« 大移動 | トップページ | 竜巻 »

2012年5月 6日 (日)

原発停止

北海道電力泊原発3号機が止まり、日本の原発50基が全て停止になった。揚水発電に期待が集まっているが、原発が停止したら夜間の余剰電力も少なくなり、やや期待薄だ。原発反対論者は無責任に喜び、電力関係者は再稼動を急ぐが、どちらが正しいか迷うところだ。原発を使わないで日本国中節電をして乗り切れるのならそれに越したことはない。いつまでも応急的に火力発電に依存していたらコストが嵩む。ソーラーパネルのついた住宅も、産業を後押しするほどの電力供給は出来ない。長い目で見れば水資源の豊富な日本だから水力発電を増やせばよいが、当面の対策にはならない。先日近所の24時間営業のスーパーに行ったが、外から見ると閉店ではないのかと思うほど暗く感じたが中に入れば買い物には何の支障もない。100%の明るさに慣れ親しんだ感覚を国民一人ひとりが60%程度で抵抗もなく過ごせたら計画停電も防げるかもしれない。「街の灯りがとてもキレイねヨコハマ」を「街の灯りがマジでクライねヨコハマ」にすれば良い。下らない事を書いている時間を短縮し、パソコンの電源を切ろう。

« 大移動 | トップページ | 竜巻 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大移動 | トップページ | 竜巻 »