« ガソリン代 | トップページ | 合奏 »

2012年3月30日 (金)

大飯原発

福井にある大飯(おおい)原発の再稼働問題で、経産省の原子力安全保安院が福井県に隣接する京都府と滋賀県知事らに対し原発の安全性を報告したが、嘉田知事が言うように「福島第一原発の原因究明がはっきりできていないのに、どうして対策がとれるのか」と思うのが当然だ。福井のことをなぜ京都や滋賀の知事が猛反発するのか東京の人には理解できないかもしれないが、地図を広げてみれば理由は歴然だ。大飯原発に何かトラブルが起これば琵琶湖を直撃、すなわち滋賀京都大阪の人々の「水」に影響する。言い換えれば関西が死滅する。関西電力の原発依存率が高いのが問題であるが、保安院は経産省の中の組織で経済界から再稼動を求められたら、とりあえず安全といわざるを得ない。日本の政府は本気で国民の安全を考えているのか大変疑問だ。

« ガソリン代 | トップページ | 合奏 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ガソリン代 | トップページ | 合奏 »