« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月28日 (木)

ヨイトマケ

美輪明宏と言えば変なおばさん?おっさん?だが昔は丸山明宏と言う個性的で男前のシャンソン歌手だった。ただちょっと異質だったのが「 ヨイトマケの唄」であった。親子の情、働くことの美しさ、まじめに生きると言うこと、いじめ問題などいま日本が抱えている道徳的な問題を包含した素晴らしい名曲である。「土方」と言う言葉が職業差別だと言う理由だけで40年以上ずっと日陰に追いやられた歌が昨年あたりから再評価され見直されているのが面白い。道徳教育を徹底的に批判し、日本人の倫理観をズタズタに引き裂いてしまった日教組。今こそヨイトマケの唄を聞きながら、昔の日本人の素晴らしい道徳観倫理観を見直したいものだ。

2013年2月27日 (水)

気球

日本人4人を含む19人が死亡したエジプト南部ルクソールの熱気球事故は、楽しいはずの旅を悲劇に一変してしまった。オプショナルツアーでの事故は自己責任とは言え悲しい話だ。気球と言えばジュールベルヌを思い出す。「十五少年漂流記」「地底旅行」「神秘の島」「海底二万里」「八十日間世界一周」など奇想天外なSF作品をたくさん残しているが「気球に乗って五週間」では気球が出てくる。気球には昔から夢とロマンがある。もう一つ気球で思い出すのが1960年代私の最も好きなコーラスグループであるフィフスディメンションの「ビートでジャンプUp,Up And Away」である。この曲は発売された年のグラミー賞年間最優秀レコード賞など4部門受賞した大ヒット曲であり、ジムウェッブの最高傑作だと思う。歌詞の出だしを訳してみると「私のすてきな気球に乗りませんか、いっしょに星のまにまに浮いていることができます、あなたと私。だって私たちは飛べるんですから、空高く高く、私のすてきな気球」・・・そんな感じの爽やかな名曲だ。それでも事故はやっぱり悲しい。

2013年2月26日 (火)

物忘れ

最近、物忘れが激しい。一昨日もテレビドラマ「とんび」を見ながら吹石一恵の名前を思い出すのに30分かかった。テレビを見ていて俳優女優の名前がなかなか出てこないとか、昨晩何を食べたかとか、ひどいときには、何かを取りに来たのに何を取りに来たかすぐ思い出せないなど、私も老いぼれ、いよいよ怪しくなってきた。物忘れの原因として考えられるのが、一時的な記憶を司る「海馬」と、脳の司令塔である「前頭葉」の衰えで、脳は使わなければどんどん衰え、物忘れをそのままにしておくとアルツハイマー型認知症などへ進行してしまう可能性が高いと言われている。海馬を強化する方法として良いのは、「日記」を書く事だそうだ。日記を書くことにより、「直近の出来事を思い出す」作業が必要になり、海馬に程よい刺激が加わり、海馬の強化につながるとか。前頭葉を強化するには、簡単な計算問題を解くのが良いそうだ。その繰り返しで前頭葉が活性化されるらしい。まだまだ老いぼれるのは早い。日記を書き続け、小銭の勘定でも毎日していたら良いのかも。

2013年2月25日 (月)

白黒

日銀総裁が白から黒に替わった。白川方明から黒田東彦にバトンタッチ。二人とも読みにくい名前だ。方明は「ほうめい」「かたあき」ではなく「まさあき」と読むそうだ。では今度の東彦は「ひがしひこ」「とんひこ」「あずまひこ」ではなく「はるひこ」と読むそうだ。苗字は白から黒、名前も方明の「あき」から東彦の「はる」になる。総裁が替わっても庶民には何ら関係なさそうだ。ガソリン代も上がるし消費税も上がるし・・・税金と言えば昨日日曜だと言うのに税務署付近は車で大混雑。税金をとるときは役人も休日出勤するのか?自営業の皆さんはスーツもネクタイもパソコンも飲食費も何でもかんでも経費処理が出来て羨ましい。金持ち階級は高級外車を仕事で使い経費とし、償却期間が過ぎたら、車を売り飛ばしてまた収入を得る。100%給料から税金を抜き取られるサラリーマンが一番バカを見る。こんな不公平を無くすよう白黒つけてほしい。

2013年2月24日 (日)

キテレツ

テレビアニメで、木手英一、野乃花みよ子、尖浩二、熊田薫・・・と言えば「キテレツ大百科」に登場した人物だ。通常キテレツ、みよちゃん、トンガリ、ブタゴリラと呼んでいた。ドラえもんの野比のび太(のび太)、源静香(しずかちゃん)、骨川スネ夫(スネオ)、剛田武(ジャイアン)と登場するキャラクターがよく似ている。「キテレツ大百科」にはコロ助というからくりロボットも登場し、人間のように食事もし、好物はコロッケである。最近テレビアニメを見る機会はないが、ドラえもん、キテレツのような、つみのない、ほのぼのとしたテレビアニメがないような気がする。これもギスギスした現代社会を反映しているのだろうか?2代目みよちゃんの声を担当していた本多知恵子さんが2月18日、49歳の若さで亡くなられた。

2013年2月23日 (土)

呉越同舟

レスリングがオリンピック種目からなくなる瀬戸際で、関係者が動き出した。何と政治的に敵対するイランとアメリカの関係者が手を結んだのは驚きだ。たかがオリンピックと私は思うが、レスリング存続のため、命がけで戦っている敵国と手を結ぶのは、面白いと言ったら語弊があるが、されどオリンピックである。こういうのを呉越同舟と言うのか?古代オリンピックの代表的な種目は短距離走、幅跳び、円盤投げ、やり投げ、レスリング、ボクシングである。そのレスリングが消えてなくなると言うのは如何なものか?吉田沙保里さん、伊調馨さん!ALSOK体操なんかやってる場合じゃないぞ!

2013年2月22日 (金)

油代

円安の影響なのか?油代が高くなってきた。油と言っても食用の天ぷら油、サラダ油、燃料用のガソリン、灯油、美容用のサンオイルやクレンジングオイルなど様々あるが、私は燃料用の油のことを言っている。レギュラーガソリンが155円/Lとなっている。灯油も100円/Lだから18Lで1800円!10年前と比べたら2倍くらいになっている。昔は石油ストーブを使っていた時期もあったが、手が汚れ、手間がかかる。それでも安いのが魅力だったが、今はそうではなさそうだ。やはり自然エネルギーを急いで採算ベースにのせる努力が急務だ。仕事ではよく「油を売る」が「油を買う」のはこれからますます厳しくなりそうだ。油で思い出したが、私は仕事でジーゼルエンジン車に乗る機会が多く、スタンドでは軽油を入れる。しかし自家用車は軽自動車だが、レギュラーガソリンを入れる。軽油とレギュラーガソリンというネーミングはやはり混乱する。軽自動車に軽油を入れたら故障する。軽油と呼ばずにジーゼル油と呼ぶほうがええのとちゃう?いまさらどうでもええけど。

2013年2月21日 (木)

スパイウェア

青森県八甲田山系の酸ケ湯では、21日午前11時現在の積雪が512センチになり、1979年の観測開始以来最高になった。来週の火曜日くらいまで厳寒が続きそうだ。昨日、ウィルスセキュリティソフトから「スパイウェアを検出しました」と表示が出た。えらいこっちゃ!最近かわったことといえば「Java何とか」言うのが毎日アップデートせよとうるさいのでクリックしたくらいで、原因は定かでない。Javawebやビジネスアプリケーションにはなくてはならないプログラムの基礎だから削除するわけにも行かない。とりあえずパソコン全体の再検査をし、怪しいものを隔離し削除した。その後正常に動いているようだ。ただこんなくだらないことに1時間も費やしたのがもったいない。人生は1回限り。人を困らせて快感を覚えて過ごすより、もっと建設的なことをして生きられないものなのか、ある意味気の毒な人たちだ。それ以上に国家レベルでサイバー攻撃する許しがたい国がある。こんな国に未来はない。

2013年2月20日 (水)

主役

毎週月曜日の「ハンチョウ」を毎週見ているが、準主役の二人小澤征悦と比嘉愛未が出ていないのが不満だ。全員そろって安積班なのだ。メンバーがいるから「ハンチョウ」なのだ。これでは詐欺だ、いかさまだ。助さん格さんのいない水戸黄門?卵で巻いていないオムライス?揚げの入っていないきつねうどん?みたいなものだ。責任者出て来い!と言いたい。不満ではないが、ついこの前「アンカー」で書き込みをした山本浩之さんがフリーに転進するそうだ。先々週インフルエンザで1週間休んでいたとき何か怪しいと思っていたが、なるほどと納得。看板キャスターが抜けるのは寂しいが、人の人生だから今後の活躍を期待しよう。

2013年2月19日 (火)

1円玉

今日も雪が降り午後の外気温は3度程度であった。気候も寒いが財布も小銭ばかりで寒い。造幣局では1円玉や5円玉や50円玉が3年連続製造が見送られているそうだ。電子マネーやICカードの普及で小銭を持つ必要がなくなってきたのが原因らしい。私はクレジットカードは持たず、おさいふ携帯などちょっと恐ろしくて使っていない昔人間だ。ネットでショッピングするときもコンビニ払いか代引きでしか買わない。そんな状況だから、財布には小銭がジャラジャラしている。小銭がたまったら、スーパーに行く時は財布以外に左のポケットに99円入った小銭入れを持って行く。スーパーのレジで時間がかかるのは大抵高齢者が財布から1円2円と小銭を出しているときである。いずれ自分もこうなるのかと思いつつ、基本的に高齢者が並んでいるレジの列には出来るだけ並ばないことにしている。

2013年2月18日 (月)

アンカー

最近テレビやラジオでアンカーと言う言葉をよく聞く。錨をおろすとか船が停泊するとかアンカーボルトなど固定すると言う意味で使われる。またリレーの最終走者もアンカーと呼ぶ。そしてニュース番組の総合司会と言う意味もある。私は朝の出勤時刻は6時前と早いが帰ってくる時刻も5時半前後で早い。帰ると関西テレビのスーパーニュースアンカーを見る。アンパンマンのような顔をしたアンカーマンの山本浩之のズバズバ話すのが痛快だ。昔「アンカーウーマン」と言う映画を何度か観た。ロバートレッドフォードとミシェルファイファーが出演した感動的な映画で、セリーヌディオンが歌う主題歌のBecause You Loved Me」が絶妙のタイミングで流れ、涙なしには見られないいい作品だった。昨日も今日も寒い。安価な電器アンカを入れて寝よう。

2013年2月17日 (日)

花粉対策

昨日は早朝に降った雪が終日融けない寒い一日だった。とは言えもうすぐ花粉の季節。テレビやネットでは花粉症対策商品が氾濫している。薬・マスク・ゴーグルメガネ・空気清浄器など色々あるが、室内では加湿器が有効だそうだ。パソコンのUSBから電源をとる加湿器もあるとか。またちょっとカルチャーショックだったのが衣類である。ウールや綿製品は花粉が付着するが、ナイロン製品は簡単に払い落とせると思っていたが逆に静電気の影響で付着したものが落ちずに室内に持ちもむ可能性があるとか言っていた。とは言え今年も基本は薬の服用や注射などはせず、マスクと目薬で防衛する予定である。マスクも鼻のあたりをきっちりおさえ、顎まで正しく覆ったらかなり有効らしい。いやな季節をそれなりに快適に過ごしたい。

2013年2月16日 (土)

隕石

今朝から、昨日ロシア中部に落下した隕石のニュースばかりである。NASAアメリカ航空宇宙局は、どうやって計算したのか知らないがおよそ7000トンの小惑星が時速6万キロ以上という猛烈な速度で大気圏に突入して爆発し、その一部が落下したと言う。しかもこれほど大きな隕石の落下の瞬間が映像になったのは歴史上初めてかもしれない。まるでパニック映画でも見ているようだ。こんな非日常的出来事に遭遇すると、巷のもめごとや日常の些細な事などちっぽけに思えてくる。とは言え人間の幸せは些細な事の積み重ねと心得ている。大災害が起こっても、隕石が飛んできても、人生コツコツマイペースで進むべしと心得る。

2013年2月15日 (金)

べた雪

今日は昼間ボタ雪と言うかベタ雪と言うかそんな雪が降った。さらに、のどがイガイガする。のど飴を買ったが、単純に花粉の季節が始まったのか、それとも恐ろしい中国からの飛来物なのか?いま空気清浄器とともにPM25対策の高級なマスクが売れていると言う。1枚30円~50円程度するのでけっこう高いが、健康のためにこれくらいの投資は必要なのかもしれない。グァムで無差別殺傷事件があり、ロシアウラル地方で隕石の影響で大勢の人が負傷、毒蜘蛛に刺されたり、ダニが媒介するウイルス感染症で死者が出たり、近頃は安全な場所がない。明日は極寒。寒い寒い。

2013年2月14日 (木)

チョコ

グローバル経済を語るとき良く出てくるのがカカオである。チョコレートの原料であるカカオは世界の75%をアフリカで生産しているが、アフリカで消費されているのはわずか2%だと言う。欧米・日本そして中国などが大量消費する。とくにガーナでは低賃金の子供の労働力を利用して生産し、それを不当に安い値段でメーカーが仕入れ、製品として売る。ガーナの子供たちはチョコレートなど口にしたこともないそうだ。1月以降テレビで「ゴディバ」のチョコレートの宣伝が夥しいほど出ている。こんなに高いチョコをだれが買うのか知らないが、これらもガーナの子供たちが生きるために必死に働いた結果の産物だ。今日はバレンタインデー。だれが考えたのか知らないが、チョコレートが飛び交う日だ。子供の頃から私はチョコレートが大好物なのである。私も恥ずかしながらチョコットいただいたが、ガーナの子供たちのことを思い浮かべながら、アフリカの貧困問題を考えてみよう。なんちゃって。

2013年2月13日 (水)

開戦前夜

極東アジアの困った問題。中国の大気汚染が深刻で、日本にも少なからず影響が出て来た。日本の40年前の光化学スモッグなどの公害問題の再現である。発展途上の中国が環境改善に目覚めるまではまだ時間がかかりそうだが、そんな悠長なことも言っておられない。空気清浄機の売り上げが好調だが、根本的な改善にはならない。それ以上に困った問題は北朝鮮だ。北朝鮮の核実験の強行と言う世界平和を脅かす愚行には困ったものだ。中東のような宗教対立であれば内容はともかく双方に言い分はあろうが、ただ単にキム一族の繁栄と私利私欲のための愚行であり、許しがたい。中国とベトナムが戦争を始めるかもしれないし、中東でもホルムズ海峡をめぐって開戦前夜の様相である。北朝鮮の暴発のリスクも考えておかなければならない。なにやら危ない状況が迫ってきている。

2013年2月12日 (火)

千代子もち

先日「千代子もち」と言う和菓子をいただいた。島倉千代子とは関係なさそうだ。生チョコを餅で包んで、外回りにココアパウダーをふりかけたシンプルな冷菓だが、和洋折衷で、絶品であった。「チョコ」だから「千代子」なのだろう。2個も3個も食べるとちょっと重いが1個で十分味わえる濃い和菓子だ。滋賀県長浜市にある丸喜屋という老舗っぽいお店の品である。私はお店のまわしものではないし、宣伝を頼まれたわけではないが、チョコレート好きにはたまらない。メジャーな和菓子屋では味わえない一品だ。

2013年2月11日 (月)

遠隔操作

パソコンの遠隔操作で4名が誤認逮捕された事件の容疑者が威力業務妨害容疑で逮捕された。防犯カメラの写真と言うアナログな方法で逮捕されたのも皮肉な話だ。猫に異常な執着をもつ片山容疑者の人格についてどうのこうの言ってもしょうがない。インターネット関連のこのような犯罪に対して警察の対応が遅れている状況こそ問題だ。今回の犯罪で学習したこと・・・パソコンがあれば世間を騒がす犯罪が簡単に出来ると言う事。IPアドレスで個人情報が特定されると言う事。猫カフェと言うものが世の中にあると言う事。スマホで撮影した写真から位置情報が特定できると言う事。国民は町中で防犯カメラで監視されていると言う事。そして現代社会で個人情報を秘密にすることは不可能であると言う事。

2013年2月10日 (日)

感動

久々にバイオリンの合奏練習に参加した。若いメンバーも増えて、高齢のオヤジの居場所がだんだんなくなってきた。合奏が始まると老若男女関係なく、音が少しずつ合ってくるとソロでは味わえないスカッと気分爽快になる。演奏会まであと2か月余り、これから練習もヒートアップするのだろうか?当日観客に感動を与えることはまず無理だろうが、せめてブーイングで客席からみかんの皮が飛んでくるようなことがない程度に頑張るしかない。感動と言えばフィギュアスケートの4大陸選手権最終日の女子フリー、浅田真央の演技は感動的だった。浅田真央が氷上に立つだけで客席の空気を変えてしまう、凄い存在感だ。

2013年2月 9日 (土)

OJシンプソン

テレビで映画「タワーリングインフェルノ」を観た。一体何回目か知らないがおそらく10回以上は観ているが何度観ても面白い。パニック映画のはしりと言うか元祖みたいな作品で、出演者が超豪華だ。ポール・ニューマン、スティーヴ・マックィーン、ウィリアム・ホールデン、フェイ・ダナウェイ、フレッド・アステア、リチャード・チェンバレン、ジェニファー・ジョーンズ、O・J・シンプソン、ロバート・ヴォーン、ロバート・ワグナーなど映画ファンなら見逃せない豪華キャストだ。注目はO・J・シンプソンである。1994年元妻のニコール・ブラウンとその友人のロナルド・ゴールドマンを殺した容疑で逮捕された。刑事裁判では15名の弁護団に腕利きの大物弁護士をそろえ総費用は約9億円もかけて無罪を勝ち取ったが、民事裁判ではシンプソンによるゴールドマンへの殺人が認められた。今も刑務所の中。フットボールの花形選手から映画俳優、そして天国から地獄・・・波乱万丈の人生だ。高層ビルの火災は恐ろしい。火の用心!

2013年2月 8日 (金)

ローソン

景気が上向きの兆しの中、ローソンは20代後半から40代の社員の年収を平均で3%引き上げると発表した。うらやましい会社だ。こんな会社に就職した新入社員は幸せだ。会社の負担増額4億円を内部留保で充当出来る優良企業だ。政府が原資がないのに、借金を増やしてバラマキ政策をするのと大違いだ。政府はローソンを見習うべきだ。新入社員と言えば阪神の藤浪君。藤浪君はいくら期待の星であるとしても、入浴中に数十台のカメラが入って撮影するマスコミ各社は常軌を逸している。節操と言うものがないのかと怒りを越えて呆れる。もし藤波君が女子選手だったらほとんど犯罪だ。スポーツ記者は選手のスポーツに取り組む姿を報道すればいいのだ。

2013年2月 7日 (木)

剛力

最近テレビを見ていると剛力彩芽と橋下市長がテレビに出ない日はない。特にCM業界は、イマイチさえない?剛力彩芽をなんで起用するのか謎だ。連続ドラマ、auのCMはじめ、山崎パン、ヤクルト、カルビーなど、鬱陶しい?ほど数多く起用されている。また去年「日本映画批評家大賞新人賞」「ベストスマイル・オブザイヤー」「ベストレザーニスト2012」「ベストキャラクター賞」「メガネベストドレッサー賞特別賞」「VOGUE Women of the Year 2012」などいくつもの“賞”を受賞している。所属会社の営業力なのか、本人の実力以上評価されているのがちょっと不思議だ。他にもいっぱいタレントがいるのに・・・。

2013年2月 6日 (水)

喫緊の課題

政府から恫喝されて気の弱そうな日銀の白川総裁が辞意を表明したら一時1ドル94円台になり、日経平均株価はリーマン・ショック以降の最高値を上回り、終値が前日比416円83銭高の1万1463円75銭となった。円は安く、株は高く!でもそれがどうした?わが暮らし未だ楽にならず。喜ぶのは大企業の経営幹部と、大株主ばかり。政府は景気対策のみ。中国と一触即発の中、参議院選挙まで何を言っても無駄なようだ。東京都が尖閣諸島を購入するために集めた寄付金14億円あまりが塩漬けのままになっている。国が漁船の避難港整備などをすれば譲渡すると言っていたがそれもなさそうである。寄付した人は返せと言っているが、いったん払ったものはお賽銭と一緒で返すのも変だ。いっそ中国から飛来した微粒子状汚染物質「PM2・5」を中国に吹き返す大型扇風機を開発するか、領海侵犯し続ける中国船を蹴散らす爆薬でも買えばよい。政府は、いまは経済のことしか頭にない。これでいいのかニッポン?と言いつつ、今私にとって喫緊の課題がある。2月11日祭日のお昼頃「グラミー賞」の主要部門の発表がある。我が家は最近ビンボーなのでWOWOW月額2415円が払えないので、残念ながら見ることが出来ない。当日夜、編集後再放送をどなたかDVDに録画して下さいませ。「Fun」と「Frank Ocean」と「The Black Keys」と「Mumford & Sons」「Gotye」「Kelly Clarkson」らが注目だ。

2013年2月 5日 (火)

レッスン

毎週火曜日はバイオリンのレッスン日。時間帯が午後7時からに変更になったので、イロイロ都合は良くなったが、仕事から帰って慌ただしくぶっつけ本番と言う状態だ。私の前後に習いに来る生徒はいずれも保護者同伴の子供さんであり、彼らは私の事を変なオッサンでも見るように眺めている。それも当然だ。自分たちの爺さんみたいな人間が同じようにバイオリンを習いに来るのがきっと不思議なのだろう。それにもめげず今日もモーツアルトのアダージオ卒業をめざして寒い中頑張っている。明日は雪かみぞれが降るそうだ。

2013年2月 4日 (月)

GS

昔GSと言えばグループサウンズの略であった。今日はガソリンスタンドの話。2011年2月に施行された改正消防法で、ガソリンスタンドの地下タンクの設置年数に応じ、500万円ほどする油漏れ防止装置を1月末までに設置することが義務づけられ、エコカーの普及で給油が減っていることとのダブルパンチ閉店する店舗が2000店舗ほどあるそうだ。競争の激しい都会ならともかく、車がないと生活できない地方都市でガソリンスタンドが閉鎖すると言うことの意味はそこに住む人たちの生活も脅かす事になる。車ばかりではない。自転車で灯油を買いに行く人はどうするのだろう?地方の状況を考えない、この法律改正は、いわば民主党政権下の負の遺産である。ガソリンスタンドがなくなるということは、郵便局など金融機関がなくなるのと同じくらい大変な事態だと思う。

2013年2月 3日 (日)

節分

朝からショッピング。イオンモールの食品売り場は朝7時から開店している。衣料日用品は9時から、映画館も9時から、専門店は10時から開店する。上手く回れば車の駐車も楽々で、駐車場を出るのも混雑せず問題なく出られる。衣料品を買って、次はBOOKOFF。今朝の「ガッチリマンデー」でシステムの紹介があって興味深く早速行ってみた。本の売り買いだけでなくCD、ゲーム、フィギュア、衣料、スポーツ用品まで何でも売り買いできる。ただ衣料品は決して安いとは思えないし、やはり古着なので買う気はしない。次はフォレオ。ここは地下駐車場が意外と空いていて雨の日も便利だ。ここの「大戸屋」の和食は庶民的な家庭料理で、定食の味も良く、値段も気に入っている。帰路食品スーパーに立ち寄った。今日は豆と巻寿司が所狭しと並んでいた。それらを無視して特売品を買って帰宅。そうだ!今日は節分なのだ。

2013年2月 2日 (土)

家具

1964年に旅館経営をしていた丸玉観光が開設した大津の「ホテル紅葉」、1966年に総合レジャー施設「紅葉パラダイス」を開設し、大人気となった。その大津市の老舗ホテル「びわ湖温泉紅葉」が閉館した。ホテルは「お世話になった大津市に恩返ししたい」と、家具や室内用品の売却益を市社会福祉協議会に寄付すると言う。立つ鳥跡を濁さず・・・ええ話である。家具と言えば今日我が家に新しい食卓が届いた。50cmほど長くなったので食卓がぐんと広くなった。これでおかずが1品増えたらうれしいが・・・。

2013年2月 1日 (金)

プロ野球順位予想

今日から2月。プロ野球もキャンプインする。そこで今年の順位予想。セリーグは①巨人②広島③ヤクルト④阪神⑤DeNA⑥中日・・・巨人は戦力的に文句なし。広島は20代の若手が育ちバランスがとれている。ヤクルトは岩村以外補強もないが先発投手が充実。阪神は福留西岡が鳥谷新井らと和を保てるか不安。DeNAは打線が強化されたが投手力はコマ不足。中日は打線が弱く、主力が高齢化している。パリーグは①ソフトバンク②オリックス③楽天④西武⑤日本ハム⑥ロッテ・・・ソフトバンクは馬原が抜けたが五十嵐が抑えとして機能するかがポイント。②オリックスは糸井の獲得が大きいし人望厚い森脇監督の手腕が期待できそう。楽天はジョーンズとマギーの獲得で打線に厚みが出来た。西武は中島の穴が大きい。日本ハムは田中がアメリカに行き、糸井が抜けてチームの核がなくなった感じだ。⑥ロッテは伊東新監督の手腕は期待できそうだが投手力が不安。今年も私は「ヤクルト命!」である。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »