« 橋下市長 | トップページ | 遮光ネット »

2013年5月19日 (日)

犬のリード

私は犬猫が嫌いだ。近所に朝夕犬を首輪やリードなしで散歩させている人がいる。飼い主のコメントによると「うちの○○ちゃんは優しいから人に危害を加えることは絶対ない」と分別のある大人がシャーシャーと言う。それは飼い主の独善かつ自己中コメントである。必ず周りには不愉快に思う人、恐怖を感じる子供などがいるはずである。なのになんで飼い主はそんなノーテンキでいられるのか呆れる。糞の始末をしない人は論外だが、どんな小犬でもリードなしはやっぱり迷惑だ。ひどいのは小犬をぬいぐるみのように服を着せて抱きかかえて、食品スーパーで買い物をする人がいる。どうして店側はこんな客を許すのか、不衛生ではないのか?ペットを飼うのは悪いことではない。しかし周りにはそれを不快に思う人の方が多い事を知るべきだ。さらに言えば爬虫類、両生類など飼うことを放棄して海山河川に放つ人がいる。環境、動物の生態系破壊、そして危険な行為であり、こんな人間は動物を飼う資格すらない犯罪者だ。私は犬猫、タバコ、中国、北朝鮮、天下り役人、巨人軍は嫌いなのだ。

« 橋下市長 | トップページ | 遮光ネット »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 橋下市長 | トップページ | 遮光ネット »