« レジ袋 | トップページ | アルジェリア »

2013年1月17日 (木)

787

ボーイング787が連日トラブルを起こしている。燃料漏れ、バッテリー問題、操縦室の窓ガラスにひび、電気系統の不具合、ブレーキの不具合とオイル漏れ・・・ボーイングはアメリカ製だがバッテリーは京都のGSユアサ製、構造材には東レの炭素繊維が使われている。バッテリーが悪いのかシステムが悪いのか?最新鋭機とは言え不安がいっぱいだ。東京でオリンピックが開催された1964年、橋幸夫と吉永小百合がデュエットした全日空のイメージソング「そこは青い空だった」の歌詞を今でも覚えている。「北の端から、南の端から、夢のジェット機727(セブンツーセブン)。恋をしましたおあいては、紺のスーツに紺キャップ、ああそこは青い空だった、日本の青い空だった♪」である。記憶に間違いがなければ・・・。ボーイングも今や窮地。歌っている場合ではない。

« レジ袋 | トップページ | アルジェリア »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レジ袋 | トップページ | アルジェリア »