« シェールオイル | トップページ | 吉田沙保里 »

2012年10月 4日 (木)

樫本大進

今日の午後NHKでバイオリニスト樫本大進が出演した番組を録画で見た。33歳の若さで日本人がオーケストラの最高峰ベルリンフィルのコンサートマスター。これだけでもとんでもなくすごいことなのに、樫本と言う名前は最近聞くようになった。コンマスはサッカーで言えばキャプテンのようなものだと説明しておられたが、世界最高峰のオーケストラの中に世界から集まってきた百戦錬磨の演奏者を、33歳の「若造?」がまとめて行くのはただ単に演奏が上手いだけでは出来る事ではない。技術と人柄いろんな要素を兼ね備えていないと出来る仕事ではない。ロンドンで生まれニューヨークで育ちドイツで本格的にバイオリンを学んでいたわけだから、ほとんど外国人だ。コンスタンチンリフシッツのピアノ伴奏で、ソリストとして日本人で初めてベートーベンのバイオリンソナタ全曲を録音開始したそうだが、出来上がりが楽しみだ。ただ貧乏なので買えそうもない。

« シェールオイル | トップページ | 吉田沙保里 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シェールオイル | トップページ | 吉田沙保里 »