« パンケーキ | トップページ | 小籔千豊 »

2012年9月18日 (火)

反日

中国での反日暴動はますますエスカレートする。日本企業や店舗、車両など破壊、略奪する行為は愛国心以前の問題であり、歪んだ反日教育の結果である。彼らは理性とか、倫理観とか、法律を守る社会性と言うもの持ち合わせていないのだろうか。それとも現在の政治体制に対する不満が爆発したのだろうか。日本企業は大きな市場、大きな利益を求めて次々に中国に進出した。今こそ、利益優先で中国進出をし日本経済を空洞化させてしまった反省をすべきである。モノづくりの原則は日本人が日本国内で作るのが大局的に見て一番正しいように思う。そうすれば日本の若者の働く場が回復し失業者も減る。安い賃金を求めて劣悪な国に行き、挙句の果てが日本人攻撃では何をやっているのかわからない。私はいつも思うのは中国人は悪いとは決して思わない。こんな教育をした一握りの中国共産党独裁政府が悪いのである。日本人は中国に行ったら殴られるが、中国人は日本に来ても歓迎こそすれ危害は加えない事を思い知るべきだ。明日も破壊活動が続くのか?

« パンケーキ | トップページ | 小籔千豊 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パンケーキ | トップページ | 小籔千豊 »