« ジャイアンツ | トップページ | 卓袱台返し »

2012年11月 5日 (月)

遅咲き

Not in Education, Employment or Training ・・・ニートは日本では15〜34歳の年齢層の非労働力人口の中から学生と専業主婦を除いて求職活動に至っていない者を言うそうだ。昔だったら、厳密にいうとニュアンスは違うが、プータローとか穀潰しとか呼ばれてバカにされたものだ。今日ではNEETと横文字で呼ばれ、それでもなお負のイメージがあるという理由で大阪ではレイブル(LATE BLOOM)=遅咲きと呼ぼうと言う動きがある。呼び方が変わっても社会環境や本人の意思や主体性が変わらない限り何の意味もない。演歌歌手じゃあるまいし、遅咲きなんぞ自慢にもならない。若者よ、しっかりせんかい!かくいう私も48歳でバイオリンを習い始めた超遅咲きデビュー?であるが、スタートが遅れれば遅れるほど進歩もしないのは歴然である。趣味はともかく、生きるために働く、そのスタートラインに立てないのは、哀れだ。教育が悪いとか環境が悪いとか他人のせいにするのは簡単だが。

« ジャイアンツ | トップページ | 卓袱台返し »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジャイアンツ | トップページ | 卓袱台返し »