« 2012年世界の動き | トップページ | 投票率 »

2012年12月17日 (月)

選挙結果

衆議院選挙の結果、民主の自滅と第3極の足並みの乱れで、タナボタの自民公明の圧勝に終った。そして衆議院480の議席が自民294、民主57、日本維新54、公明31、みんな18、日本未来9、日本共産8、その他9に再配分された。現職大臣の藤村官房長官、田中文科相、樽床総務相、下地郵政相、中塚金融相、城島財務相、小平国家公安、三井厚労相が落選。田中慶秋、仙谷由人、鉢呂吉雄、平岡秀雄、平野博文、川端達夫、鹿野道彦、小宮山洋子などなど大物先生も落選して普通の「おっさん・おばさん」に戻った。自公が圧倒的に支持されたと言うわけでもない。とりあえず「昔の名前で出ている」古い体制の自民にもどして、むちゃくちゃの国政を立て直そうと言う選択だったようだ。要するにこの3年は空白の3年であった。そこに大震災が日本に試練を与えたと言う事だ。衆議院で3分の2を取ったわけだから、衆参ねじれていても、何でも与党が可決できるわけだ。決められる政治になりそうだが、独走暴走がちょいと心配だ。自公は驕るなかれ、民主の捲土重来を期待しよう。日本維新にも新風を期待しよう。そして誰がなんと言おうと市長や知事を兼務しながら党首になるのは、地方を愚弄していると私は思う。

« 2012年世界の動き | トップページ | 投票率 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2012年世界の動き | トップページ | 投票率 »