« 狂っている | トップページ | 風情 »

2012年9月 3日 (月)

ユニフォーム

今年のプロ野球を観戦していて思うのは、復刻版のユニフォームを着用している機会がすごく多いと言うことだ。高齢のファンから見れば往年の名選手を思い出して懐かしいのかもしれないが、若い人から見れば珍奇なユニフォームでカッコ悪いと思うかもしれない。大阪タイガースのユニフォームは別当、藤村が着ていたからカッコいいので、メッセンジャーやスタンリッジが着ても何か違和感がある。そして何より、通常のユニフォームがどんなだったか混乱してわからない。ユニフォームは年々マイナーチェンジされる。弱いから球団が縁起を担ぐのかも知れない。しかしユニフォームはチームの象徴であり、コロコロ変えるべきではないと思う。これと決めたら球団も選手も誇りを持って着用し全力プレーをする。結果良い結果も残せる。弱いのはユニフォームのせいではないのだ。

« 狂っている | トップページ | 風情 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 狂っている | トップページ | 風情 »