« zenni | トップページ | ムンバイ »

2012年8月28日 (火)

善意

スペイン北東部の教会にあるキリストのフレスコ画が、高齢の素人女性によって変に修復され、キリストがサルに変身してしまったが、修復後の絵が逆に大人気となる現象が起きている。フレスコ画とは、砂と石灰を混ぜて作ったモルタルで壁を塗って、その上に水だけで溶いた顔料で、絵を描く方法である。ちょっと絵心のある普通のおばさんの善意で行ったものだが善意と言うものは難しい。「善意とは相手によい結果導こうとして行為を行なう気持ちを指す。対義語は悪意で、相手のよくない結果を望む心を指す」と辞書にある。善意は時として有難迷惑になったり、出しゃばりになったり、逆に他人に不快な思いをさせることもある。親切が余計なお世話になる・・・何かとこの世は住みにくい。

« zenni | トップページ | ムンバイ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« zenni | トップページ | ムンバイ »