« サッカー | トップページ | 信号機 »

2011年11月17日 (木)

青木隆治

芸にも色々ある。漫才、落語、漫談、踊り、マジック、バック転、早食い、大食い、その他宴会芸・・・何と言っても一番一般的な芸は「ものまね」である。古今東西ものまね芸は星の数ほどあるが、コロッケと青木隆治は別格である。特に驚くべきは青木隆治である。歌が抜群に上手い。しかもベテラン、若手、男性、女性何でもやってしまう声の持ち主だ。女性の物まねはどうしても声帯に無理があると思うのだが、いとも自然に歌ってしまう。この人の声帯はどんな構造になっているのだろう?これだけ多種多様な声が出せるが、本当の自分の声がわからなくなってしまわないか?YOUTUBEで青木隆治作詞作曲そして自ら歌った「言葉」と言う歌を聴いた。なかなかいい曲だが、やはり彼の魅力はものまねである。この芸を極めて欲しいものだ。

« サッカー | トップページ | 信号機 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サッカー | トップページ | 信号機 »