« 尖閣購入 | トップページ | 嫌なCM »

2012年4月18日 (水)

バイオリンケース

今一番欲しいもの、それはバイオリンのケースである。購入後20年以上経過したので、さすがに老朽化してきた。昔のケースは丁寧に作ってあるので長持ちしているが、重い。逆に最近のは軽くて頑丈だ。BAM、GL、イーストマンは高いし論外。日本製では東洋、岩本、アルファ、韓国製のLANGなどがあるが今は東洋かLANGどちらにしようか迷っている。東洋の定価42000円をどこまで値切れるかがポイントだ。30%OFFなら買いだが20%ならちょっと迷う。とりあえずは現在ので、問題はないのでもう少し検討してみよう。安いときに買うか、欲しいときに買うか、どのタイミングで買うのが一番得か。それはケースバイケースだ。それより演奏技術をもうちょっと上げないとケースが泣く。

« 尖閣購入 | トップページ | 嫌なCM »

コメント

ヴァイオリンケースの購入、楽しみですね〜! たくさんのメーカーをご存じなので感心してしまいました。今はオシャレで軽く、丈夫なのがたくさんあって迷いますね。
私は最初Langの赤・ワニ革風のにしようかと思いましたが、先生と色違いになるのが気恥ずかしくてやめました(汗)。ブログにも書いたチョコレートブラウンのを狙っていますが、私の場合、腕だけでなく中身の楽器をグレードアップしないとケースが泣きそうです…。
いいタイミングで、お気に入りのケースをお迎えできるといいですね♪

やっぱりおいらは日本人だ。日本経済発展のために日本製を買う事にしよう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 尖閣購入 | トップページ | 嫌なCM »