« プエルトリコ | トップページ | 東西会 »

2013年3月19日 (火)

花見

福島第一原発で停電が発生し、冷却が停止していると言う。事故から2年も経過し、完全に安定しているのかと思っていたが、まだまだ不安定な状況であるのを知ると恐ろしい。そろそろ桜の季節、3月16日には東京や九州では桜が開花。ちょっと早すぎはしないか。桜は4月上旬開花するものだ。桜咲く校門の前で、入学式の記念撮影をするのが日本の原風景だ。高度成長時代、企業で花見をする際、場所取りは新入社員の仕事だった。私も入社直後の新人の頃、時の総務課長とお城付近の花見会場にビニールシートを敷きに行った記憶がある。昨今は車に乗ると言う理由で酒を飲まないのが当たり前のようだが、昔は花見で酒を飲まない人間は堅物、変人扱いされたものだ。酔って隣の別のグループと喧嘩したり、逆に仲良しになって、ビールとつまみを交換したり、のどかな時代だった。今は花粉と黄砂とPM2.5で、花見もままならない。いやな時代だ。

« プエルトリコ | トップページ | 東西会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プエルトリコ | トップページ | 東西会 »