« ベストセラー | トップページ | 100歳 »

2012年9月13日 (木)

隔世の感

1960年代、関西のプロ野球球団はデパートと関わり合いがあった。阪急ブレーブス、阪神タイガース、近鉄バッファローズ・・・私が小学校の頃は近鉄パールズだった。大阪の百貨店と言えば、梅田に阪急と阪神、北浜に三越、心斎橋に大丸とそごう、難波に高島屋、日本橋に松坂屋、阿倍野に近鉄があった。阪神や高島屋や近鉄は庶民的、三越は敷居が高い、阪急はお洒落、松坂屋は中途半端、など個人的な印象であるがそれぞれに店の個性があった。その阪急が三越伊勢丹に圧倒され劣勢であったが、今年の11月満を持してグランドオープンする。2年後オープンするあべのハルカスとともに大阪はますます面白くなりそうだ。世の中がどんどん変化し隔世の感がある。歳をとったなあと、ちょっとさみしくなる。

« ベストセラー | トップページ | 100歳 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ベストセラー | トップページ | 100歳 »