクを24本植えた。青森産は高いので熊本産にした。ニンニクは酸性土に弱いから事前に石灰をしっかり撒いた。肥料がたくさん要るので、肥料も撒いた。しかも秋に植えて収穫が翌年6月頃だから植えたことを忘れそうだが、こまめに世話をする必要はなさそうだし、11月と3月に化成肥料を撒けばよい。初めてなので収穫できるかどうか心配だ。ニンニクの健康食品のCMに出てくるような、広い立派な畑ではないが、生育を祈るばかりだ。仏教の世界では、さまざまな苦難や他者からの迫害に耐え忍ぶことを忍辱(にんにく)という。どうやらこれが語源のようだ。

2011年10月15日 (土)

醍醐寺

1994年世界文化遺産に登録された醍醐寺を拝観した。醍醐三宝院の庭全体を見渡せる表書院は桃山時代を代表する建築物で、襖絵の一つ一つに歴史の重みを感じさせる。そして何より庭全体の180度大スペクタクル?に圧倒される。写真撮影禁止なのが残念だったが、十分脳裏に焼き付いている。また五重塔の威容にも圧倒された。さらに霊宝館には国宝41点、重要文化財63692点を含む10万点以上の仏像絵画などが保存されている。一般観光客では出来ないような貴重な体験が出来た。京都は歴史の宝庫だ。
Dscn2582
国宝唐門


2011年10月14日 (金)

ラジウム

東京世田谷区で高い放射線量が測定された問題で、民家の床下にあった瓶の中にラジウムが入っていたことがわかった。福島の原発事故との関連はなかった。もし関連があったら首都圏は大パニックになっていたことだろう。とりあえずは一安心だが、ではなぜ東京の民家の床下に長期間ラジウムが置いてあったのか?一部の瓶に「日本夜光」という、かつてあった夜光塗料の会社名が書かれていたそうだ。ラジウムは、時計の文字盤に塗る夜光塗料などに使われていたが、作業員のがん発生が問題となり現在は使用禁止になった。原発事故で日本国民がナーバスになっている中、測定していたから、こんな問題がわかったが、知らなかったらもっと恐ろしいことになっていたかもしれないし、東京に限らず日本全国で起こりうる問題でもある。知るも恐ろし、知らぬも恐ろし。ところでラジウムから発生するのがラドン。温泉などめったに行かない私にはか、かわりのないことだが、あのラドン温泉と言うのは安全なものなのか?

2011年10月13日 (木)

忙しい

来週1週間はなにやらバタバタと忙しい。毎日日記を更新していられないほど忙しい。とは言え、長いサラリーマン経験でひとつわかったことがある。忙しいと言っている人はまだ余裕がある。本当に忙しい人はそんな言葉すら発することが出来ないのだ。逆に仕事を人に依頼するときは、一番忙しそうな人に依頼すると早く仕上げてくれる。仕事を依頼して「忙しい」と受け入れを拒絶する人はそれほど忙しくないし、たとえ受けても仕上がりは遅い。もっと大きな話をするなら、長い人生苦労の連続だったと口に出す人は、それほど苦労をしていないものだ。本当に苦労をした人は見た目は明るく寛大で、その苦労を口にしないものだ。ああ忙しい。

2011年10月12日 (水)

牛丼店強盗

牛丼チェーンを狙った強盗事件は先月末で71件発生した。1位すき家63件、2位吉野家6件、3位なか卯2件、4位松屋0件で、すき家がダントツ1位であった。売り上げも1位だが、すき家に隙あり!!である。コンビニ同様、牛丼チェーンも24時間営業の店も多く、店長と何名かのアルバイトだけで無用心だ。大都会ならともかくも、地方都市で24時間営業のメリットはあるのか?近くの西友も24時間営業だが、人件費と電気代などのコストや、万引き、強盗などのリスクを考えたら、あまり儲けにならないような気がする。昭和の時代は近所のスーパーは10時開店、7時閉店、木曜日は定休日、正月三が日は休みだった。賞味期限もそれほどこだわらなかったし、不良品だリコールだと大騒ぎもしなかった。それでも世の中動いていた。新幹線のスピードアップで出張は日帰りになり、猫も杓子もモバイル持ってわき目も振らずカシャカシャやって、顔も見ないで言葉も発しないでメールでコミュニケーションを図る。何でこんな世の中になったのだろう?便利さを追求した結果、何か人間がとんでもない事をしているような気もする。

2011年10月11日 (火)

新種野菜

イチゴのような形をしてイチゴのように甘いトマト「トマトベリー」、カラーピーマンのように見えるが食べると甘い「スウィーピー」、中国産と台湾産のハクサイの交配種で暑さに強い野菜で苦味の少ない「菜味夏(なみか)」、キャベツと大根が合体した新種野菜で、みずみずしくて甘い「キャベコン」、南米アンデス原産の栄養価の高い野菜 「ヤーコン」など、最近新種野菜がイロイロ出回っている。昔からある野菜の概念が徐々に変わってきているように思う。甘ければピーマン嫌いの子供も好きになる。子供の頃私はニンジンが嫌いだった。当時はニンジンといえば金時ニンジンであり、現在のような西洋ニンジンはなかった時代である。ジャガイモも昔は男爵イモであり、イモコロッケは当時の大好物であった。今は煮物の主役はメイクイーンである。食糧事情が年々変化してゆく。1960年代後半に「2001年宇宙の旅」と言う映画を見たとき宇宙食はペースト状でまずそうだったが、我々も40年後にはこんな食事を食べる時代が来るのだという変な確信があった。しかし幸いにして、40年前大好きだったイモコロッケが今でもほとんど同じ味で食べられてホッとしている。クリームコロッケなど邪道じゃ!コロッケはやっぱりジャガイモだと私は思う。

2011年10月10日 (月)

駅探

私は旅行が好きで、20歳前後の頃、日本全国旅をした。身の回りの品と時刻表と、周遊券とアルバイトで稼いだ少しのお金で、気分次第で、北は日本の最北限である礼文島のスコトン岬から、南は九州最南端の佐多岬まで行った記憶がある。時刻表は嵩張るが、大変重宝で、夜行列車では枕代わりにもなった。当時は当然若かったので目も良かったので時刻表は苦にならなかったが、60を過ぎると時刻表を見るのが地獄行に思えてきた。最近は旅行に行くこともほとんどなくなってしまったが、ちょっと外出するときはパソコンで「駅探」をよく利用する。乗車駅、下車駅、経由地、日時を入力すれば、安く行く方法、早く行く方法、乗換えが少なく行く方法などいろんな選択肢と価格が瞬時に出てくるのがすごい。スマートフォンはこのようなパソコンで出来ることを外出先で自由自在に出来るものと理解すればよいのだろうか?ただsoftbankとauの競争で、ネットが繋がりにくいという人もいる。まああわてて買わず、もう少し様子見しよう。

2011年10月 9日 (日)

農作業

私は、職場の近くの少しのスペースを借りて野菜の栽培をしている。また我が家の猫の額ほどの場所で野菜を育てている。風邪の症状が少し回復したので、晴天に誘われて、懐かしのニールセダカやコニーフランシスやビーチボーイズをBGMにして午前中畑仕事をした。白菜の苗やほうれん草が順調に育っているので虫除け、防鳥対策を行い、わけぎを200本ほど植え、ついでに来月タマネギ苗を植える場所を耕し、オクラやモロヘイヤなど夏の名残を抜いて、雑草も引き、更地にした。異常気象が続く昨今であるが、今日はごく普通の、爽やかな快晴の秋であった。もう一日休みがあるのがうれしい。

2011年10月 8日 (土)

くらいね

少々風邪気味であるが、ティッシュ一箱持参して、およそ半年ぶりにバイオリンの合奏練習に参加した。曲はモーツアルトのアイネクライネナハトムジークである。メンバーの足を引っ張らないように多少練習したが半年のブランクは如何ともし難い。喉から来る風邪は銀のベンザだそうだが、ベンザから「便座」を連想してしまうのは私だけか?いつものパターンでは今晩熱が出て、三連休は寝たきり老人になりそうだ。三連休はクライネ。

2011年10月 7日 (金)

目の老化

相変わらず左目の調子が良くない。明るい所や白いものを見ると糸くずやタバコの煙の輪のようなものが見える。飛蚊症なのかもしれない。眼科で眼圧、視野、神経、などイロイロな検査の結果、網膜剥離でもなく、視野が狭くなる緑内障でもなく、白くにごって見難くなる白内障でもないと言われた。結局は白髪やハゲや、足腰ひざの痛み、肩こりのように加齢に伴う症状だと理解した。年相応に体をいたわり、ただ心だけは折れずに若者気分で行かねば。

2011年10月 6日 (木)

アップル

アップルの前最高経営責任者のスティーブ・ジョブズ会長が膵臓がんで、56歳で亡くなった。スマートフォン、アイフォーンがどんなものか高齢者にはちんぷんかんぷんだが、世界的に有名なカリスマ経営者の死去にアメリカのみならず世界中が驚いた。自宅ガレージでパソコンの開発を続け、84年に初代「マッキントッシュ」を発売し大ヒットしたが、翌年アップルを追放され、96年に復帰。2001年に発売した「iPod(アイポッド)」が爆発的にヒットし、インターネット経由で音楽を取り込む「iTunes(アイチューンズ)」を03年に始め、07年にアイフォーン、10年には「iPad(アイパッド)」を発売し、アップルを時価総額で世界一のIT(情報技術)機器メーカーに押し上げた偉い人だそうだ。大金持ちでも病には勝てなかった。道半ばで悔しいだろうが、ある意味頂点を極めて亡くなったと言う点、幸せな人なのかもしれない。新しい文明を作った伝説の人物として歴史に記録されることだろう。

2011年10月 5日 (水)

松下むめの

「経営の神様」松下幸之助の妻松下むめのを描いたNHK土曜ドラマ「神様の女房」3回シリーズの第1回を見た。むめの役の常盤貴子、幸之助役の筒井道隆は絶妙のキャスティングだと思う。9歳で宮田火鉢店に丁稚奉公し、 五代自転車に奉公先が変わり、16歳で大阪電燈(今の関西電力)に就職し、訳があって退職後妻とその弟で三洋電機創業者の井植歳男らと会社設立。イロイロあって、最後は幸之助が94歳、むめのが97歳と言う高齢で亡くなった。波乱万丈の夫婦であったようだ。幸之助は数々の名言を残している。あまりたくさんありすぎて書ききれないし、説教がましいのでやめておこう。土曜日が待ち遠しい。

2011年10月 4日 (火)

黒い斑点

昨日から目の調子が悪い。車の運転中、左目に黒い斑点のようなものが見えるので、今日眼科に行ったら、網膜はく離ではないが、来週再検査が必要との事。そんなわけでパソコンは目に良くないので、少々控えよう。日記の更新が途絶えたら、それが理由である。そんなわけで本日はバイオリンのレッスンも休んだ。本日は以上で寝る!

2011年10月 3日 (月)

女子アナ

プロ野球選手と女子アナウンサーが結婚するケースが多い。鈴木一朗と福島弓子、古田敦也と中井美穂、石井一久と木佐彩子、松坂大輔と柴田倫子、青木宣親と大竹左知、井端弘和と河野明子、岡島秀樹と栗原由佳、高橋由伸と小野寺麻衣、さらに来年噂では、前田健太と成嶋早穂、内川聖一と長野翼など数え上げれば限りなく続く。野球選手の妻として「女子アナ」がなぜふさわしいのか?それとも、これはある意味職場結婚なのか?分析してみると、野球選手は例外はあるが、基本的に野球一筋でプロ入りするから勉学はイマイチ、ソコソコと考えられる。女子アナは容姿端麗かつ有名大学卒でソコソコ勉強が出来て、英語のひとつも喋れる。昨今のようにちょっと一流になるとメジャーに行く。となるとヨメサんが英語が喋れたら何かと便利だ。旦那がメジャーに入れば女子アナも嫁姑の親戚づきあいの煩わしさから逃れ、海外でちょっとリッチな生活が出来るので双方の思惑が合致して結婚に至るのだろうと推測する。まあ余計なお世話だが・・・。

2011年10月 2日 (日)

チャリンコ

自転車は重宝な乗り物である。しかし交通ルールがあいまいで、接触事故を起したりや、迷惑な乗り物でもある。最近はブレーキのついていないピストバイクが流行だとか。先日某お笑い芸人がこの自転車で公道を走り検挙されたが、危険極まりない。自転車を俗にチャリンコと呼ぶが、この語源を調べてみた。1970年代以降から使われ始めたが語源には諸説ある。自転車のベルの音「チャリン」からきたと言う説、昔子供のスリのことをチャリンコと呼んだがそこからきていると言う説、朝鮮語で自転車を意味する「チャジョンゴ」からきたとする説、諸説さまざまだが、なぜ自転車と言う立派な名前があるのにそんな言葉を使うのか疑問だ。最近では、チャリキ、ママチャリ、ゲンチャリなど派生語もある。日本語は乱れとる!

2011年10月 1日 (土)

アドリブ

ややこしい話。8代目松本幸四郎と正子夫妻の子が9代目松本幸四郎と2代目中村吉右衛門。その9代目松本幸四郎と藤間紀子夫妻の子が女優松本紀保と7代目市川染五郎と女優松たか子である。その2代目中村吉右衛門と7代目市川染五郎と松平健らが出演した「鬼平犯科帳」を昨晩見た。なかなか見ごたえのある「スペシャル」であった。この時代劇に出演されたご近所の某俳優さんからお借りした台本と照らし合わせてドラマを見た。こんな経験は初めてだ。意外と台本に書いていないアドリブが結構あるものだ。繁蔵と言う悪者を殺して自分自身も死ぬ間際の久五郎が、長谷川平蔵に「繁蔵は死んでおりますかい?」とたずねるシーン。次の長谷川平蔵のセリフ、台本には「ああ、死んでいる」と書いてあるが、実際映像では「繁蔵はなあ、もう地獄の一丁目だ」と言うセリフを語る。これを中村吉右衛門のアドリブと言うのかと感心してみていた。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »