« ネジリ鎌 | トップページ | 順位 »

2012年10月 7日 (日)

西部劇

今日は秋晴れの好天なのだが、時々突風のような風が吹く奇妙な天候だ。外出しない休日は極めて暇なので畑で大根の間引きをして、ついでにホウレンソウとチンゲンサイの種をまき、あとは読書と、録画した映画を見た。エドハリス主演の「アパルーサの決闘」と言う究極の西部劇である。日本の劇場未公開の2008年の作品である。悪い奴らに牛耳られている町にやや老けた二人のガンマンが保安官として雇われ、悪と戦う。そこにしたたかに生きる一人の女性が絡んで、静かに進行し、会話が面白く、しかも緊張感のある、久々に面白い西部劇を見たという印象だ。映画の後は今野敏著「確証」を一気に読んでしまった。刑事ものを書かせたら今野敏はピカイチだ。明日も休日。ちょっと得した日曜日であった。

« ネジリ鎌 | トップページ | 順位 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ネジリ鎌 | トップページ | 順位 »