« どさくさ | トップページ | シェールオイル »

2012年10月 2日 (火)

論功行賞

内閣の改造が行われるといつも出てくる「論功行賞」と言う言葉にはどんな意味があるのか?「功を論じて賞を行う」・・・功績の有無や大きさの程度を調べそれに相応しい賞を与えると言うことらしい。早い話がご褒美とかお駄賃なのだ。赤松、鹿野、原口を応援したものにはご褒美がなかった。ノーサイドで各グループからバランスをとって人選するのではなく、メリハリがついた今回の顔ぶれだ。大臣と言うポストはもう一つ違う側面がある。そのポストに相応しい能力がなくても長年議員をつとめた最後の花道で任命する場合もよくある。昔、サービス残業やパワハラが当たり前だった時代、サラリーマン社会でも人事の評価は成果だけではなく、上司から見て敵か味方か、素直か反抗的か、好きか嫌いかと言う判断基準で決まる場合がよくあった。仕事が出来てもごますりの下手な部下はバカを見る・・・そんな状況を何度も見てきた。論功行賞と言っても、結局は人間が人間を評価するのであるから公正なものにはならない。人を裁くのは神のみぞできる行為だ。

« どさくさ | トップページ | シェールオイル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« どさくさ | トップページ | シェールオイル »