« 栗拾い | トップページ | モーツアルト »

2012年9月24日 (月)

無農薬

家庭菜園の枯れ枝や葉を整理をしたら場所が出来たが、さて何を植えるか?いろいろ悩んで、昨日チンゲンサイとダイコンの種をまき、とハクサイとレタスの苗を少しずつ植えた。葉物野菜は農薬を使わないと確実に虫に食われて葉がレース状にされてしまうが、かといって農薬はあまり使いたくない。スーパーで売っているものは当然農薬を使っているから見た目がよいのだが、この兼ね合いでいつも悩む。農薬を使うべきか使わざるべきかそれが問題だ。最近素朴な疑問が起こってきた。無農薬は本当に安全で美味しいのかと言う疑問である。しかも無農薬野菜は値段がやや高い傾向がある。植物は病害虫などのストレスを受けると体内に天然農薬とも言われる生体防御物質を生成するそうだ。そういうストレスを受けた野菜や果物よりも、適度の農薬を使って野菜や果物の成長のストレスを解消したものの方が順調に育ち、美味しいのではないか、さらに言えば農薬を使った野菜よりも、無農薬のものを食べる方がアレルギーが発生する確率が高くなるという話も聞く。結論とすれば適度の最小限度の農薬は使ったほうが良いのかも。・・・・悩む。

« 栗拾い | トップページ | モーツアルト »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 栗拾い | トップページ | モーツアルト »