« 諸刃の剣 | トップページ | アルゼンチン蟻 »

2013年6月 6日 (木)

3本目

アベノミクスに翳りが出て、株価が13000円を割った。3本目の矢もインターネットによる一般医薬品販売の解禁程度の話でインパクトなく、刀折れ、矢尽きた感じだ。「規制改革こそ成長戦略の1丁目1番地」と言う言葉は、昔、竹中平蔵が言っていた。製造業に派遣労働を取り入れ、労働者を低賃金で働かせ、未来ある若者たちを地獄に突き落とした張本人竹中平蔵はまだ政治の中枢で生きているのか。市中引き回しの上磔獄門になってもおかしくない人物なのに。規制改革と言うが、いろんな倫理的問題やリスクがあるから規制しているのに、景気回復のためにはそれを「なんでもありにする」のだ。目先の利益のために良き文化や大切なものを失ってしまわないのだろうか?

« 諸刃の剣 | トップページ | アルゼンチン蟻 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 諸刃の剣 | トップページ | アルゼンチン蟻 »