« 中村勘三郎 | トップページ | »

2012年12月 7日 (金)

忘年会

昔は、仕事柄、接待されることは稀で、大抵飲んでも酔ってはいけない接待する側であった。朝日新聞によると、最近の忘年会は女性に配慮することが重要なポイントのようだ。いい宴会にするための7か条を読むと①必ず下見をする②靴を脱ぐかどうか事前に参加者に知らせる③禁煙を冒頭に宣言する④女性のためにサラダとデザートは充実させる⑤飲み放題でノンアルコールを充実させる⑥二次会の予約は一次会の前半にする⑦記念写真の公開は慎重に・・・などである。昔の宴会とは様相が一変している。1980年代前半、自分が参加した忘年会を思い出してみると、無礼講だと上司が言うが翌日しっぺ返しがある。酒を飲まない人間は仲間はずれにされ酒を無理やりすすめられる。セクハラ発言が飛び交う。喫煙者は灰皿がないと大騒ぎしタバコは吸い放題。カラオケを歌うことを強要する。二次会で泥酔する。・・・今は昔の物語。

« 中村勘三郎 | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中村勘三郎 | トップページ | »