« 枇杷の木 | トップページ | 花見 »

2013年3月18日 (月)

プエルトリコ

WBC侍ジャパンがプエルトリコに負けて敗退した。まあこんなもんでしょう。プエルトリコといえば1960年代の古い映画「ウエストサイド物語」を思い出す。イタリア系アメリカ人のジェット団とプエルトリコ系アメリカ人のシャーク団と言う非行グループの抗争に巻き込まれたトニーとマリアと言う若い二人に悲劇が訪れる悲しいミュージカルだが、音楽的にも映像的にも映画史に残る素晴らしい作品である。映画の中で歌われる「アメリカ」と言う歌の中でプエルトリコの国について良いとこ悪いとこが交互に歌われるイントロがある。「素敵な島、南風を受けてパイナップルが実り、コーヒーの花が開く島」「さえない島、疫病が流行り、ハリケーンが吹きすさび、人口ばかり増え続け、貧乏で子どもはわめき、弾が飛び交う島」・・・現在はメジャーリーガーを沢山輩出しているようだ。メジャーリーグはドミニカ、ベネズエラ、パナマ、プエルトリコ、メキシコ、そして日本などが支えている。ちょうど大相撲がモンゴル、ブラジル、ロシア、グルジア、チェコ、ブルガリア、エストニアなどの出身力士がささえているように。世界はますますグローバル化。保護貿易主義はいかんのか?結局TPPなのか?

« 枇杷の木 | トップページ | 花見 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 枇杷の木 | トップページ | 花見 »