« 津田投手 | トップページ | 沈没事故 »

2012年1月15日 (日)

唐茶色

瀬田の唐橋は現在橋の色の塗り替えや補修のため擬宝珠(ぎぼし)が外されている。従来の橋の色は白木をイメージした「木造色」であったが、本来朱色だったのと違うかとか朱色はきつすぎると言う反対意見があったり意見が分かれ、「木造色」「木肌色」「朱色」の3色でフォトモンタージュをつくってシュミレーションされ、なんだかんだ議論している時、色の和名に「唐茶」と言う濃い茶色があって、「唐橋」のイメージに合致すると言うことから「唐茶を基調とする色合い」に決まったそうだ。滋賀県には歴史的観光スポットがたくさんあるのに観光客誘致は下手で、交通アクセスも不便だ。議論もそこそこにして観光シーズンに向けて早く工事を完成させてくれ~。

Dscn2670

« 津田投手 | トップページ | 沈没事故 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/185107/43753030

この記事へのトラックバック一覧です: 唐茶色:

« 津田投手 | トップページ | 沈没事故 »