« 切手収集 | トップページ | 石井弘寿 »

2011年10月26日 (水)

4M5S4K

製造業の現場には、品質管理という面で英和混在であるがやたらと英文字が並ぶ。PDCAはPLAN-DO-CHECK-ACTION、QCDSMはQuarity(品質)・Cost(コスト)・Delivery(納期)・Safety(安全)・Moral(モラル)、4Mとは生産の4要素でMachine(機械)・Material(材料)・Man(人)・Method(方法)、5W1Hはいつ(When)・どこで(Where)・ だれが(Who)・何を(What)・何のために(Why)・どのようにして(How)、品質管理では最初に5Sということがよく言われる。5Sは整理・整頓・清潔・清掃・躾、そして5Sで標準が 決ったら4Kで実行する。K(決められたことを)K(決められたとおり)K(確実に実施し)K(結果を確認する)。整理と整頓はどう違うのか聞いたら、整理は要らないものを減らすこと、整頓はそれを決められた場所に収めることらしい。たぶんどこかの偉い先生が考えたのだろうが、こんなこといちいち気にしながら仕事をしていたら、ストレスがたまりそうだ。以前は3K職場と言えば危険、汚い、きついだったが、昨今は就職難でそんな贅沢は言っていられないそうだ。

« 切手収集 | トップページ | 石井弘寿 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 切手収集 | トップページ | 石井弘寿 »