« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月30日 (水)

バレーボール

バレーボールワールドカップが開催されている。ワールドカップだと言うのになぜか1977年以降開催国は必ず日本だ。しかもなぜか必ずフジテレビ系列だ。1991年以降必ずオリンピックの前年に日本で開催され、男女とも上位3位以内に入ればオリンピック出場権が得られる。であれば日本は必ずホームであり、世界の各国は完全なウェイだ。北朝鮮でのサッカー試合のような完全アウェイの状況で各国が戦うのは不公平だ。しかも以前はアイドルタレントのパーフォーマンスがあったそうだが、まさにスポーツを利用した金儲けイベントと言う他はない。ワールドカップと言うならもっとフェアに開催すべきだし、バレーボールを馬鹿にしている話だと思う。こんな大会に別に興味はないが・・・。

2011年11月29日 (火)

地下鉄民営化

大阪の選挙結果を受けて、連日大阪から目が離せない。「大阪維新の会」が掲げる「教育基本条例案」に関して「条例案は白紙撤回されるべきであり、可決されれば私たちは総辞職する」と言うてたんちゃうの?教育関係者が自分が言うた事も守れんのか!結局はこの団体は教育より、自分達の保身しか考えていないのか!ところで、橋本新知事は大阪の市営地下鉄とバスを4年以内に民営化すると言う。JRや東京メトロのように民営化で必ずメリットが出ると思う。これは大賛成だ。私は中学生のある時期地下鉄で学校に通っていた。どれだけ乗っても20円の時代で、車内の照明も蛍光灯ばかりではなく電球の車両もあった時代だ。それだけに大阪の地下鉄にはいろんな思い出がある。民営化でよみがえって欲しい。

2011年11月28日 (月)

維新の会

大阪ダブル選挙で、橋下・松井の維新連合が、既成政党の連合に圧勝した。小泉総理の郵政民営化か否かという選挙と似ているように思う。経済、福祉、財政、教育など本当に必要な具体策が一切論じられず、雰囲気だけの選挙は何か恐ろしさを感じる。二重行政は確かに無駄だ。ただ無駄だというが、きめ細かな福祉サービスや教育現場の細やかな対応など二重=100%悪だと言うのも極論だ。しかも改革は4年任期中に簡単に進むとも思えない。既得権者が「はいわかりました」と今まで吸っていた甘い汁を放棄するはずはない。必ず陰湿な手段で巻き返すはずだ。さらに気になるのは民主党が政権交代のとき「無駄遣いをなくせばいくらでもお金が出てくる」と言うニュアンスの公約をしていたが、実際それはまったく実現できなかったばかりか、逆に年金を減らすとか消費税を上げるとか相反することばかり言っている状況を見ると、悲観的だが大阪をむちゃくちゃにされて、中途半端に混乱して、大阪府民市民がバカを見るのではないかとも思う。橋本新市長も、平松現市長も大阪を良くしたいと言う気持ちは同じだと思う。二人とも過去のバカ知事、無能市長とは一味違う能力と信念のある人だ。2人を足して2で割ったら、バラ色の未来ではないが、今よりましな大阪になると思うのだが・・・。

2011年11月27日 (日)

火バサミ

今日は市内の一斉清掃日。朝はいたる所でゴミ集めが行われた。わが町内も朝から道端に落ちたゴミを拾い集めた。ゴミを道端に投棄する道徳観のないやつはどこにでもいるものだ。私がまだ小学生になる前のあやふやな記憶であるが、昭和20年代後半?街には背中に縄で編んだかごを背負い、ゴミを拾い集める人を良く見かけた。「クズ屋さん」と呼んでいた。ゴミを集めて生計を立てていたのだろうが、リサイクルなど言う横文字など誰も知らなかった時代から、日本人は再利用の智恵を持っていたのだ。ところで、あのゴミをつかむ金属の挟みの正式名称はと聞かれると悩む。トングと言う人もいる。ゴミバサミというそのマンマ呼ぶ人もいる。一般的には火バサミと呼ぶのが普通なのかもしれない。栗拾いにも重宝するので私は栗バサミなどと勝手な名前をつけている。

2011年11月26日 (土)

パソコン

家電店に行った。現在使っているパソコンの液晶ディスプレイに当初2本程度だった縦線が20本程度に増えて画面が見にくくなってきたので、新しいのを買うべきか下見を兼ねて色々見比べた。今度買うなら10万円程度のノートパソコンを考えているが、色々目移りして迷う。家電店に行って思い出したが、昨年当たりエコポイントで大盛り上がりしていたのが嘘のようだ。そのエコポイントで未だ申請していない人が結構いたようで、115億円ほどが未申請と言う話だ。申請がじゃまくさいのか、小額であほらしいのか、どの品を選ぶか迷って結局申請を忘れたのか、宝くじの当選金を受け取りに来ないのと同じ現象が起こっている。教訓!何事も即実行、今出来ないことは10年たっても出来ない。今日出来ることは明日に伸ばすな Don’t put off till tomorrow what you can do today. なのである。とは言えパソコンは買いたいがお金がねえ。

2011年11月25日 (金)

寒さ対策

20日茨城県で震度5強、21日広島県で震度5弱、24日北海道浦河で震度5弱、相変わらず日本各地で揺れている。一昨日から12月中旬並みの寒さで、昨晩ついにガスストーブを点けた。この冬はエアコンの暖房はまだ使っていないが、節電のため極力使う時間を少なくしようと思っている。ただ一度使って暖かさを覚えてしまうと結局毎日使ってしまう。寝るとき布団に入れるコタツも同様である。「こたつでみかん」と言う昭和の風景はもはや我が家にはない。今はヒートテックと重ね着で寒さをクリアしている。ただ、昨日、昔の服を重ねて着て車を運転し、静電気を帯びてしまって、車を降りるとき思わずバシッと来た。週明けからそろそろ冬に入る。手のひび割れ、乾燥で背中が痒く、乾燥で喉が痛む。寒さが体重53kgの私の骨身にしみる。そんなわけで国産メーカー品のホカホカカイロ30入り通常安売り価格498円が397円だったので買占めをした。

2011年11月24日 (木)

立川談志

たい焼き焼いた、カツラが落下、素手です、留守に何する、まさか逆さま、力士の仕切り、雅子さま、乾電池の沈殿か、夏まで待つな、確かに貸した、私負けましたわ、内科では薬のリスクはでかいな、カッコイイ国家、包みが3つ、自治体にいた知事、談志が死んだ・・・独自の解釈を加えた古典落語と、歯にきぬ着せぬ毒舌で人気を博した落語家で、初代「笑点」司会者、元参院議員の立川談志さんが21日喉頭がんのため死去した。75歳。関西人の私は落語家と言えばまず最初に、桂米朝を思い出すが、立川談志はちょっと別格の存在感があった。ビートたけしのブラックな笑いのルーツは間違いなく立川談志だと思う。惜しい人を亡くした。ご冥福を祈ります。

2011年11月23日 (水)

うつろな目

大手製紙会社の前会長が特別背任で逮捕された。子会社からの約106億円以外に関係会社からも数十億円の融資を受けていたようで借入総額は150億円前後に上るとみられている。これらの大金が海外のギャンブル場に露と消えたのだが、もしこれだけのお金があったら被災地で学校、病院建設など復旧に大きな力になったことだろう。この元会長が昨日謝罪のインビューに応じていたが、その表情やうつろな目の動きが気のせいか誰かに似ていた。そうだ!あの、朝令暮改で日米関係と沖縄県民の気持ちをズタズタに引き裂いた大金持ちの元総理である。元会長は小学生の時から週末ごとに飛行機で愛媛県の自宅から東京の塾に通い、東大卒の社員が家庭教師をしていた。そして東大入学後は高級外国車で派手に遊びまわっていたと言う。こんな風に育てた親が悪いのか、自覚の足りない本人が悪いのか?ギャンブルにトチ狂ったウツケ者の三代目!コピー用紙を7月から20%、段ボール原紙を11月から12%以上値上げすると発表したこの大手製紙会社!気の毒なのは客先の非難の矢面に立つ営業社員たちだ。

2011年11月22日 (火)

古川聡さん

国際宇宙ステーションに約5カ月半滞在した古川聡さんら日米露の宇宙飛行士3人を乗せたロシアのソユーズ宇宙船が日本時間午前11時26分カザフスタン中部の雪原に帰還した。昔の冷戦時代、米ソが宇宙開発競争をしていた。そんな時代を知るわれわれの世代には、日米露の宇宙飛行士が一緒に宇宙船に乗る事は想像すら出来なかった。古川さんの帰還の一言「たまったお湯のお風呂に入りたい」・・・わかるわかる。高所恐怖症、閉所恐怖症、対人恐怖症、女性恐怖症の私には絶対出来ない快挙を成し遂げられた。怖い怖いまんじゅう怖い。とにかく長い旅お疲れさんです。

2011年11月21日 (月)

ソフトバンク

昨晩2011年11月20日、日本シリーズ第7戦でソフトバンクが中日を破り「悲願の日本一」を決めた。昨年2010年11月7日、ロッテが同じく中日を第7戦で破り、パリーグ3位から「下克上日本一」を決めた。震災の影響で2週間遅れになったが、これで日本プロ野球はシーズンを終えた。野球の終了を待っていたかのように、今日は昨日より一気に気温が下がり、12月中ごろの気温になった。これで各地で晩秋の紅葉が見られることだろう。内紛で燻る巨人の人気ももはや晩秋である。清武さんの「選手を育成する」と言う考えが無視され、また昔のように大金で他球団の有力選手を買い漁る「ナベツネ商店」の愚行が復活しそうだ。杉内、ホールトン、黒田、栗原、村田など金に目がくらんで、結局墓穴を掘ることになるのは必定。人生について他人がとやかく言うことではないが、菅野君!それでも巨人に入りたいのか?

2011年11月20日 (日)

遺伝子

ブータン国王夫妻が帰国された。こんな爽やかな国賓ならいつでも大歓迎だ。ブータンやチベットやモンゴルの人たちはなんとなく日本人と似ているような気がする。そして同胞と言う気もする。反面隣国の中国や韓国の人たちは少し違うような気がする。やはり異民族と感じる。文化の違いではなく遺伝子レベルの違いでそう思う。アメリカヨーロッパの人たちから見ればアジア人はみな同じに思うかもしれない。逆に私もアメリカ、カナダ、フランス、ドイツ人が同じに見えるのと同じだ。白鵬が横綱であってもあまり違和感を感じないのはそのせいかもしれない。白鵬、日馬富士、鶴竜、旭天鵬、時天空、翔天狼、玉鷲、朝赤龍はモンゴル人である。現在大相撲の幕内42名中、日本人26名、モンゴル8名、ヨーロッパ7名、ブラジル1名で、中国や韓国人力士が幕内十両に一人もいないのが面白い。

2011年11月19日 (土)

ブータン

舌を噛みそうな名前だが国賓として来日中のブータンのジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王とジェツン・ペマ王妃の映像を見ていると実に清々しい。自ら被災地にも訪問され、衆院本会議場での演説で東日本大震災について「大混乱と悲嘆をもたらしたであろう事態に、日本国民は最悪の状況下でさえ、静かな尊厳、自信、規律、心の強さをもって対処された」と素晴らしいメッセージをいただいた。ブータンは1600年代チベットと戦闘を繰り返し1800年代にはイギリスに占領された歴史を持ち、現在は中国が虎視眈々と侵略の準備をしているとか。ブータンは国民総幸福度(Gross National Happiness )世界第一位と言われる。ブータンの人たちから学ぶべきは幸せとは物質的な満足だけではないと言うことなのかもしれない。ある意味世界で最先端を行く国なのかもしれない。

2011年11月18日 (金)

信号機

ローカルな話になるが滋賀県南部国道8号線の上鈎、高野、辻、御上神社前の4つの交差点の信号機が新しくなってからまだそれほど年数は経過していないが、信号機を換えてから渋滞がひどくなった。車の交通量に連動して矢印信号の時間を自動的に制御し、渋滞解消を図る「ムーブメント信号制御」の運用をしているそうだが、むしろ以前より走りにくくなって、イライラストレスがたまる。警視庁が開発に1億4千万円をかけたそうだが、「アホか!」と言いたい。運転者の批判を受けて、12月4日からまた元に戻すそうだが、これにも費用がかかる。警察による税金ドロボーだ。世の中の運転手が建前通り机上で考えるような行動をとらないのがこの世の中だ。現場をもっと知ってちょんまげ。
Dscn2602


2011年11月17日 (木)

青木隆治

芸にも色々ある。漫才、落語、漫談、踊り、マジック、バック転、早食い、大食い、その他宴会芸・・・何と言っても一番一般的な芸は「ものまね」である。古今東西ものまね芸は星の数ほどあるが、コロッケと青木隆治は別格である。特に驚くべきは青木隆治である。歌が抜群に上手い。しかもベテラン、若手、男性、女性何でもやってしまう声の持ち主だ。女性の物まねはどうしても声帯に無理があると思うのだが、いとも自然に歌ってしまう。この人の声帯はどんな構造になっているのだろう?これだけ多種多様な声が出せるが、本当の自分の声がわからなくなってしまわないか?YOUTUBEで青木隆治作詞作曲そして自ら歌った「言葉」と言う歌を聴いた。なかなかいい曲だが、やはり彼の魅力はものまねである。この芸を極めて欲しいものだ。

2011年11月16日 (水)

サッカー

ワールドカップブラジル大会アジア3次予選、平壌で行われた日本対北朝鮮戦、5万人の北朝鮮人民に対し、日本人サポーターは150人限定、しかも日本は日の丸、鳴り物、横断幕禁止され、北朝鮮はメガホン、太鼓の鳴らし放題、日本人が入場すると5万人の大ブーイング、FIFAが義務付ける一番基本的な精神である相手国歌を敬うと言う行為を大ブーイングでかき消す徹底振りは、まさに悪の帝国の面目躍如。幸い戦力を落として1対0で負けてあげたが、もし日本が勝っていたら、選手が殺害されるか暴行を受けるか拉致されるか想像しただけでも恐ろしい。これはスポーツではなく政治的デモンストレーションだ。無事生きて帰れただけでも成果だ。

2011年11月15日 (火)

院内清掃

病院は清潔であることがある種生命線である。今野敏著「任侠病院」と言う本を今日読み終えたが、大変面白かった。経営難で苦しむ私立の病院を立て直す話だが、経営難の原因が悪徳清掃業者の不当に高い契約金が最大の原因であったがその背後にある恐ろしい組織の圧力で契約解除が出来なかったが、男気のあるヤクザな親分が見事問題を解決すると言うストーリーだ。本にも書いていたが、病院の清掃は普通の清掃と違って、院内感染防止とか医療廃棄物の処分とか色々難しい仕事があって、素人ではなかなか参入できない業種らしい。今日、とある私立の病院に行ったが、建物自体は決して新しくないが、内部は見事に清掃されていて大変気持ちよかったが、きっと患者たちがいないところで大変な努力をされているのだと再認識した。病院の清潔さを見れば医師への信頼も高まるものだ。

2011年11月14日 (月)

昆布

日本料理の決め手は「だし」である。「だし」といえば鰹か昆布、そして煮干、干し椎茸、鶏肉などが代表的だ。その代表格の昆布は主に北海道で採れる。真昆布、羅臼昆布、利尻昆布、日高昆布などが有名だ。 北海道の昆布が昨年の20%減の記録的不漁らしい。気温の上昇?それとも津波の影響?昆布は毎日いろんな形で当たり前のように口にしているが、これが中国では昔から貴重品だった。中国の都は内陸部にあったため、朝鮮や日本から貢物として昆布が利用された事が歴史書に載っている。福島で原発事故が発生したとき、甲状腺に悪影響を及ぼす放射性ヨウ素に対して昆布が良いと言う話を聞いた。放射性ヨウ素を体内に取り込むのを防ぐためには、放射能を帯びていないヨウ素をあらかじめ体内取り込んで甲状腺をヨウ素で飽和させておくと良い。特にとろろ昆布が良いそうだ。真偽のほどはわからないが、昆布がなくなったら日本の食文化が崩壊するかもしれない。そんな昆布が今後も豊漁であって欲しいものだ。私の食事の仕上げはお茶漬けに漬物か塩昆布でサラサラ・・・である。

2011年11月13日 (日)

平凡な日曜日

7時起床。朝食後、録画してあった時事放談と東野圭吾原作NHKドラマ「使命と魂のリミット」後編を見た。なかなか緊迫感があって見ごたえがあった。少しだけバイオリンの練習をして、畑にとりあえず50本だけ紫タマネギの苗を植えた。普通のタマネギは来週あたり150本ほど植える予定だ。今野敏著「任侠病院」と言う本を50ページほど読んで、車の洗車。昼食後は近くのショッピングセンターで買い物をした。日曜の午後なのでどこも超満員である。ALP、DIO、ABC、UNQ、無印良、ニトリなどを梯子して帰宅。たくさん店を回った割には買い物をした品はほんの微少。テレビで「ゴルフ」と「大相撲」と「笑点」を見て日曜も夜が更けた。それでも盛り上がりのない白けた「日本シリーズ」は見る気がしない。ああ平凡な日曜日であった。就寝。

2011年11月12日 (土)

流行語と漢字

今年も残り50日。昨日あたりから「喪中につき云々・・・」のはがきが3枚ほど届いた。もう年賀状を準備する季節なのだ。今年は年賀状のイラストを逸早くパソコンに蓄えてある。ウサギと違って辰というのは可愛げのない干支なので面白くないが、仕方ない。辰や猪や巳をやめてラッコやリラックマやパンダを干支にしたらどうか・・・?また流行語大賞や漢字一文字が発表される頃になってきた。今年は震災関連でイロイロあった。「エダる」「風評被害」「節電」「ぽぽぽぽ~ん」「脱原発」「がんばろう日本」「メルトダウン」、他には「なでしこ」「あとは流れで」「地デジ難民」「スマホ」「Facebook」「TPP」「どじょう」・・・そして漢字一文字もやはり震災関連で「原」「放」「絆」と言ったところか?明後日あたりから最低気温が1桁になるそうだ。今年は冬が寒くなりそうで節電と相俟ってホカホカカイロの品切れが予想されているとか。買占めしようか?

2011年11月11日 (金)

シェア

日経シェア調査2012年度版を見た。自動車①トヨタ②ホンダ③日産、携帯電話①ドコモ②KDDI③ソフトバンク、コンビニ①セブンイレブン②ローソン③ファミリーマートなどは有名だ。以下日ごろ口にする食い物や薬の販売シェアを見ると、ファミリーレストラン①スカイラーク②サイゼリア③セブン&アイ、牛丼①すき家②吉野家③松屋、即席めん①日清食品②東洋水産③サンヨー食品、家庭用即席カレー①ハウス②SB③グリコ、牛乳①明治②雪印メグ③森永、第三のビール①キリン②アサヒ③サントリー、ハムソーセージ①日本ハム②伊藤ハム③丸大食品、チーズ①雪印メグ②森永③六甲バター、チョコレート①明治②ロッテ③森永、風邪薬①大正②第一三共③武田、胃腸薬①第一三共②興和③太田胃散、ドリンク剤①大正②佐藤③大鵬薬品、目薬①ロート②参天③ライオン・・・これだけ覚えたら経済通。ちょっと変わったところで国内旅行①JTB②楽天トラベル③日本旅行、衛生用紙①大王製紙エリエール②日本製紙クリネックス③王子ネピア、ICレコーダー①オリンパス②ソニー③三洋、・・・皆さん!シェア拡大のため日々お疲れさんです。本日大王製紙とオリンパスがそろって東証監理銘柄になり、上場廃止の可能性が出てきた。

2011年11月10日 (木)

視聴率

すじ雲、うろこ雲、いわし雲など秋の空はいろんな形の雲が季節を感じさせるが、今朝の空の雲はあまり見たことのない不思議な、ちょっと不気味な雲であった。ネット上でも写真入で各地から投稿されていた。地震?天変地異の予兆?まあいろいろ言う人がいるが、昔を知る私たちから見ればやはり普通ではない。最近のテレビの世界で視聴率20%と言うのは桁違いの雲の上の数字だと言われる。キムタクの「南極大陸」と菜々子の「家政婦のミタ」が20%前後の高視聴率で争っている。1話あたりの制作費は南極6000万円に対して家政婦は半分以下の2500万円らしい。視聴率に関して言えば金さえかければ良いと言うものでもなさそうだ。水戸黄門が放送打ち切りとなり、以後、連続時代劇はNHK大河ドラマ以外地上波から消えてなくなる。時代劇はセットや衣装やカツラなど制作費がかかるし、最近の若者に受けないのでなくなってゆくのは寂しい。と言うよりは、「時代劇には衣装や結髪などの専門的なノウハウがあり、途絶えれば日本文化を世界に発信するコンテンツを失う」恐れがあるという。昔は民放各局が時代劇番組を持っていた。このまま安上がりの現代劇ばかりになってしまったら、日本のテレビ文化自体が危機に陥る。還暦を過ぎた由美かおるの入浴シーンなど見たくもないが、連続時代劇の最後の砦水戸黄門は継続して欲しいものだ。ちなみに11月12日は由美かおるの61歳の誕生日である。
Kumo


2011年11月 9日 (水)

オリンパス

オリンパスが1000億を上回る損失隠しをしていたのが明るみに出た。バブル期の財テクに失敗し株価や業績に影響が出ないよう歴代社長や担当役員が損失隠しを代々先送りしてきたらしい。10月半ば2400円台だったオリンパスの株価が今日は584円まで落ち込み、東京電力並みの暴落だ。これで東証上場廃止は間違いない。オリンパスは昔は「高千穂製作所」と言う社名であった。その後「オリンパス」に変わった。日本の神話では高千穂の峰に八百万の神がいる高天原があるといわれており、オリンパス山はギリシャ神話の十二神がいるといわれている。創業当時は顕微鏡や体温計を製造する会社だったそうだ。どっちにしても今回の不祥事は、神をも恐れぬ罰当りな行為であり、創業者はこんなことになるとは想像もしていなかっただろう。

2011年11月 8日 (火)

売れ筋

私は買い物が好きなのでいろんな店に行く。またインターネットでもいろんなものが買えるので便利だ。昔は商品にお買い得とかお徳用とか表示するのが一般的だったが、最近そこで目に付くのはランキングである。売れ筋No1とか売り上げベスト10とか要するにこれが一番売れているから、多数決の論理でこれを買うのがベストな選択だといわんばかりだ。でも本当に真実を表示しているのか時々疑問に思う。店長のおすすめと言うのもよく見かける。穿った見方をすれば、売れ残ったものを売れ筋と表示しているかもしれないし、店長がすすめるということは、店が儲かると言うことであって、消費者は必ずしもいい買い物ではないかもしれない。結局は自分自身が本当に欲しいものがリーズナブルな価格かどうか見極めるべきで、一番売れているとか有名タレントの誰某が使っていると言うような訴求は無視するのが一番だ。

2011年11月 7日 (月)

終戦

私の中では昨晩、今年のプロ野球が終ってしまったという感じである。ナゴヤドームでの中日戦は、スカッとした打撃戦ではなく1点を争う試合ばかりでとにかくストレスがたまる。打線が弱すぎるのか投手が良すぎるのか、両チームともチャンスに凡打の山で、イライラして胃に悪い。これで今日からストレスの少ない健全な生活が送れると負け惜しみでも言うしかない。スワローズは優勝のチャンスであったが、主力選手の怪我や病気が続出し、残念な結果に終ってしまった。健康管理はプロとして当然のことであり、それを言い訳にすることはしてはいけないが、選手層の薄さを露呈した形だ。ただ若手も順調に育ってきたことだし、また来年に期待しよう。

2011年11月 6日 (日)

リセット

今週末、2011年11月11日11時11分11秒に何かが起こると言う噂がチラホラ。所詮数字合わせのお遊びだが、何かがリセットされるような数字でもある。仕事、家庭、病気、借金などで人生リセットしてもう一度やり直したいと考える人も多いが、それが出来ないのが人生であり、面白くもあり、奥深いことでもある。リセットしても今以上の結果が得られる保証もないし、しないほうが良い場合もあるだろう。人生はゲームではないのはわかっているが、最近はいろんなゲームにはまり込みバーチャルな世界と現実世界を混同しているとしか思えない若者が増えているのが怖い。ギリシャ経済が破綻しイタリアも同様になり、日本だって危なくなるのは時間の問題だ。国の借金がリセットできない限り、政治家は気の長い話だが毎年たとえ1兆円でも返済する決意をしないと物事は解決しない。国民が働き者であっても為政者がマヌケで自らの保身のため、無駄な金を垂れ流ししているような国は滅びる。

2011年11月 5日 (土)

錯視

YAHOOドームの野球をテレビで見ていて気になったのが「ERICSSON」の宣伝である。影までついていて、まるで芝生の上に看板が立っているように見える。ところがこれはいわゆるトリックアートである。芝生に書いた絵が、テレビカメラの位置から見ると看板が立っているように見える。これを錯視と呼ぶそうだが、結局は脳が錯覚を起すのだろう。
杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー
ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏
これも文字があがったり下がったりするのだが、誰が考えたのか面白い。パリーグ優勝のソフトバンクが今日、CSで西武を下し、日本シリーズ進出を決定した。錯覚ではない。現実である。
Dscn2590


2011年11月 4日 (金)

DeNA

紆余曲折あって、横浜ベイスターズの経営が、TBSからDeNAに譲渡されることが決まった。監督候補に野茂、佐々木、古田、長谷川、新庄など話題性の高い人選が水面下で進んでいるそうだが、セリーグに新風を吹き込んで欲しいものだ。間違っても企業の売名行為で1年で球団を売り飛ばすようなことはしないで欲しい。昔、東映フライヤーズの後を受けて日拓ホームに経営譲渡されたが1973年の1年で放棄、西鉄ライオンズの後を受けて太平洋クラブに譲渡されたが1973~76年で放棄、そのあとクラウンライターが1977~78年引き継いだが2年で放棄、国鉄スワローズから経営譲渡されたサンケイアトムズが1966~69年の4年で放棄。この時代は球団名を覚えてもすぐ変わってしまうひどい時代であった。人気凋落気味のセリーグをなんとか盛り上げて欲しい。

2011年11月 3日 (木)

タマネギ

毎日日記を書いておくと便利なこともある。昨年11月23日タマネギの苗を植えたと書いてあった。今年もその頃に照準をあわせ、今日は土作りをした。先週苦土石灰を撒いたが、今日は乾燥牛糞や化成肥料を混ぜて畑を耕した。3列15cm間隔で植えるとして、3箇所で苗が180本ほど必要だ。そんなわけで、いつもお世話になっている農家で再来週末あたりで育ちの良いタマネギの苗をわけていただく事になった。昨年植えた苗は今年5月ごろ収穫し、干しておいたら、まだ在庫として残っているので重宝だ。計算どおりに育てば180個収穫=2日に1個食べると、タマネギに関しては1年間は安泰と言う計算になる。自給自足でTPPなんか怖くないぞ。

2011年11月 2日 (水)

消費税10%

震災復興に向け日本国中、内向きに目がいっている中、野田総理はフランスのG20に出席する。ギリシャ人が怠け者とは言わないが、日本人が必死に働いても苦しすぎる異常な円高是正を総理が訴えるそうだ。ただもう一つ気になるのは2010年代に消費税を10%にすると世界に約束して来るそうだ。国内で議論もコンセンサスもない唐突な10%を、何の権限があって世界に約束するのか!誰が10%と決めたのか?気が狂ったとしか思えない。さらに外交的には尖閣諸島問題、チベット人の弾圧、虐殺に対して日本は中国に何一つ抗議しない腰抜け、対露外交も弱腰、北朝鮮拉致問題など忘れてしまったのだろうか?野田総理に物申す!日本国と日本国民を命がけで守り抜く気概はあるのか?

2011年11月 1日 (火)

赤川投手

節分に関西で人混みの中で100個豆を撒いてもスワローズファンに当たる確率はほとんどゼロに近い。それでも頑なにスワローズを応援する関西人の私。推定年俸5.0億のラミレス、4.3億の小笠原、4.0億の阿部、3.5億の高橋、1.3億の谷、1.3億の大村、1.2億の坂本を、年俸720万円の赤川が手玉に取る姿は痛快だった。セリーグCSファーストステージはヤクルトが勝った。1日だけ休みを挟んで、苦手のナゴヤドームで1勝のアドバンテージを持っている投手王国中日に勝てるとは思えないが、総力戦で一矢報いて欲しい。昨日タイムリーヒットを打った年俸1200万の森岡、750万の上田と600万円の三輪の俊足コンビ、3100万の代打の切り札藤本、そしてジャイアンツの4番とは一桁違う4100万の主砲畠山に期待しよう。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »