« 石井弘寿 | トップページ | 通天閣 »

2011年10月28日 (金)

菅野投手

連日の野球ネタであるが、プロ野球を目指す若者の人生を左右する、運命のドラフト会議が昨日開催された。巨人軍原辰徳監督の甥である菅野投手は事前の予想に反して日本ハムが一位指名し巨人との抽選で交渉権を獲得した。果敢にチャレンジした日ハムも立派だが、巨人にはショックな出来事だったと推測できる。本人は、社会人かメジャーリーグに進路を変更するかもしれないが、ただ私は、本人のためには日本ハムに入団することがベターな選択だと思う。わざわざ原一族のために巨人に入り、叔父さんの庇護の下、活躍すれば当然だと思われ、ダメだと批判され、起用方法を間違えると、親族に対してえこひいきだと批判され、そんな環境下でのびのびとした活躍は難しいと思う。くじ引きと言う手段ではあるが、これも天命であり何かの縁である。少々説教じみているが、人事を尽くして天命を待った結果なので、この天命を信じて、今後努力精進して行けば人生はひらけてゆくものだ。ついでながらヤクルトの1位指名は青森県の光星学院高の川上竜平外野手であった。大阪生まれの沖縄育ちで、甲子園で3ホームラン、しかも足が速く肩もよい。将来の4番バッターになって欲しいが・・・。

« 石井弘寿 | トップページ | 通天閣 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 石井弘寿 | トップページ | 通天閣 »