« 唐揚げ | トップページ | アーチェリー »

2012年7月30日 (月)

旗判定

柔道男子66キロ級の海老沼匡選手と韓国のチョ・ジュンホ選手との準々決勝で、旗判定が覆るハプニングがあった。勝負は日本の海老沼選手が明らかに勝っていた。しかし畳の上にいる審判3人は韓国選手の勝ちと判定。畳の横でビデオを見ているジュリーという審判からの異議で、旗判定が覆り、日本の海老沼選手の勝ちとなった。結果的には正しい判定だが、私の知る限り、柔道では畳の上にいる審判の決定は絶対で、たとえ間違っていても従うのが柔道だ。だから柔道の審判は真剣で高いレベルが要求される。ビデオで覆るのなら、審判は要らない。オリンピック柔道は、私の知る柔道とは別物のスポーツなのかもしれない。柔道といえば谷亮子国会議員が4年後40歳でリオのオリンピックに要請があったら出るという。スポーツはそんなに甘いもんやおまへん。田村で金、谷でも金、ママでも金、小沢一派の議員でも金。ただし「キン」とは読まず「カネ」と読む。

« 唐揚げ | トップページ | アーチェリー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 唐揚げ | トップページ | アーチェリー »