« 花見 | トップページ | フライヤー »

2013年3月20日 (水)

東西会

大相撲大阪場所を見ていると土俵周りの東西の客席に茶色の半纏を着用した団体が必ず座っている。何の団体か疑問に思っていたが、実は「東西会」と言う相撲を愛する親睦団体だそうだ。一般観覧者の模範となる態度をもって終始すると言う、いわば模範的なお客さんなのだ。カメラ、携帯電話等の持込不可で飲食、喫煙、雑談等も慎まなければならないそうで、最後は弓取り式が終わるまで帰ってはいけないと言う規定があるそうだ。国技を守ると言う高い理想をもった団体なのだ。ファンは熱心だが、日本人力士は情けない。昨年5月、モンゴルから日本人に帰化した旭天鵬が優勝したが、実質的には2006年1月栃東が優勝してそれから7年あまり日本人の優勝がない。日本人力士の優勝はもはや期待できないのだろうか?

« 花見 | トップページ | フライヤー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 花見 | トップページ | フライヤー »