« プロ野球順位予想 | トップページ | 雨にも負けず »

2012年2月 6日 (月)

テレビCM

日本を代表する製造業が軒並み大赤字で日本沈没の様相を呈している。不況、円高、タイの洪水、三洋の買収など原因は色々あるが、パナソニックは7800億円の過去最高の赤字を計上。シャープもテレビの売り上げ不振などで2900億円、ソニーも2200億円の赤字決算を発表。こりゃだめだ。液晶テレビは今や韓国に負け、日本は周回遅れのランナーの状況である。CMと言えば以前はトヨタ、日産、花王、P&G、サントリー、コカコーラ、武田、興和など製造業が主流であったが、最近テレビの宣伝で目立つのがグリー、モバゲー、au、eo光、ドコモ、ソフトバンクなど高齢者には一体これは何の宣伝なん?と首をかしげるIT関連ものばかり。モノよりソフトが金儲けになる時代になってしまったようだ。こんな浮き沈みの激しい浮き草みたいなビジネスを続けていたら日本の産業は崩壊してしまうのではないかと危惧する。私の偏見かもしれないが、通信やゲームソフトは大半は遊びのための非生産的なものだ。そんなことに現を抜かすばかりでなく、農林水産酪農業の研究開発をし、日本人が江戸時代のように食糧自給できるようなシステムを考えたほうが生産的?だと思う。「衣食足りて礼節を知る」・・・何はともあれ食い物を確保すべきだ。

« プロ野球順位予想 | トップページ | 雨にも負けず »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プロ野球順位予想 | トップページ | 雨にも負けず »