« 順位 | トップページ | 小塚ゴシック »

2012年10月 9日 (火)

山中教授

京都大iPS細胞研究所長の山中伸弥教授のノーベル医学生理学賞受賞が決まったのは明るいニュースだ。まだ50歳と言う若さも驚きだ。難しいことはわからないが、体のあらゆる細胞になることができるというiPS細胞の開発に成功したと言うのは今後の医学の発展に大きく寄与するだろう。「最終目的はあくまで病床にこの技術の恩恵を行きわたらせること」「医学への本当の貢献をこれから実現させなければいけない」と言う本人のコメントはその通りだと思う。今後は特許とか色々問題が出てくるだろうし、この技術を悪用すると、倫理的な問題提起されるリスクはあるのがちょっと怖い。ノーベル賞を受賞したら本人の生活も大きく変わるだろうし、今まで付き合いのなかった人が「あいつは俺と小学校の同級生や」とか「俺の中学校の1年後輩や」とか「俺と同姓同名や」とか「俺の実家と家が近所や」とか、つまらんことで知人が増えるのが気の毒だ。山中伸弥教授の座右の銘は「人間万事塞翁が馬」だそうだ。私と座右の銘が同じやん。・・・有名になったら、知人、友人、遠い親戚が増えるのが世の常だ。

« 順位 | トップページ | 小塚ゴシック »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 順位 | トップページ | 小塚ゴシック »