« 金2つ | トップページ | 増税 »

2012年8月10日 (金)

国旗

ロンドンオリンピックも終盤にさしかかってきたが、今回は審判の問題と共に国旗にかかわる不手際も目立つ。究極は北朝鮮と韓国の旗を間違えて表示したとか、ロンドン市街地に台湾国旗が掲げられ中国が強行に抗議して撤去させたとか、陸上の表彰式でアメリカの旗が地上に落下してしまったとか政治色の拭いきれないオリンピックだ。ただいつもとちょっと違うのは表彰式の国旗掲揚や国歌をあまり聞かない。たまたま私がその時間テレビを見ていないのかもしれないが、昔は日本選手が金メダルを取って日の丸がメインポールに昇ってゆく映像を見て涙したものだが、今回はその姿をあまり見ない。そのかわり、日本選手がメダルを取ると、アナウンサーだけでなく解説者やタレントたちがハイテンションになり、我を忘れて、絶叫する姿は、愛国心とはまた別次元の、実にみっともない姿だ。メダル獲得数を競い国家間の競争をするような冷戦時代の延長のようなオリンピックはもう沢山だ。個人やチームの運動能力を競うのがオリンピックであり、国威発揚に利用するのは時代錯誤だ。男子サッカー、女子バレーいずれも3位決定戦の相手が韓国である。韓国の李明博大統領は党の人気凋落を食い止めるためのパーフォーマンスなのか、竹島にやってきた。この時期にこんな愚挙をなぜするのか?

« 金2つ | トップページ | 増税 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 金2つ | トップページ | 増税 »