« お客様は神様 | トップページ | 太平洋横断 »

2013年6月21日 (金)

ライン

昨年末スマホを買って以来、コミュニケーションは「メール」と「ライン」を併用している。と言ってもラインはごく親しい相手しか使えないし、オヤジとオヤジがラインでかわいいスタンプの交換をすると言うのはちょっと気持ちが悪い。若者の間ではラインが定着している。メールとラインの大きな違いは二つあると思う。一つはメールは主に言葉で会話するが、ラインはスタンプで意思表示できる。単純な会話ならラインの方が絶対便利だ。ただ、仕事上ではちょっとラインを使うのに抵抗がある。二つ目は、メールは相手が見たか見てないか判断できないが、ラインは送ったスタンプや言葉を相手が読んだら「既読」と言う表示が瞬時に出てくるので伝わったかどうかは確実にわかる。その代りその「既読」と言う言葉がプレッシャーになり、読んだ以上は何か返事しなければならないし、ラインの交換が延々と続く。今若者の間でラインに費やす時間が膨大で、ストレスになっているとも聞く。世の中が便利になり、楽しくなり、反面ストレスになる。

« お客様は神様 | トップページ | 太平洋横断 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お客様は神様 | トップページ | 太平洋横断 »