« 節分 | トップページ | レッスン »

2013年2月 4日 (月)

GS

昔GSと言えばグループサウンズの略であった。今日はガソリンスタンドの話。2011年2月に施行された改正消防法で、ガソリンスタンドの地下タンクの設置年数に応じ、500万円ほどする油漏れ防止装置を1月末までに設置することが義務づけられ、エコカーの普及で給油が減っていることとのダブルパンチ閉店する店舗が2000店舗ほどあるそうだ。競争の激しい都会ならともかく、車がないと生活できない地方都市でガソリンスタンドが閉鎖すると言うことの意味はそこに住む人たちの生活も脅かす事になる。車ばかりではない。自転車で灯油を買いに行く人はどうするのだろう?地方の状況を考えない、この法律改正は、いわば民主党政権下の負の遺産である。ガソリンスタンドがなくなるということは、郵便局など金融機関がなくなるのと同じくらい大変な事態だと思う。

« 節分 | トップページ | レッスン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 節分 | トップページ | レッスン »