« 愚痴は言うまい | トップページ | 大気汚染 »

2013年1月30日 (水)

体罰

スポーツの世界での体罰が社会問題化している。大阪市立桜宮高校のバスケットボール部主将が体罰を受けた後に自殺した問題。そして今度はロンドン五輪の柔道女子日本代表など15人が指導陣から暴力やパワーハラスメントを受けてきたとして日本オリンピック委員会に連名で告発した。五輪前の強化合宿で園田監督やコーチに、平手打ちや竹刀で殴打され、指導と言う名の体罰を受けていたことが判明。暴力は指導とは違う。これらは指導と言う名をかりた傷害事件だ。情熱が高じて暴力をふるったと言い訳するバカがいるが、本当に指導力のある人は暴力は振るわない。また本当に愛情に満ち溢れた立派な指導者だとしたら、少しくらい暴力を振るわれても選手は告発などしないはずだ。しかも組織は事実を隠ぺいするものだ。学校も、東電も、かつての相撲協会も、全柔連も不祥事を隠す。組織とはそんなものだ。

« 愚痴は言うまい | トップページ | 大気汚染 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 愚痴は言うまい | トップページ | 大気汚染 »