« 忙しい | トップページ | 醍醐寺 »

2011年10月14日 (金)

ラジウム

東京世田谷区で高い放射線量が測定された問題で、民家の床下にあった瓶の中にラジウムが入っていたことがわかった。福島の原発事故との関連はなかった。もし関連があったら首都圏は大パニックになっていたことだろう。とりあえずは一安心だが、ではなぜ東京の民家の床下に長期間ラジウムが置いてあったのか?一部の瓶に「日本夜光」という、かつてあった夜光塗料の会社名が書かれていたそうだ。ラジウムは、時計の文字盤に塗る夜光塗料などに使われていたが、作業員のがん発生が問題となり現在は使用禁止になった。原発事故で日本国民がナーバスになっている中、測定していたから、こんな問題がわかったが、知らなかったらもっと恐ろしいことになっていたかもしれないし、東京に限らず日本全国で起こりうる問題でもある。知るも恐ろし、知らぬも恐ろし。ところでラジウムから発生するのがラドン。温泉などめったに行かない私にはか、かわりのないことだが、あのラドン温泉と言うのは安全なものなのか?

« 忙しい | トップページ | 醍醐寺 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 忙しい | トップページ | 醍醐寺 »