« 吉田沙保里 | トップページ | 西部劇 »

2012年10月 6日 (土)

ネジリ鎌

Img10474649349


家庭菜園で何が一番大変かと言えばやはり草引きである。引いても引いても出てくる。雑草だって生きる権利があるのだが、エンドレスの戦いである。しかし草引きは意外と精神衛生上効用がある。暇なとき、ストレスがたまったとき、ふとネジリ鎌やスコップを持って草引きを行なうと気が鎮まり、きれいになって気持ちが良い。猛暑の時や大雨の時は出来ないし、虫刺されのリスクは大いにあるが適度な運動にもなる。いわば大人のための砂遊びだ。とくにネジリ鎌は便利だ。関西ではネジリ鎌とはあまり呼ばないが、では何と呼ぶのかと言われても知らない。スコップ程度の大きさで先がくにゃっと曲がっていて、雑草の根を切ったりそれを集めたり何かと重宝だ。草引きは終わりのない戦いで果てしない。

« 吉田沙保里 | トップページ | 西部劇 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 吉田沙保里 | トップページ | 西部劇 »