« 会談 | トップページ | クールビズ »

2012年5月31日 (木)

白血病

録画した「徹子の部屋」と言う番組を帰ってから見ることがある。今日は浅野史郎さんだ。元宮城県知事で現在は慶応大学教授。改革派知事として連日テレビに出演し、売れっ子コメンテイターであったが2005年成人T細胞白血病に感染している事が判明し、長い闘病生活が続き、骨髄移植の成果で退院して現在に至っているとの事。抗がん剤の副作用で、髪が抜け、顔も丸顔になられ、全く別人のようだが、政治信条は別にして、病名をオープンにし、ありのままの自然体でテレビに出演されている姿に、同じ病気で苦しんでいる人に勇気を与え、その姿に敬意を表したい。血液の病気と言えば私が大ファンであった夏目雅子さんを思い出す。急性骨髄性白血病で27歳で亡くなったが、骨髄バンクとかドナー登録と言う言葉がまだあまり知られていなかった時代、まさに「美人薄命」の悲しい出来事であった。

« 会談 | トップページ | クールビズ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 会談 | トップページ | クールビズ »