« 雨にも負けず | トップページ | 引き籠り »

2013年1月 1日 (火)

年賀状

また1年の始まりである。朝7時に起床。親族と共にお節をいただき、一年の平安を祈り、正月といえども昼食はコーヒーとパンを食べ、スマホで戯れ、本を少し読み、年賀状を読み、出した人と来た人との照合をマメにチェックし、出していないのにいただいた人12名に年賀状を書き、投函。年賀状から相手の心情を読み取ることは難しい。毎年義理のような気がして来年から年賀状のやり取りをやめようと思っていた人から年賀状が届くとやはり返事を書いてしまう。逆の立場からすれば、せっかく年賀状を出したのに相手から元旦に届いていない事に少なからず不快な思いをされているかもしれない。また、こちらが気を利かし過ぎて、相手が80歳以上の高齢だから返事をいただくのが申し訳ないと思って出さなかった人から年賀状が届いたら、配慮がアダになってちょっと後悔の気持ちになる。色々あって今年もたくさんの方々から年賀状をいただいた。アナログの慣習であり極めて日本的なものだが、手書き部分が添えてあると電子メールでは味わえない温かみを感じる素晴らしき慣習であると思う。

« 雨にも負けず | トップページ | 引き籠り »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨にも負けず | トップページ | 引き籠り »