« 蔦屋 | トップページ | 津田投手 »

2012年1月13日 (金)

改造内閣

改造内閣が発表された。マルチ商法推進派の山岡大臣、防衛の素人の一川大臣はやめて当然だ。小川法務大臣は家庭内暴力でタレントの奥さんに愛想をつかされ離婚した疑いのある死刑廃止論者だ。これで死刑囚はまた当分安泰だ。ぜひ変わって欲しかった上から目線で庶民を愚弄し続ける小宮山厚労大臣が留任でがっかりだ。平野文科大臣は鳩山元総理のご機嫌を伺うための人事と言うのはミエミエ。田中防衛大臣はミスキャスト。むしろ奥さんの真紀子さんのほうがふさわしいのではないのか?結局は岡田副総理と二人三脚で小沢一派を追い払い、消費税導入、そして解散へと進んでゆくのだろう。

« 蔦屋 | トップページ | 津田投手 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蔦屋 | トップページ | 津田投手 »