« 26型テレビ | トップページ | スタート »

2012年3月26日 (月)

西友

一昨日野田総理が 「TPPはビートルズだ」。「日本はポール・マッカートニーだ。ポールのいないビートルズはあり得ない」「米国はジョン・レノンだ。この2人がきちっとハーモニーしなければいけない」とわけのわからないTPPへの交渉参加への決意を示した。菅前総理が何を思ったのか突然TPP加盟を表明し、民主党はなぜ参加急ぐのか理解に苦しむ。国民に中身の説明もせず、メリットデメリットを議論するのが先だ。西友がアメリカ産の米を大安売りで販売することになった。穿った見方をすれば、まだ交渉参加以前なのに西友=ウォルマート=アメリカの農産業者の圧力で、西友から日本の農産物を追い払ってアメリカ産1色に変えてしまおうと虎視眈々と狙っているのかもしれない。もっと国内議論をしてからでも遅くないと思うのだが。

« 26型テレビ | トップページ | スタート »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 26型テレビ | トップページ | スタート »