« 気球 | トップページ | マイナンバー »

2013年2月28日 (木)

ヨイトマケ

美輪明宏と言えば変なおばさん?おっさん?だが昔は丸山明宏と言う個性的で男前のシャンソン歌手だった。ただちょっと異質だったのが「 ヨイトマケの唄」であった。親子の情、働くことの美しさ、まじめに生きると言うこと、いじめ問題などいま日本が抱えている道徳的な問題を包含した素晴らしい名曲である。「土方」と言う言葉が職業差別だと言う理由だけで40年以上ずっと日陰に追いやられた歌が昨年あたりから再評価され見直されているのが面白い。道徳教育を徹底的に批判し、日本人の倫理観をズタズタに引き裂いてしまった日教組。今こそヨイトマケの唄を聞きながら、昔の日本人の素晴らしい道徳観倫理観を見直したいものだ。

« 気球 | トップページ | マイナンバー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 気球 | トップページ | マイナンバー »