« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月31日 (土)

合奏

桜の咲くような温暖な天気から一変して午後から寒い。日本海側は北部で雪との事。今日は久々にバイオリンの合奏レッスン日。メンバー数名集まって、年末の発表会の演奏曲の音あわせを開始した。比較的シンプルな曲だが、リズム感がちょっと難しい。年末まで月1回ボチボチやれば何とか本番で弾けるだろう。私がバイオリンを習い始めてそろそろ15年になる。腕前は救い難いほど進歩がないが、なんだかんだで今習っている曲で60曲目になった。自分の中ではレパートリー60曲だが、人前で演奏できる曲は皆無だ。それでも習い事はボケ防止になるし、趣味を通じていろんな世代の人と会話できるのが楽しい。月謝は安くないが、今しばらく続けようと思う。

2012年3月30日 (金)

大飯原発

福井にある大飯(おおい)原発の再稼働問題で、経産省の原子力安全保安院が福井県に隣接する京都府と滋賀県知事らに対し原発の安全性を報告したが、嘉田知事が言うように「福島第一原発の原因究明がはっきりできていないのに、どうして対策がとれるのか」と思うのが当然だ。福井のことをなぜ京都や滋賀の知事が猛反発するのか東京の人には理解できないかもしれないが、地図を広げてみれば理由は歴然だ。大飯原発に何かトラブルが起これば琵琶湖を直撃、すなわち滋賀京都大阪の人々の「水」に影響する。言い換えれば関西が死滅する。関西電力の原発依存率が高いのが問題であるが、保安院は経産省の中の組織で経済界から再稼動を求められたら、とりあえず安全といわざるを得ない。日本の政府は本気で国民の安全を考えているのか大変疑問だ。

2012年3月29日 (木)

ガソリン代

イランによるホルムズ海峡封鎖の話があって以来原油がどんどん値上がりし、ガソリンもじわりじわりと上がり、レギュラー160円近くまで値上がりしてきた。イランはいらん事をする国だ!まったく!幸い自家用車の燃費効率が3割ほど向上しているのでガソリン代トータルでは、さほど変化はないがいずれ堪えるだろう。ハウス栽培をする農家では、今年の厳しい寒さで油代が嵩み、悲鳴を上げておられるようだ。温度を上げないとおいしい野菜が出来ないし、温度を上げたら油代が高く採算が合わない。野菜の値段が高止まりしている原因はその辺りにあるのだろう。とは言え、今日は4月下旬並みに暖かく、花粉の飛散もピークだった。目が痒く、指がかさかさで、両手の指先がひび割れて痛い。

2012年3月28日 (水)

再稼動

私は再稼動に賛成である。と言っても風力発電の話である。滋賀県草津市の琵琶湖岸にドイツ製の風車がある。 「くさつ夢風車」と名づけられクリーンな自然エネルギーを活用し、公共施設に電力を供給することを目的として、建設費3億円をかけて2001年から稼働したが、2011年9月から故障で停止したままの状況である。根幹部分の故障なので修理に1千万円ほどかかるそうだが、このたび再稼動を目指すことになった。滋賀県は隣接する関西電力の福井県にある原発の再稼動に反対せざるを得ない立地条件にある。今回は原発と違い、風力発電所の再稼動なので費用はかかるが良しとしよう。

2012年3月27日 (火)

スタート

今日はスギヒノキの花粉が乱れ飛ぶ温かい1日だった。ようやく春らしくなった。プロ野球開幕も間近で、マリナーズやアスレチックスが日本で開幕戦を行うため来日し巨人と阪神がそれぞれオープン戦で戦った。岩隈、イチロー、川崎の在籍する外国チーム対ホールトン、ボウカー、ロメロらが在籍する日本チームの対決には少々違和感はあるが、それなりに面白かった。そして桜が開花したら春真っ盛りとなる。新学期、新入社、開幕、新番組、開花・・・日本中いろんなところでいろんなことがスタートする。

2012年3月26日 (月)

西友

一昨日野田総理が 「TPPはビートルズだ」。「日本はポール・マッカートニーだ。ポールのいないビートルズはあり得ない」「米国はジョン・レノンだ。この2人がきちっとハーモニーしなければいけない」とわけのわからないTPPへの交渉参加への決意を示した。菅前総理が何を思ったのか突然TPP加盟を表明し、民主党はなぜ参加急ぐのか理解に苦しむ。国民に中身の説明もせず、メリットデメリットを議論するのが先だ。西友がアメリカ産の米を大安売りで販売することになった。穿った見方をすれば、まだ交渉参加以前なのに西友=ウォルマート=アメリカの農産業者の圧力で、西友から日本の農産物を追い払ってアメリカ産1色に変えてしまおうと虎視眈々と狙っているのかもしれない。もっと国内議論をしてからでも遅くないと思うのだが。

2012年3月25日 (日)

26型テレビ

諸般の事情で今日テレビを買った。現在ある32型が少し大きすぎるので隣の部屋に移動し、新たに26型を買った。地デジが開始した頃に比べるとほぼ半額になっている。しかも3月末は各社決算対策で1台でも売りたいわけだから安い。私は日本人だから日本のメーカー以外は買うつもりはなかったが、買う側になれば安いのはイイコトだ。T社製の26型テレビ+1テラの外付けHDセットで4万円。設置は29日ごろになるが、洋画三昧の日々が送れるので楽しみだ。今朝もヨーグルト、昼もお粥であったが月曜から正常に働けそうだ。たぶん?

2012年3月24日 (土)

体調不良

昨晩8時に寝た。今朝6時に起床したので10時間寝たことになる。「セルベックスカプセル」「ナウゼリンOD錠」「ラックビー微粒」と言う薬を飲み、少しだけ朝食と昼食を食べ、追加で2時間昼寝をしたので、少し体調は戻ったが、体がだるい。こんな体調の時は「ポカリスエット」と「恵・生きて届けるのむヨーグルト」がなんとなくすっきりして体によさそうだ。今日は高校野球で地元近江高校が出場するので見たが、雨で3回途中中止で明日に順延になって拍子抜け。明日も宴会の予定だが、体調は戻るか?

胃腸炎

原因がわからないが、夜中胃酸が逆流するような気分で目が覚め、今朝、食事をしようと思ったら吐いてしまった。もしやノロウィルス?腹痛、嘔吐、下痢、発熱すべて当てはまる。会社には出勤したものの気分が悪かった。途中医師に診断してもらい「急性胃腸炎」との事で薬を処方してもらって帰った。何もなければ今晩業務上宴会で7000円のフルコース料理をいただくことになっていたが、断念。結局、朝昼晩食事抜きで水分補給だけ。ああ苦しい。

2012年3月22日 (木)

切り餅

切り餅を形崩れしないように焼き上げる切り込みの特許権を侵害されたとして、越後製菓が佐藤食品工業を訴え勝訴した。「サトウの切り餅パリッとスリット」など5商品の製造禁止と約8億円の賠償を命じた。製造装置の廃棄も命じた厳しい判決となった。切り餅業界で1位が佐藤食品、2位が越後製菓であるがどちらも新潟県のメーカーである。米菓業界も1位の亀田製菓2位の三幸製菓とも新潟のメーカーである。新潟県はまさに「日本の故郷」である。企業は競争に勝ち抜かなければならないが、こんなのどかな県で、ギスギスした裁判沙汰は何やら世知辛い。

2012年3月21日 (水)

泉佐野市

財政破綻寸前の大阪府泉佐野市は、企業から広告料をもらう代わりに市の名称を企業名や商品名に変更する自治体名の命名権売却に乗り出すらしい。昔、愛知県挙母(ころも)市がトヨタ自動車が本社を置いている関係で豊田市になったり、奈良県の丹波市(たんばいち)町が、宗教都市として知名度を上げるため、あえて天理市にしたりする例はあったそうだが、大阪ドームを京セラドームにしたり、渋谷公会堂をCCレモンホールにするのと意味合いが違う。泉佐野市が「ポリデント市」「おかめ納豆市」「正露丸市」「グルコサミン市」などの企業の商品名になったら、ここで生まれ育った人は激怒するだろう。女優麻生祐未や関西テレビアナウンサー山本浩之の出身地泉佐野。命名権売却よりも民間人に知恵を借りて財政再建策を考えた方が早道だ。

2012年3月20日 (火)

タイヤ交換

今年は天候の不順で今頃梅が開花しているようだが、春一番も観測されない地域も多く、変だ。三寒四温でまだまだ予断は許さないが、とりあえず今日タイヤ交換をしてもらった。オイル交換込みで1890円なり。日本人は桜の開花で春を感じる。気象庁は1955年から桜の開花予想を行っていたが2010年から取りやめた。ウェザーニューズ社や日本気象協会が桜の開花予想を発表するようになり、気象庁が発表する必要性が薄れたのが理由だ。最近は天気予報以外にいろんな予報や指数が出る。関節痛、高血圧、乾燥肌、花粉予報などの健康関連や、ビール指数、アイスクリーム指数や洗濯指数など下らないものも多い。天気予報も民間が行うとどうしてもスポンサー企業の利害が絡む。天気予報はNHKが粛々と発表するシンプルなものが一番安心感信頼感がある。キャピキャピの若いおねえちゃんの予報は天気以外のことに気が行ってしまって困る。「キャピキャピ」は「ナウでヤング」と同様、今や死語だ。

2012年3月19日 (月)

ラジオビタミン

3月は卒業式のシーズンである。ラジオやテレビ番組も3月で終了するものがいろいろある。NHKラジオで平日午前中放送されていた「ラジオビタミン」が本日最終日となった。村上信夫と神埼ゆう子の絶妙のコンビで毎日仕事中、車の中で聞くのが習慣になっていた。話の内容は幅広くて一言では言えないが、なんとなく聞いてしまうこの番組は、流れているだけで「今日は平日の午前中」だという実感があった。まさに空気のような番組だ。月曜8時の「ステップファザーステップ」も今日が最終回だ。春は別れと出会いのシーズンである。東大が秋入学に移行する予定だが、世界基準に合わせることが、逆に日本の文化や歴史や風情を変えてしまう結果となる。「グローバル」と言う魔法の言葉は本当に日本のためになるのだろうか?

2012年3月18日 (日)

話半分

今年に入ってからも寒さと乾燥、そして日照時間の不足で、野菜が育たず、葉物野菜を中心に高値安定品不足が目立つ。それでも後しばらくすると一気に暖かくなって、逆に供給過剰で、価格が暴落するような気がする。かといって自家製野菜?も今は葱とパセリ以外収穫もない。これからは趣味の菜園など暢気なことを言わず、本気で計画的に野菜の収穫を考えようと思う。(話半分で聞いてくだされ)今の予定では5~6月に玉葱、ジャガイモ、ニンニク、ネギ、そして夏野菜に移行して7~9月はトマト、きゅうり、ピーマン、ゴーヤ、トウガラシ等を収穫したい。10~11月にはイモ類、年末には大根が収穫できるよう、限られたスペースの中で農地拡大(話半分で)をコツコツ始めようと思う。時間はある。金がない。

2012年3月17日 (土)

ソーセージ

若い頃は揚げ物脂物をよく食べた。とんかつ、唐揚げ、餃子にウィンナー・・・。今はすっかりベジタリアンで、歯の事も気遣って、硬いものも控えている。子供の好きな食べ物の中にウィンナーソーセージがある。色や形や太さがさまざまだが、名前の通りオーストリア発祥のウィンナーソーセージは羊腸を使用・もしくは太さ20mm未満のもの、ドイツ発祥のフランクフルトは豚腸を使用・もしくは太さ20mm~36mmのもの、そしてイタリア発祥のボロニアソーセージは牛腸を使用・もしくは太さ36mm以上のものをいうとか。日本の食卓にもすっかり馴染んでいるが、これらの製造工程はあまり見たくないものであるし、中身に何が入っているか確認できないので、今はあまり食べたくない食材のひとつだ。日本人には同じ練り物でも、ちくわやかまぼこが体に良いような気がする。

2012年3月16日 (金)

朝日新聞

私の職場が、スギの木が生い茂る山沿いにあるので、今日は空もこころなしか黄色くかすんでいて、花粉と黄砂のダブルパンチで、なんと表現したらいいのか顔がバリバリ、目が痒く、手がざらざら、黒塗りの軽自動車が花粉と砂で洗車後も白い。助けてくれ~!空は黄色いが、巨人軍は小沢一郎同様にグレーだ。朝日新聞が巨人軍の選手の契約金がプロ野球界で申し合わせた最高標準額を超える協定違反をしていたと新聞にデカデカと掲載したものだから、朝日と読売の全面戦争必至である。震災復興を盛り上げようとプロ野球が取り組んでいる中で、なぜ今こんな記事を掲載したのか疑問は残るが、ヤジウマとしては、阪神と巨人の番外編を見ているようで楽しい。

2012年3月15日 (木)

塩麹

塩麹が今ブームだそうだ。こんなもの大昔からある。麹と塩と水を混ぜて発酵熟成させて作る日本の伝統的な調味料であるが、最近新しいレシピが続々と発表されて、塩麹が売れているそうだ。先日ある生産者から頂いたものを我が家で使っているが、前もって肉や魚を塩麹に漬けておき、炒め物などをすると何となく美味しい。日本の食文化は奥深い。TPPで、わけのわからない外国の食材が日本の食文化を破壊しないようにしてもらいたい。今晩のおかずにも塩麹が使われていた。自分が作ったわけではないが・・・。

2012年3月14日 (水)

1万円超え

日経平均株価の終値が久々1万円を超えた。復興需要が追い風となっているのか、1ドル83円前後まで円が下がったので輸出関連企業の株が買われたのか、期末の株主配当狙いの個人投資家の買いが入ったのか、理由はわからないが世の中の景気が回復してきたと言う実感は全くない。大手企業の労使交渉も、組合要求の満額回答を打ち出す自動車などの企業もあれば、厳しい回答の家電企業などもあり二極化がますます進む。とは言え所詮これは一握りの大企業での話。中小零細企業から見れば雲の上の回答。非正規雇用の労働者から見れば違う世界の話。格差は限りなく広がってゆく。

2012年3月13日 (火)

高校入試

今日も雪がちらつき、寒い。今から40数年前の話になるが、3月の中旬大阪の公立高校の入学試験を受けた。当日珍しく大雪で大阪市内も20~30cmの雪が積もったと記憶している。そんな事情で試験開始時刻が大幅に遅れた。我が家は幸いその学校から歩いて5分程度の至近距離にあったので、一旦家に帰り、態勢を立て直したが、多くの受験者は寒い中、学校で待機させられ優秀な生徒にも動揺があったのではないかと推察する。結果、中学の担任の先生の心配をよそに私がその学校の試験に合格した。試験日当日雪が降らなかったら、もしかして合格できず、その後の私の人生が変わっていたかもしれない。3月に雪を見るといつもその頃を思い出す。

2012年3月12日 (月)

食の安全

アメリカの農務省はアンモニアで防腐処理されたピンクスライムと呼ばれる加工肉を安全性に問題ないということで学校給食に出すそうだ。マクドナルドがハンバーガーへの使用を禁止しているこの怪しげな肉を子供たちに食べさせてよいのか?もしTPPに加盟すると、いろんな食品の団体からの圧力でこのような安全基準がむちゃくちゃになりそうで怖い。アメリカがこんな状態だから中国まで加盟すると大変だ。膨張剤でスイカを膨らませたり、ニワトリにバリウムを飲ませて重さを増やしたり、メラミン入りの粉ミルクやアイスクリーム、究極は毒入り餃子・・・そういえば私の大好物のコーヒー豆、昔はアフリカ、南米であったが、いまや中国雲南省プーアル市のコーヒー豆の売り上げが拡大中である。今はネスレが立会い、監視しているから良いが、いずれ怪しいルートの激安コーヒーが発売される時が要注意だ。

2012年3月11日 (日)

あれから1年

東日本大震災が発生して今日がちょうど1年目になる。365日経過しても復旧復興が遅々として進まず、政治家は何をしているのかと思う。こんな日にお笑い番組なんか放映したら顰蹙を買うとでも思っているのか、テレビ各局は申し合わせたかのように特番ばかりである。それはそれで意義のあることだか、被災地の人から見れば、こんな辛い悲しい真摯な番組よりも、もっと楽しい番組が見たいと思う人もいるのではないか?一局くらい趣向の違う番組があっても良いと思う。今日は晴れのち雨または雪。また冬が舞い戻ってきた。花粉症なのか、風邪気味なのか?くしゃみが止まらない。

2012年3月10日 (土)

土曜日

平凡な土曜日。午前予約してあった歯科医に行き、歯の治療。人間食べられなくなったら夢も希望もなくなり、おしまいだ。歯は大切にしようと思う。庭の枇杷の木が大きくならないうちに剪定。暖かくなると虫がつくので寒いうちに切るのがポイントだ。午後図書館で本を3冊借りてきた。久坂部羊著「第五番」と三田完著「モーニングサービス」、小路幸也著「花咲小路四丁目の聖人」である。バイオリンの練習を少しして、夜になった。明日は東日本大震災から1年経過した日だ。おそらくテレビは特番ばかりであろう。天気予報では、またまた寒波襲来で寒さがぶり返しそうだ。スタッドレスタイヤを交換するのはまだまだ早そうだ。

2012年3月 9日 (金)

AIR断震

テレビでAIR断震システムの家を見た。地震の揺れを感知すると、瞬時にエアーで家全体が宙に浮き、地震による震動を緩和するのである。耐震とはゆれに耐えること、免震とは揺れを逃がすこと、断震とは宙に浮かんで揺れを断つこと。家が地面から浮いていたら、地震でも安心と言うのは子供でも理解できる。これを実現したのは素晴らしい。建築基準法違反とか言う議論もあるが、これが人間の生命と財産を守るのであれば、その法律こそが間違っているのかもしれない。私は建築のことも法律のことも門外漢なので、偉そうな事は言えないが、テレビの映像を見て素直に感動し、我が家もこんな家にしたいと思った。しかし別途300万円かかるそうなので、震災時は机の下に隠れる事にしよう。

2012年3月 8日 (木)

スギ花粉

本日早朝NHKニュースを見ていたら、いきなり野球中継になり、ダルビッシュのメジャーでのオープン戦の模様をライブで放映していた。たかがメジャーの練習試合なのに政治経済重要ニュースを中断してまで放送する内容なのかちょっと疑問であるが、混沌としてラチのあかない政治や、暗い殺人事件や、飲酒運転取締り警察官の不正のニュースを見るくらいなら、ダルビッシュの晴れ姿を見たいファンも多いはず。まっいいか?昨日当たりからスギ花粉が飛散を開始したようで、外出時マスクをしている。夕刻退社時顔を洗い、手を洗い、うがいをし、目薬を常用している。やるだけのことはやって後は・・・である。

2012年3月 7日 (水)

オセロ中島

最近一番有名な人はダルビッシュでもなく野田総理でもなく、橋下市長でもなく、オセロ中島こと中島知子である。連日テレビの芸能ニュースの主役だ。私はあまりバラエティは見ないので、顔は知っているがどんな芸人かほとんど知らない。ただ京都精華大学卒で、お笑いの相方が松嶋尚美で、嫌煙家で、B’zの大ファンで、花王パイプハイターやサントリーCCレモンのCMに出演していて、日本で最後に天然痘に罹患したのは知っている。これだけ知っていたら十分か?いずれにしても早く普通のタレントにカムバック出来る事を祈ろう。

2012年3月 6日 (火)

CPU

今日は雨が上がった午後から「陽春の候」と言いたくなるような暖かさだ。春一番が吹く頃だ。春になると卒業、新学期、入社式、新年度といろいろ変化のシーズンだ。最近特に感じるのはパソコンなどIT関連商品の変化が早く、我々にはついて行けない。毎年4月にはパソコンの新製品が発売されるのに、今年は噂では、マイナーチェンジが中心のようだ。次期CPU「Ivy Bridge」の出荷が4月以降にずれ込んだことが大きな要因でCPUは引き続き、インテルCore iシリーズ「Sandy Bridge」(サンディブリッジ)のままである。春のモデルのポイントは①BDの拡張仕様のBDXL対応Blu-ray Disc(BD)ドライブで記憶容量が拡大すること、②USB2.0よりも転送速度が速いUSB3.0対応機種の増加、③省電力機能の3点だ。さらにこの秋には新しいOS「Windows 8」が登場する。とは言え処理速度が速いに越したことはないが、私にはCPUを最新にしなければならないほど急ぐ仕事もないし、譲り受けた2002年製のVAIOを捨てるにはあまりにもモッタイナイので、5000円以下の予算で、512MBを2枚ほどメモリー増設をし、超特急ではなく各駅停車を快速程度にしようと思っている。

2012年3月 5日 (月)

ビタミンE

昔、ある時期私は、ビタミンEが生活習慣病や老化対策に万能の働きをすると信じていた時期があった。ビタミンEは抗酸化作用により、体内の脂質の酸化を防いで体を守り体内の細胞膜の酸化による老化や、血液中のLDLという悪玉コレステロールの酸化による動脈硬化などを予防すると聞いていた。それはある意味事実なのだが、最近の研究ではビタミンEのサプリメントを過剰に摂取すると骨が減ってもろくなる骨粗しょう症になると言う衝撃的な研究結果が発表された。カルシウムを摂らないと骨粗しょう症になると言われ、カルシウムのサプリメントをのみ過ぎると腎臓結石になると言われ、迷ってしまう。要はサプリメントではなく自然食品をバランスよく摂ればよいのだ。

2012年3月 4日 (日)

普通の日曜

2月には入って目の充血が続いていたので先日眼科に行き診察してもらった。その後目薬の効果で徐々に回復してきた。今朝は町内の総会が行われたが、今年は特に問題もなく、役員の改選もなく、静かに終了した。参加賞の弁当を頂いて帰宅。午後は雨が降っているので自宅待機。びわ湖毎日マラソンを見て、バイオリンの練習を少しして、梁石日(やんそぎる)著「大いなる時を求めて」を読み始め、後はお決まりの日曜パターン「笑点」「サザエさん」を見て、韓国ドラマ「イ・サン」の録画設定をして就寝と言う財布にやさしい出費ゼロの休日であった。なんと言うこともない普通の日曜日であった。普通に暮らせるのは幸せだと言うことだ。

2012年3月 3日 (土)

じゃがいも

今日はちょっと寒かったが晴天だったのでジャガイモを植えた。メークイーンと男爵を少しずつだが植えた。種芋を切って乾かしておいたものに灰を少々塗して株間30cm深さ7~8cmで植えた。土は連作は避けて去年と違う場所に事前に苦土石灰少々、乾燥牛ふん、油かす、化成肥料を混ぜてある。芽が出てからのポイントは3~4本の芽を2本程度に芽かきする事、土寄せで畝を高くすること、追肥に化成肥料をまくこと・・・かな?5月にたまねぎ、6月にジャガイモとニンニクが収穫される予定だが、何しろ素人の家庭菜園なので結果は?である。初夏に自家製たまねぎ&ジャガイモでカレーに肉じゃがが食べられるか?

2012年3月 2日 (金)

エルピーダメモリー

今日の日経平均株価の終値が9777円と堅調であるが日本の景気が上向いてきたと言う実感は全くない。日経平均株価とは東証一部上場銘柄約1700社の中から代表的な255銘柄を平均したもので、いろんな記録が残っている。史上最高の終値は1989年12月29日38915円、バブル崩壊後の最安値は2009年3月10日7054円、一日最大の下落幅はブラックマンデーの1987年10月20日の▲3836円、一日最大の上昇幅は1990年10月2日の+2676円・・・・・DRAM(ダイナミック・ランダム・アクセス・メモリ)世界第3位のエルピーダメモリーの経営が行き詰まった。日本を代表する日立NEC三菱が参加し2004年東証一部上場し、税金を投入して国が支援したにもかかわらず破綻。社長は円高や競争激化を原因だと言うが、それはモノづくりの企業どこにでもある理由で下手な言い訳に過ぎない。DRAMだけにこだわった経営者の判断ミスが最大の原因だ。こら~社長!おまえら税金で支援をしてもらってるのに、ちゃっかりボーナスも、もらっとったやろ!税金を返せ~!

2012年3月 1日 (木)

怒ってます

I-PADの商標を巡って中国がアップル社を訴えた。いまさら言うまでもないが中国は国家ぐるみの盗賊である。盗賊が世界を代表する優良企業を裁くと言うこと自体ばかげた話だ。インネンをつけ、損害賠償と言う金を強請る。エルメスやマイケルジョーダンのブランドをパクリ、ドラえもんやハローキティでさえ平気で偽者を作る。CD・DVDの海賊版はやりたい放題。こんな文化程度の低い三流国家でビジネスをすること事態無謀だ。世界の企業は目先の利益のために中国進出をしているが、早く目を覚まして撤退すべきだ。さらに言うならこんな盗賊国家が国連常任理事国としてのさばっているのは許しがたい。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »