« 厳寒 | トップページ | 2011 »

2011年12月26日 (月)

メジャー移籍

契約金の大小は別にして、ダルビッシュ有がテキサスレンジャーズ、青木宣親がミルウォーキーブルワーズ、中島裕之がニューヨークヤンキース、和田毅がボルチモアオリオールズ、川崎宗則がシアトルマリナーズ、そしてスキャンダルが暴露され私生活「呆れちっくす」の岩隈久志がオークランドアスレチックス・・・日本球界が多額の投資をして育て、多くのファンに支えられていたことを忘れて、次々メジャーリーガーを目指して渡米する。FAはまだ良いがポスティングシステムと言うのは「自己チュー」のゴリ押しのようで、どうしても納得できない。日本ハムはダルビッシュを売り飛ばして莫大な金を手に入れる事になる。まさに人身売買、ファンにとっては悲しいことだし、こんなことが簡単に容認されたら日本プロ野球は崩壊する。またソフトバンクはあわせて43勝した和田、杉内、ホールトンの「先発トリオ」を失くした。近年巨人は、若手を育成し、ようやく健全なチーム作りが始まったかと思ったが、お家騒動の末、また昔の札束大作戦でホールトン、杉内、そして村田を強奪。懲りないチームだ。

« 厳寒 | トップページ | 2011 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 厳寒 | トップページ | 2011 »