« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月31日 (火)

アーチェリー

銀メダルを取って暗い顔をして反省ばかりしている選手、銅メダルを取って喜びに満ち溢れた顔をしている選手、人生いろいろ選手もいろいろである。水泳の銅メダルラッシュは素晴らしい。水泳と言えばかつては予選敗退が定位置だったが時々金メダルを受賞する人もいた。 1972年ミュンヘンで100平の田口信教、100バタの青木まゆみ、1988年ソウルで100背の鈴木大地、1992年バルセロナで200平の岩崎恭子、2004年アテネで100平200平の北島康介、800自の柴田亜衣、2008年北京で100平200平の北島康介。こうやって見ると北島康介はずば抜けて素晴らしい選手だが今回はちょっと変?ここまでの結果で特筆すべきはアーチェリー女子団体の銅である。日本国中ほとんど注目すらしていなかった、おおよそ体育会系らしくない川中、蟹江、早川の活躍はサプライズだった。明日からもサプライズを期待しよう。

2012年7月30日 (月)

旗判定

柔道男子66キロ級の海老沼匡選手と韓国のチョ・ジュンホ選手との準々決勝で、旗判定が覆るハプニングがあった。勝負は日本の海老沼選手が明らかに勝っていた。しかし畳の上にいる審判3人は韓国選手の勝ちと判定。畳の横でビデオを見ているジュリーという審判からの異議で、旗判定が覆り、日本の海老沼選手の勝ちとなった。結果的には正しい判定だが、私の知る限り、柔道では畳の上にいる審判の決定は絶対で、たとえ間違っていても従うのが柔道だ。だから柔道の審判は真剣で高いレベルが要求される。ビデオで覆るのなら、審判は要らない。オリンピック柔道は、私の知る柔道とは別物のスポーツなのかもしれない。柔道といえば谷亮子国会議員が4年後40歳でリオのオリンピックに要請があったら出るという。スポーツはそんなに甘いもんやおまへん。田村で金、谷でも金、ママでも金、小沢一派の議員でも金。ただし「キン」とは読まず「カネ」と読む。

2012年7月29日 (日)

唐揚げ

猛暑が続く。35度を超えるとエアコンなしでは耐えられない。今朝「ガッチリマンデー」と言う番組で美味しい唐揚げ特集があった。鶏にモーツアルトを聞かせるとおいしい唐揚げができるとか?午後はエアコンの効いた部屋で優雅にモーツアルトを流しながら昼寝をした。美味しい唐揚げになりそうだ。幸い午後4時過ぎに突然の雷鳴と豪雨で、とりあえず涼しくなった。オリンピックも時差の関係で、同じ録画映像ばかりの繰り返し放映で面白くない。テレビも地デジとBSのチャンネルが増えたが見たい番組はない。テレビを目的もなくダラダラ見るのも馬鹿馬鹿しいし、結局スイッチを切ってしまう。何もしない日曜日であった。

2012年7月28日 (土)

開会式

我が家は川や空き地や畑に囲まれ、風通しがよく、夜も涼しいが、さすがにこの2~3日はエアコンを入れて寝ている。今朝は6時ごろからオリンピックの開会式を見た。素晴らしい演出だ。最後のポールマッカートニーのパーフォーマンスはさすが貫禄だ。とは言えこれから毎日どこのチャンネルでもオリンピック映像が流れるのはちょっと疲れる。オリンピックの放送はNHKと民放2社くらいに抑え、通常の番組も見られたらいいのにと思っても、視聴率至上主義の昨今は、率の稼げるオリンピック映像優先と言うことになる。がんばれニッポン!それなりに。メダルをたくさんとって外貨獲得をしてほしい。まさか金メダルを裏返して見たら「made in china」つーことはないだろう。

2012年7月27日 (金)

今日は岐阜県多治見で38.5度。毎度おなじみの館林、熊谷、豊田、京田辺などでも37度超えの猛暑日だった。反面最近の阪神タイガースは冷めていて、精彩がないが、大阪には元気なタイガーがいる。タイガーと言ってもタイガーマスクやタイガー魔法瓶ではない。先週大阪の西心斎橋アメリカ村にオープンしたデンマークの激安雑貨チェーン「タイガー・コペンハーゲン」である。いわばデンマークの「百均」で、オープン直後売れすぎて臨時休業するほど大盛況だそうだ。一度行ってみたい。アジア1号店が東京でなく、大阪と言うところが面白い。安いものを歓迎し、派手好きの関西人にピッタリだ。最近人気に陰りの見えたアメリカ村で起死回生の店だ。

2012年7月26日 (木)

堪忍袋

中国で大洪水、アメリカで大干ばつ、トウモロコシが全滅、牧草が枯れ牛の肥料もなく、肉業界も大ピンチ。また諸物価値上げなのか?それに消費税値上げが追い打ちをかける。暑い暑い、日本で連日の猛暑。関西で大飯原発が再稼働していなかったらどうなっていたのだろう。まさに関電の思惑通りの天候になってきた。日本人は基本的にまじめだから節電思想が定着して来たが、これだけ暑さが続くと堪忍袋の緒が切れそうだ。北朝鮮の金正恩に付き添う女性が夫人と判明。たのしく遊園地で戯れる映像が流された一方、オリンピック会場で北朝鮮女子サッカーチームを紹介するのに電光掲示板に韓国国旗!これでは北朝鮮チームも堪忍袋の緒が切れた。レイズファンも堪忍袋の緒が切れ、松井秀樹に戦力外通告。イチロー松井が陰と陽。人生悲喜こもごもだ。なでしこジャパン、初戦勝ったくらいで驕るなかれ。先は長いぞ。

2012年7月25日 (水)

金メダル

プロ野球後半戦がきょうから始まるが、いよいよロンドンオリンピックが始まる。NHKも民放も桁違いの放映権料を支払って報道するようだ。当然オリンピック映像は好むと好まざるとにかかわらず連日どのチャンネルも流れる事だろう。レギュラー番組が2週間余り中止されるのはちょっと不満だが、仕方ない。日本の金メダル予想をしてみた。9個程度か?水泳の「北島康介」「星奈津美」、体操の「内村航平」、レスリングの「吉田沙保里」「伊調馨」、柔道「福見友子」「中村美里」ハンマー投げ「室伏広治」、射撃「松田知幸」こんなもんかなと予想する。「なでしこ」は私の予想ではメダルなしの4位である。時差の関係で、私の場合ライブ映像は100%見ることはない。オリンピックに左右されることなく9時半就寝、4時半起床を堅持して行きたい。

2012年7月24日 (火)

イチロー

イチローがマリナーズからヤンキースにトレードされた。発表直後の古巣相手との試合に出場させるのは実にアメリカ的だ。38歳と言えばプロ野球選手としては峠を少し越えた頃。日本にも山本昌、金本、下柳、山崎、桧山、石井、宮本、谷繁、前田、小久保、和田など40歳を越えた現役選手も活躍しているから、まだ働けると思うが・・・。双方のチームの事情が合致してトレードに至ったとはいえ期待が大きいほどプレッシャーも計り知れないものがあるはずだ。サラリーマンの転勤とは、また一味も二味も違うのだろう。本拠地がアメリカの西海岸から東海岸に移り、心機一転、活躍を期待しよう。追っかけの川崎ムネリンはどうするの?背番号31で喜ぶのは「サーティーワン」アイスクリームの関係者?

2012年7月23日 (月)

歯磨き

5年ほど前から歯をまじめに手入れしている。朝昼晩の食後の歯磨き、夜は歯間ブラシ、デンタルフロスも併用している。年4回程度歯科でクリーニングもしてもらっている。それでも60年程度酷使してきた歯は元には戻らない。ただ現状より悪くならないためにひたすら手入れをしている。宇宙飛行士の歯磨きの話を聞いたことがある。基本的に歯ブラシを動かすと体の方が動いてしまうのでどこかに体を固定しなければならない。しかも磨いた後ゆすいだ水を外に出すと水玉になって空中を漂うので基本は水は飲み込むのだそうだ。気持ち悪い話だ。

2012年7月22日 (日)

WBC

第3回WBCに不参加を表明した日本プロ野球選手会を支持したい。オリンピック種目から除外された野球で、世界一を決める「ワールドカップ」のような大会なので野球ファンとしては参加してほしいが、本質はアメリカの組織に利益の大半が入って行くというシステムには賛同出来ない。第1回の時は収益のうち賞金を除いた組織配分で、MLBと大リーグ選手会に35%配分されたのに対してNPBにはわずか7%だった。第2回の時もMLBと大リーグ選手会に66%配分されたのに対してNPBにはわずか13%である。しかもスポンサー企業は日本マクドナルドやアサヒビールなど大半が日本企業でありアメリカ企業はあまり金を出さない。サッカーのFIFAワールドカップでは、出場する参加国に当然に認められているような代表チームのスポンサー権とか代表グッズの商品化権が認められていない。結局は日本は金を出し、利益はアメリカに還元されるということだ。日本が敗戦国ゆえに国連に多額の出費をさせられて、それが常任理事国の利益に反映されている国連のシステムに似ているように思えてならない。野球ファンとしては残念だがこんな大会はボイコットするのが当然だ。

2012年7月21日 (土)

発泡酒

昨日今日猛暑の谷間でちょっと涼しいので助かる。とは言え最近は火曜金曜以外は毎日ビールを飲む。発泡酒や第3のビールを毎日たくさん飲むよりおいしいビールをメリハリをつけて少量飲む方が健康的で結果的には経済的だ。ビールと言えばサントリーが発泡酒の販売をやめるそうだ。高級なモルツか第3の金麦に特化するようだ。そもそも発泡酒を最初に発売したのもサントリーだ。当時ホップスの値段が安かったのでよく買ったものだ。発泡酒を最初に発売したのも、最初に撤退するのもサントリーだ。先見の明があるのだろうか?来週からまた暑さが「復活」しそうな雰囲気だ。

2012年7月20日 (金)

交通違反

無免許運転、飲酒運転、速度超過を交通3悪と言う。警察は身内には甘いが一般市民に対しては厳しく取り締まっている。反面、最近の交通取り締まりは、陰湿かつ理不尽である。見通しのよいところで安全確認をしても、車が物理的に停止していないと検挙される。交通取り締まりの目的はいったい何なのか?安全運転の啓発、それとも反則金を増やすこと?団塊の世代の警察官が定年後大量に天下りし、そいつらを養うために多額の金を捻出しなければならない。結果として、罰金反則金額アップを図らなければならない。1967年、警視庁は交通取締りに関して以下の通達を出している。①交通取締りにあたっては点数主義に堕した検挙のための検挙や取締りやすいものだけを取締るといったことを避ける。②危険性の少ない軽微な違反は警告に留める。③身を隠しての取締り、予防制止すべきものを黙認し、検挙してはならない。④速度違反の検挙は車両の流れの先頭車両や流れを乱す車両を重点的に検挙する…ところがこの通達は2000年に廃止になった。最近は覆面パトカーを駆使し、木の陰に隠れて善良な市民のちょっとした過失につけ入り、反則金を巻上げて行く。以前新聞沙汰にもなったが、飲酒していないのに飲酒運転を捏造して実績を上げようという不埒な警察官が問題になった。警察官は少々乱暴でも「こち亀」の両津勘吉のように市民に愛され、信頼される正義の味方でなければならないが、今や軽蔑すべき罰金集金マシーンだ。取り締まりにあたる警察官も新人の頃はおそらく正義感に燃え正義を貫く高い理想を持っていたはず。昇進のためには木の陰に隠れ姑息なことをして魂を売るのだろうか?取り締まりの本来の目的を思い出してほしい。

2012年7月19日 (木)

周回後れ

Windows8が10月26日発売されるとか?1990年代はじめ、私が始めてパソコンを触った頃、OSはWindows3.1だった。富士通のパソコンで、表作成はエポカルク、文書作成はエポワードと呼んでいた。文明の夜明け?で手書きした方がはるかに早い仕事も、わざわざパソコンで作成して喜んでいた。その後、「95」「98」「2000」「Me」「XP」「vista」「7」と出て来た。とりあえず「vista」以外はすべて体験した。そのたびに新しいパソコンを求めたりアップグレードソフトを入手したり、Microsoftはじめメーカーの思う壺にはまっていた。今回も「7」のノートパソコンを買ったとき「8」へのアップグレードが格安に出来ると言われたが、いまさら最先端を追い求める年齢でもあるまいし、周回後れでもいいかと思ったりする。われらと同年輩の人たちが集まった席で「これ見よがし」にスマホを「見せびらかす」やつがいるが、パソコンを使っていたらスマホだって要らない気がするので、当面は通話とメールのみの折りたたみ携帯で納得している。

2012年7月18日 (水)

三すくみ

自転車に乗っていると歩行者が邪魔だと思う。乗用車に乗っていると自転車が邪魔だと思う。歩いていると乗用車が邪魔だと思う。日本国中自己中ばかり。「石」は「はさみ」をうち砕き、「はさみ」は「紙」を切り刻み、「紙」は「石」を包み込む。これを三すくみと言う。ヘビはカエルを一飲みにする。ヘビには負けるカエルだが、相手がナメクジならばやすやすと舌でとって食べる。だがカエルに食われるナメクジにはヘビの毒は効かず、身体の粘液でヘビを溶かしてしまう。ヤクルトは巨人戦6勝3敗、巨人は阪神戦10勝3敗なのに阪神はヤクルト戦5勝4敗。ああ三すくみ。広島が絶好調でヤクルトのお尻に火がついた。

2012年7月17日 (火)

TPOINT

3日続きの猛暑の中、群馬県館林市で気温39・2度を記録。関東甲信と東海、近畿、中四国で梅雨明けが発表された。レンタルのTSUTAYAのT-POINTカードはコンビニのファミリーマートでも使えるし、毎日新聞の購読料に応じてポイントがつくが、このたび関西のドラッグユタカでも使えるようになった。先日虫刺されの薬を買って初めて利用した。しかし、素朴な疑問として、医薬品の購入は、かなり個人情報にかかわるのでちょっと怖い。たとえば育毛剤を買ったらその情報がカツラ業界に流れて、思いもよらないダイレクトメールが来るとか、医薬品の内容によっては個人の知られたくない深刻な病状がわかってしまい、患者の尊厳とかプライバシーが守られなくなる心配があるように思う。どんな企業も形式的には個人情報保護と言っているが、所詮建前で、わずかなポイント欲しさにカードを利用して、バレバレになってしまうのは覚悟する必要がありそうだ。

2012年7月16日 (月)

桑名正博

昨日に引き続き、今日も35度を超える猛暑。38度台のところもあったとか。桑名正博さんの容態が極めて悪いのが心配だ。「セクシャルバイオレットNo1」が流行っていたころ私もほんの少し仕事上この歌に関わっていた。また桑名さんとは1996年、あるイベントがあり、その関係で知人から「マハロ」と言う下田逸郎作詞による7曲入りの渋いミニアルバムをいただいた。女性の視点から男性を描いた歌をさらりと語るように歌ういいアルバムだ。ほとんど洋楽しか聞かない私ではあるがこのアルバムは大切に保管している。関西にこだわり、ロック歌手でありながらギターの弾き語りで聞かせる異色の歌手だ。がんばれ桑名正博!

2012年7月15日 (日)

プレス姉妹

東京オリンピックをリアルタイムで知っている人間には10月10日が開会式と言うイメージがあるが、ロンドンオリンピックは7月27日開幕である。8月12日の閉会までまでテレビはオリンピック一色になるのだろう。アメリカの投資銀行ゴールドマンサックスの予想では日本は金メダルを8個とるそうだ。米ソ冷戦時代はアメリカとソ連がメダル争いをしたものだ。当時ソ連チームにタマーラプレスとイリーナプレス姉妹と言う砲丸円盤投げとハードルの女子選手がいて、ぶっちぎりの強さで金メダルをとった。私が子供のころ二人の女子選手を見て「絶対男子だ」と確信した。そう言う疑惑がマスコミでも浮上して以来、二人はスポーツ界から消えた。その後ソ連は崩壊し、今はアメリカ対中国の国威をかけたメダル争いが行われている反面、経済効果が前面に出た商業オリンピックに様変わりしている。昔は選手も参加することに意義があったが今はメダル獲得で賞金をたくさん貰い、将来タレントに転身することが目的になっているようだ。

2012年7月14日 (土)

鰻自慢

お中元のシーズンとは言え最近は贈るほうもいただく方お年々縮小気味だが、今年はなんと素麺、ビールと、今年は食べられないと諦めかけていた鰻が届いた。早速昼間から鰻丼である。ちょっと自慢したくなる。「鰻」という字と自慢の「慢」の字が何となく似ている。高い湿度でバテ気味の体が何やら気分的に元気になったような気がする。家庭菜園の野菜も順調で、特にモロッコインゲンと中玉トマトと青紫蘇が大豊作である。ジャガイモ、タマネギ、トウガラシ、キュウリも一定の成果を得て、おいしい食材に囲まれて幸せな人生である。先週ゴーヤを種から育てた苗を数本とモロヘイヤを植えた。今日から3連休のプチ夏休み。大雨被害の地域には申し訳ないが、私は自宅でのんびりさせてもらいます。

2012年7月13日 (金)

蒸し暑い

昨日久々、地元のしゃれた和食の店で業務上宴会があり、少々飲みすぎで、サワヤカでない朝を迎えた。今日は気温30度、湿度80%を越える超蒸し暑い一日だった。でも熊本県他九州の記録的豪雨で多くの人が亡くなられ行方不明も含めた大災害を思えば贅沢は言ってられない。2年前なら確実にエアコンで除湿をしているところだが、最近は団扇と扇風機で対応し、行動パターンも変わってしまった。今日は13日の金曜日。これといった事故もなく1日が終えた。最近毎週火曜と金曜は夕食後車で外出をするので禁酒日となっているので適度に健全な生活サイクルとなっている。いつまで続くやら。

2012年7月12日 (木)

代理支払

今日は午前に葬儀参列、夜は業務上宴会、色々「おめしかえ」に忙しい一日だ。ところで昨日発表のあった、存在する必要すらない新党「国民の生活が第一」の選挙時などの略称はどうなるのだろう。「国民」では国民新党とかぶる。「生活」では通販か生協のようだ。「第一」では昔の銀行名のようだ。この際新党「小沢」でいいのでは。今日、知人が一旦停止看板が設置されたばかりの極めて見通しが良いところで検挙された。安全は確実に確認したが完全に停車してなかったとのことで罰金を申しつけられた。警察も「安全確認」という本来目的は守っているのに「車輪が完全停止していない」という建前を優先し金を稼ぐ陰湿な組織だ。代理で私が反則金の振り込みに郵便局に行って帰り際に局員から「ありがとうございました」と言われた。患者が医者にお金を払ったら「お大事に」と言う。違反で落ち込んでいる人に対して「ありがとうございました」はないと思う。せめて「ご愁傷様」だろう。

2012年7月11日 (水)

パンダ

パンダの赤ちゃんが死んでしまい、せっかく盛り上がったパンダ商戦もTHE ENDである。とらぬパンダの皮算用になってしまった。大きなマイナスの経済効果だ。逆に連日宣伝効果抜群なのが維新の会の親分橋下市長だ。朝日新聞はじめ連日顔を出すのが橋下市長とその「金魚の糞」のような松井大阪府知事だ。よいニュースも悪いニュースもとにかく橋下市長をマスコミが大宣伝している。谷垣総裁では地味すぎて絵にならない。まんまと宣伝に加担させられた格好だ。マスコミのお陰で橋下市長は宣伝費要らずで、今や全国区の顔だ。新聞社の使命って何なのか、発行部数を増やすためには何でもありなのか?パンダのような人気者政治家ばかりでなく、いろんな信条主義の人たちをバランスよく報道するのが大切なのではないか?もう一度胸に手を当てて考え直して欲しい。

2012年7月10日 (火)

信条

文化や信条の違いはいろんな場面でいろんな衝突がある。イランの警察当局は西欧文明の象徴であるネクタイの販売に対し規制強化を始めた。坊主にくけりゃ袈裟までにくいのか?サイエントロジーが宗教団体なのか営利団体なのかは知る由もないが、それが原因でトムクルーズが離婚するとか?当人しかわからない問題だ。民主を追い出されたら国民生活第一?かつての上司?総理大臣に対してズケズケ失礼な発言。自分たちが党に在籍中出来なかったくせに何をいまさら白々しいことを言うのか?国民の心に響かない意味不明で中身のない餃子の皮のようだ。昨日の友は今日の敵。国民第一ではなく自己保身第一。

2012年7月 9日 (月)

移動コンビニ

滋賀県東近江市などで、先月から週2回セブンイレブンが移動販売を始めたらしい。いよいよここまで来たかという印象だが高齢者には待ちに待ったサービスだ。近隣に生鮮食品を購入できる商店がほとんどないので住民はマイカーで10~20分、マイカーのない人は2時間に1本運行するバスを利用して、最寄りの市街地・八日市に出かけているとか。コンビニも、出来ては潰れる繰り返しをするくらいなら、最初から移動販売をしたほうが売り手も買い手も双方メリットがある。ところで、移動式コンビニで立ち読みはできるのか?・・・都会人はコンビニがあるのは当たり前だと思っているが、世間は広い。日本も広い。

2012年7月 8日 (日)

太陽光

我が家では2011年の夏7・8・9月は2010年比で約30%節電した。今年2012年そこからさらに節電するのはかなり厳しい。とりあえずエアコンは極力使用せず、どうしても使う場合も2か所に限定使用する予定だ。さらに西日が当たる台所兼食事場所の窓に農業用遮光ネット(85%カット)を680円で購入してすだれ代わりに窓に取り付けた。園芸用品だが多少効果は期待できるだろう。あとは猛暑の休日はスーパー、図書館などに出向いて涼む予定だ。別に関西電力に義理立てするつもりはないが、電気依存度を少しでも下げてみようと思う。ソーラー発電を自宅でされている人の話を聞いたら、いまは国の補助金もあるし、電力を高く買ってくれるので儲かっているそうだ。しかし悪い施工業者に頼むと、施工後雨漏りがするとか苦情も多いとか。また200万円ほどお金があったら蓄電設備も設置したほうが良いとか話を聞いた。我が家には5年ほど前3800円?で買ったソーラー式で電池いらずの防犯ライトが活躍している。夜遅く帰ってきても、勝手口に近づくと明々とライトが点灯し、鍵穴がはっきり見えて太陽の恵みで重宝している。

2012年7月 7日 (土)

パンダ

パンダの出産でまたまた大騒ぎだ。オスだが親が育児放棄した模様で、飼育員が育てることになる。しかし赤ちゃんも所有権は中国にあるそうだ 。どうせ2年後に返還するのである。日中友好もくそもない。名前は「センセンカクカク」に決まりだと思っていたら石原東京都知事も同じようなことをコメントしている。考えることは誰も一緒だ。東京スカイツリーに続き、上野動物園がまたまた新名所として復活だ。スカイツリー饅頭にパンダパン。しっかり稼いで景気回復に貢献しておくれ。

2012年7月 6日 (金)

無責任

大津市の中学2年男子生徒の自殺問題、先生も教育委員会も陰湿ないじめの事実を知っていたのになぜ止められなかったのか?いじめた生徒は絶対許せないが、それを放置した大人に使命感も倫理観も何もないのか!・・・乗客106人が死亡した尼崎JR脱線事故で、業務上過失致死傷罪で起訴されたJR元幹部たち3名は無実を主張。であれば自然災害ではない事故で106名も亡くなられたのにだれも責任がないと言うことか?企業の社長会長が給料をたくさんもらっているのは責任をとる責務があるからだ。代表者として失格、まさに屑のような奴らだ。原発事故調査委員会は福島の事故を人災と断定。東電の無責任と菅総理以下政府の過剰な介入が事故を拡大させてしまったと説明。責任者は誰だ?

2012年7月 5日 (木)

地球半周

今日は、仕事で県北部まで約130kmほど車で走った。昨年6月購入した公私混同の自家用車が1年で2万キロ走破したことになる。と言うことは地球半周したわけだ。高速に乗ったこともないし、県外に出たこともない。ただひたすら県内チョロチョロの積み重ねだ。自動車の運転はあまり好きではないが、高齢になると多少とっさの判断力が鈍る。テレビのニュースでコンビニやスーパーに突っ込む車の運転手は特にデータを取ったわけではないが大抵75歳以上だ。決まり文句は「アクセルとブレーキを踏み違えた」である。また制限速度50kmのところを後続車のイライラにはかまわず30kmで悠々と走るのも大抵は高齢者だ。個人差はあるが75歳を越えたらよほどの特別な身体能力がある人や他人のために活動する人は別として、基本的に車は運転しない方が世のためだ。

2012年7月 4日 (水)

大飯再稼働

明日の朝、大飯原発3号機が発電再開。脱原発も経済界の圧力で腰砕け。ただこれを政争の具にして、国会議員は無駄な時間と金を浪費するのみ。そりゃ~本音を言えば安全性が確保されているのであれば、節電もそこそこに、エアコンの効いた涼しく快適な暮らしがしたい。とは言え、せっかく日本国中節電のムードが高まり、化石燃料や原子力を使った電力への依存度が下がるのは望ましいと思う。故郷を追われた福島の被災地の皆さんの心情を思うと複雑な心境だ。我々一般国民は、ただ事故のないことを祈るばかり。

2012年7月 3日 (火)

除籍

民主党は消費増税関連法案の衆院採決で反対し、離党届を提出した小沢一郎ら衆院議員37人を除籍処分とし、離党はしない意向の、親から45億円のお小遣いをもらったバカボン鳩山由紀夫は党員資格停止6カ月となった。 寄せ集めの集団もこれである程度すっきりした。一つ理解に苦しむのは、選挙区で支持されていないのに知名度だけで民主党比例区で当選した谷亮子のような議員が党を除籍されたらその時点で国会議員の資格を失うのが筋と思うのだが・・・。疑惑だらけの小沢議員は大義も理念も政策もないのに新党を立ち上げるとか。党名は未定だが、私が考えたら「国民愚弄党」か「新党悪党」で決まりだ。

2012年7月 2日 (月)

大学の同窓会

昨日は大学時代の同窓会のような会合に参加した。中学高校時代のクラス会は定期的に参加しているが大学卒業40年以上ブランクを経て顔を合わすメンバーが数名いて、懐かしくまた自分の記憶の空白部分が埋まった感じだ。ご指導いただいた教授は、現在80歳を超えておられるが、今なお言語明瞭で背筋が伸び、若々しいお姿を目の当たりにし、私の事も記憶の片隅で覚えていただいていたので、感動した。大阪の高級ホテルだったで会費の割には食べるものがなかったのが残念だが、高級ホテルとはそんなものだ。終了後ラウンジでコーヒーを飲もうと思ったが1杯1600円なので、別の場所でお茶を飲みながら友と歓談した。所詮私はブランドとか一流とか高級に無縁の小市民なのだ。

2012年7月 1日 (日)

計画停電

この夏も天候不順の中、家庭菜園でそれなりの成果が出ている。先日は我が家で収穫したジャガイモとタマネギとキュウリのポテトサラダを食べた。究極の贅沢だ。モロッコインゲンも豊作で、今日はミニトマト第1号を収穫した。また産地で格安にしてもらってメロンや完熟トマトも食べ、ベジタリアン生活を満喫している。今年も猛暑になりそうでバランスのとれた食生活で夏場を乗り切ろう。夏は節電にも取り組まないといけない。先日関西電力から計画停電になった場合のエリアとスケジュールを書いたはがきが届いた。穿った見方をすれば「原発再稼働に反対したらこんな目に遭うぞ」と言う強迫状ともとれる。福島の事故を目の当たりにして、大半の日本国民は脱原発を誓ったはずだ。消費税を巡って馬鹿げた権力闘争に明け暮れる暇があったら、政府も脱原発を貫いて代替エネルギー開発に本気で取り組んでほしい。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »