« 足がつる | トップページ | 大移動 »

2012年5月 4日 (金)

どくだみ

今日は少々寒い。朝から日ごろ出来ない家の周りの草引きをした。ターゲットを「どくだみ草」に絞り込んで抜き始めた。どくだみ草は根が深いので適当に抜いておくとまたすぐ大きくなってくるので根こそぎ抜かないといけない。臭いもきついので厄介だが、地上部分を乾燥させて十薬という生薬になり利尿作用や動脈硬化の予防にもなるし、漢方では解毒剤として重宝がられ、抗菌作用もあり、また白い花のようなものが咲き見方によっては可憐な感じがする。なんだかんだでゴミ袋一杯抜いてすっきりした。でも薬草なのに何で「どくだみ」と言う名前になったのか?それは、漢字で書けば「毒矯み」・・・毒を抑えると言う意味らしい。「矯」の字は矯正歯科とか言われるように抑える、正すと言う意味だ。漢字で書けば納得。

« 足がつる | トップページ | 大移動 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 足がつる | トップページ | 大移動 »